ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学科 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。
                  1. 本教育課程は、6年間を通して、本学科が教育目標とする「進歩した医学を修得せしめ、人命尊重を第一義とし、医の倫理に徹した人格高潔で、社会の多様なニーズに対して広い視野をもって県内の地域医療に貢献でき、国際的視野に立った幅広い医学を実践できる資質の高い医師、並びに医学研究者」を育成するように体系化し設定しています。基礎から専門へ、経年的に知識・技術が積み重ねられるように基礎教育科目、専門科目を設定しています。
                  2. 基礎教育科目は、大学人、社会人としての教養と専門教育の基礎的知識と基本的な学習能力を獲得するために、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、導入科目、課題発見科目と学士力発展科目が設定されています。学生の主体性が発揮できるように、また、医学を学ぶために必要な幅広い知識と教養と、豊かな人間性と情操の育成のために多くの科目を設定しています。
                  3. 専門科目は、専門基礎科目、基礎医学科目、臨床医学科目に大別されます。専門基礎科目と基礎医学科目は、医学の基礎となる教育内容に重点をおいた授業科目で、1年次から3年次に開設されます。また、最新の医療トピックにも関心がもてるように、3年次に研究室配属を開設するなどの工夫をしています。さらに、国際的に活躍できる医師を育成するための授業科目として、EMP(English for Medical Professionals)を1年次より開設し、研究室配属では海外実習も行います。また、研究マインドを早期から育成するために、医学研究者育成コースを1年次から開設しています。
                  4. 臨床医学科目は、臨床医として望ましい態度・価値観と必要とされる知識・技術を身につけさせることを目的として、3年次から6年次に開設されます。また、医学生としての自覚を早期に促すことを目的として、1年次に早期大学病院実習を行い、2年次には学外の福祉施設や緩和施設で地域医療や高齢者医療などを体験します。4年次の臨床診断学(講義・実習)において、臨床医として必要である総合的な臨床推論能力と望ましい態度や価値観を早期に身に付けさせる教育を行った後、2年間の臨床実習教育が開設されます。また、臨床実習前には、本学科の進級試験の他に全国共通の「共用試験」が科せられ、臨床実習を行うために必要不可欠な知識・技能・態度が修得出来ているかについて、厳正・公正な評価を行っています。
                  5. 臨床実習教育は、少人数グループを重視し、臨床医として望ましい態度や価値観を早期に身につけさせることを目的とし、4年次後期からクリニカル・クラークシップⅠ(CCⅠ)、5年次後期からクリニカル・クラークシップⅡ(CCⅡ)を行います。CCⅠでは、本学附属病院の各診療科をローテーションで回る臨床実習を、CCⅡでは医学生がチーム医療の一員となって実習を行う診療参加型実習を学内外(国外も含め)で行っています。CCⅡでは、地域医療を含め豊富な症例に接する事により臨床経験の幅を広くし、国際的な広い視野を持てる様に、本学附属病院のほかに、宮崎県立宮崎病院、宮崎県立日南病院、宮崎県立延岡病院、へき地の基幹病院、在宅医療を担っている医療機関などの国内の関連教育病院や海外の大学と提携し、臨床実習教育を行っています。CCⅡの実習は、密度の濃い臨床実習が可能になるよう、1〜2名のより少人数グループ編成による教育体制となっています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育課程
                  基礎教育では、大学生、社会人として要求される基本的能力の養成と幅広い教養を酒養するための教育課程を編成しています。専門教育では、臨床医あるいは医学研究者を目指して入学してきた者の期待に応えるとともに、良医の養成という本学の教育目的を達成するための教育課程を編成しています。
                  (1 ) 教育課程の編成
                  医学科の教育課程は、「基礎教育科目」と「専門科目」から編成されています。このうち「基礎教育科目」は「導入科目」、「課題発見科目」、「学士力発展科目」の3つの科目群で構成されており、1年次から2年次にかけて履修することになります。
                  基礎教育科目の内容、履修方法については、基礎教育部が定めることとなっていますので、基礎教育部の履修要項を参照してください。
                  「専門科目」は、さらに「専門基礎科目」、「基礎医学科目」、「臨床医学科目」に大別されます。
                  「専門基礎科目」と「基礎医学科目」は、医学の基礎となる教育内容に重点をおいた授業科目を開設し、1年次から3年次にかけて履修することになります。
                  「臨床医学科目」は、臨床医として望ましい態度・価値観と必要とされる知識・技能を身につけさせることを目的として、3年次から6年次にかけて履修することになります。
                  また、医学生としての自覚を早期に促すことを目的として、1. 2年次には学内・学外の医療施設で体験実習を行います。
                  (2 ) 臨床実習教育
                  臨床実習教育は、少人数グループを重視しています。4年次において診断学実習を学び、臨床医として望ましい態度や価値観を早期に身に付けさせる教育を行っています。
                  また、4年次後半から5年次前半では、本学附属病院の各診療科等をローテーションで回るクリニカル・クラークシップI、5年次後半から6年次前半では、附属病院だけではなく県内外の医療施設や海外の協定校も実習施設に含まれるクリニカル・クラークシップⅡと呼ばれる臨床実習を行っています。従来の見学型実習から、クリニカル・クラークシップIの段階から診療参加型臨床実習へシフトしています。
                  (3 ) 関連教育病院等の臨床実習
                  本学では、数多くの症例を体験させ充実した臨床教育を行うため、本学附属病院のほかに、県立宮崎病院などの学外病院と連携協力し臨床実習教育を行っています。これは、地域医療を含め豊富な症例に接することにより臨床経験の幅を広くし、より少人数グループ編成による密度の濃い臨床実習が可能になるよう実施しているものです。
                  (4) 授業科目及び単位数
                  本学の授業科目は単位制を採用しています。その配分については、基礎教育科目教育課程表及び宮崎大学医学部教育課程表を参照してください。
                  (5 ) 学年制度
                  本学では学年制度を採っています。学年制度とは各学年で修得することが義務付けられている授業科目の単位を修得しなければ、原則として次の学年に進級出来ない制度です。具体的には別表「医学科生の進級・卒業認定基準」を参照してください。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  宮崎大学医学部では、以下の素養を身に付けるとともに、所定の期間在籍し、基準となる単位を修得した学生に、卒業を認定し、学位(学士号)を授与します。  
                  1.社会に貢献できる医療人として、豊かな人間性を持ち、謙虚な心で、人命尊重、的確な判断力、実行力を備え、義務と権利を適正に行使できる。
                  2.自ら学修計画を立て、主体的に学び、自己研鑚し、最新の医学および看護学の知識を生涯にわたって学修することができる。
                  3.教育によって身に付けた医学および看護学の知識や新たな知見を複眼的、論理的に分析するとともに、課題を認識し医療の進歩に貢献できる。
                  4.相手の伝えたいことを的確に理解し、自己を表現でき、他職種と連携してチーム医療を実践できる。
                  5.医学および看護学を学ぶ機会が得られたことへの感謝の心とプロフェッショナルとしての自覚を持ち、教育で得た知識、技能によって地域医療に貢献できるとともに、グローバルにも活躍できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  医学・医師養成課程

                  その他専攻分野