ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

社会情報学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
社会情報学科 4年 学士(社会情報学)
情報行動学科 4年 学士(社会情報学)
情報社会科学科 4年 学士(社会情報学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

(1) 大学での学修に必要な基礎的な学力や学修の方法・技術を修得させ,多角的な視点から問題を探究する姿勢を身につけさせる教育
(2) 専門教育を支える十分な社会情報学的な思考方法を醸成する教育
(3) 情報リテラシーやデータ収集・分析能力,外国語運用能力等を養成する教育
(4) 高度情報社会の特質を専門的・多角的に読み解く力や問題解決能力を養成する教育
(5) 自ら設定したテーマに沿って調査・研究活動を進め,それを論文や提案として結実させる能力を養成する教育

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 所定の年限在学し,かつ所定の単位を修得した者に学士の学位を授与する。
 上記のことを前提に,国立大学唯一の社会情報学部であることから,学士に求められる能力評価の一般的な基準を参考にしつつも,高度情報社会において有用な能力を獲得したかどうかを厳しく評価することとする。

<学修成果の目標>
 1.社会で情報が生産・流通・加工・蓄積・活用される一連のプロセス(社会情報過程)に関する知識を有し,課題を理解できること
 2.情報社会に生起する組織や地域社会の諸課題に関心を持ち,その解決に意欲を持つこと
 3. 科学的・批判的に思考・判断する能力を有し,自ら得た知見を分かりやすく説明・伝達する能力を備えていること
 4. 実践的な情報処理能力と課題に即したデータの収集・分析能力を有し,適切な考察を行うことができること
 5.外国語運用能力を有し,国内外で活躍できること

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学847,800円

転学部・編入学情報補足

(転学部)
欠員が生じている場合
(編入学)
検定料30000
入学料282000
授業料535800

専攻分野

専攻分野
法学・法律学
政治・政策学
経済学
経営学
社会学
社会福祉学

専攻分野に関する説明