ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(修業年限4年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学科 4年 学士(看護)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【教育課程編成の方針】
                  1. 本教育課程は、4年間を通して、本学科の基本理念に基づき体系化しています。基礎から専門へ、経年的に知識・技術が積み重ねられるように基礎教育科目、専門基礎科目、専門科目を設定しています。
                  2.基礎教育科目は大学人としての教養と専門教育の基礎的知識と基本的な学習能力を獲得するために、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、導入科目、課題発見科目と学士力発展科目が設定されています。学生の主体性が発揮できるように、また、看護学を学ぶために必要な幅広い知識と教養と、豊かな人間性と情操の育成のために多くの科目を設定しています。
                  3. 専門基礎科目は、人間理解、健康と疾病理解、保健社会の仕組の理解を主軸に構成しています。そして、最新の医療トピックにも関心が持てるように授業内容を工夫しています。
                  4. 専門科目は、基礎教育科目、専門基礎科目を基盤としたうえで、基礎看護学分野、成人・老年看護学分野、小児・母性看護学分野、地域・精神看護学分野を設定しています。また、実践能力や課題解決能力を高め、国際的視野を育む統合分野を、主体的に専門性を深める発展分野を設けています。
                  5. 看護学は対象の健康ニーズへの援助を行う実践の科学です。したがって、看護を理解し実践能力を培うためには、学内における基礎的な学習を基盤にした段階的実習で、適切な指導のもとで看護を実践し評価していくことが必要です。そのために1、2年次に基礎看護学実習を、3年次に専門領域看護学実習を、さらに4年次に既存の学びを統合し、主体的に看護が実践できる総合実習を設けています。
                  6. 公衆衛生・産業・学校等における看護への学びを深められるよう、公衆衛生看護学分野を選択科目として設けています。
                  7.養護教諭二種免許(保健師免許取得後)を申請できるように、基礎教育科目に教育免許法施行規則に定められた科目を設定しています。
                  【実施の方針】
                  8.各授業科目について、シラバスで到達目標、授業計画、成績評価基準・方法を明確にし、共有・周知します。
                  9.主体的に考え問題解決する力を育成するために、アクティブラーニングを取り入れています。また、ポートフォリオによる学習成果に基づいた指導を行います。
                  10.学内の講義・演習の学びを臨地実習で統合実践し、看護の対象者に学びつつ成長できる支援体制を整備し教育・指導します。
                  11.成績評価基準に基づき、厳格な評価を行います。
                  12.年度毎に、カリキュラムと教育方法の点検及び改善を行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育課程編成の基本的考え方および特色
                  (1 ) カリキュラムの基本的な考え方
                  教育課程は、以下の考え方に基づいて編成しています。(教育課程表は別表のとおり)
                  1 )本教育課程は、4年聞を通して、本学が目的とする「情操豊かな人間性と生命尊厳への畏敬の心をもった看護専門職」を育成するように体系化し、看護活動を構成する基本概念(人間、環境、健康、看護)とそのサブ概念から必要な科目を設定しています。カリキュラムは基礎から専門へ、経年的に知識・技術が積み重ねられるように構成しています。
                  2)基礎教育科目は大学人としての教養と専門教育の基礎的知識と基本的な学習能力を獲得するために、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、導入科目、課題発見科目と学士力発展科目が設定されています。学生の主体性が発揮できるように、また、看護学を学ぶために必要な幅広い知識と教養と、豊かな人間性と情操の育成のために多くの科目を設定しています。
                  3)専門基礎科目は、人間理解、健康と疾病理解、保健社会の仕組の理解を主軸に構成しています。そして、最新の医療トピックにも関心が持てるように授業内容を工夫しています。
                  4)専門科目は、基礎教育科目、専門基礎科目を基盤としたうえで、基礎看護学分野、成人・老年看護学分野、小児・母性看護学分野、地域・精神看護学分野を設定しています。また、実践能力や課題解決能力を高め、国際的視野を育む統合分野を、主体的に専門性を深める発展分野を設けています。
                  5) 看護学は対象の健康ニーズへの援助を行う実践の科学です。従って、看護を理解し実践能力を培うためには、学内における基礎的な学習を基盤にした段階的実習で、適切な指導のもとで看護を実践し評価していくことが必要です。そのために、1,2年次に基礎看護学実習、3年,4年次に専門領域看護学実習、さらに、既存の学びを統合し、主体的に看護が実践できる総合実習を設けています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  宮崎大学医学部では、以下の素養を身に付けるとともに、所定の期間在籍し、基準となる単位を修得した学生に、卒業を認定し、学位(学士号)を授与します。  
                  1.社会に貢献できる医療人として、豊かな人間性を持ち、謙虚な心で、人命尊重、的確な判断力、実行力を備え、義務と権利を適正に行使できる。
                  2.自ら学修計画を立て、主体的に学び、自己研鑚し、最新の医学および看護学の知識を生涯にわたって学修することができる。
                  3.教育によって身に付けた医学および看護学の知識や新たな知見を複眼的、論理的に分析するとともに、課題を認識し医療の進歩に貢献できる。
                  4.相手の伝えたいことを的確に理解し、自己を表現でき、他職種と連携してチーム医療を実践できる。
                  5.医学および看護学を学ぶ機会が得られたことへの感謝の心とプロフェッショナルとしての自覚を持ち、教育で得た知識、技能によって地域医療に貢献できるとともに、グローバルにも活躍できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  【編入学 費用負担内訳】
                  検定料30,000円、入学料282,000円

                  専攻分野

                  専攻分野
                  看護

                  その他専攻分野