ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  大学院教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教職リーダー専攻 2年 教職修士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.すべての教員にとって必要とされる諸領域をカバーする「共通科目」5領域(教育課程 の編成及び実施,教科等の実践的な指導方法,教育指導及び教育相談,学級経営及び学校 経営,学校教育と教員の在り方)
                  2.「共通科目」の中に本課程で独自に設置する「多文化共生教育」領域
                  3.入学したコースに応じ,より専門的に学ぶ「コース別科目」
                  4.学校現場の課題を研究し,自らの実践を通じて課題を解決し,報告書にまとめる「課題研究」
                  5.多様な校種の教育の実際を学び,教員としての力量を向上させるとともに,課題研究と密接に関連した実践とその検証・省察を行う「実習科目」

                   さらに,こうしたカリキュラムをより効果的にするため,ほぼすべての授業科目,2年間にわたる課題研究の指導,2年次に実施する実習の指導を,研究者教員と実務家教員とのティーム・ティーチングで実施します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  (1)共通科目
                  1.「教育課程の編成及び実施に関する領域」
                    教育課程の編成やカリキュラム開発についての理論と実践を学修します。
                  2.「教科等の実践的な指導方法に関する領域」
                    学力の根底にある認知機能についての理解を深め,学習支援の具体的な方法について学修します。
                    また,教育効果を的確に評価する方法についても理論と実践を学修します。
                  3.「生徒指導及び教育相談に関する領域」
                    児童・生徒の発達的特性と現代の子どもの特徴について,多面的かつ実践的に理解を深めます。
                    また,生徒指導や教育相談について,実践的に学修します。
                  4.「学級経営及び学校経営に関する領域」
                    学級経営や学校経営について,理解を深めるとともに実践的に学修します。
                  5.「学校教育と教員の在り方に関する領域」
                    教育環境と教員の在り方について理解を深め,教育行為の在り方について学修します。
                  6.「多文化共生教育に関する領域」
                    近年増加しつつある外国籍の児童生徒がいる小中学校での教育について,理解を深めるとともに実践的に学修します。

                  (2)コース別科目
                  1.「児童生徒支援コース」
                    学習や生活面での児童・生徒への直接的支援について,共通科目の授業をより深く学修するとともに,授業分析やロールプレイの技法,特別支援など様々な角度からより専門的かつ実践的に学修します。
                  2.「学校運営コース」
                    学校運営について,共通科目の授業をより深く学修するとともに,スクールリーダーシップや教師の職能発達,学校評価や教育行政など様々な角度からより専門的かつ実践的に学修します。

                  (3)学校における実習科目
                    本実習の大きなねらいは,現場の課題に応える高度な実践的課題解決能力の定着にあります。
                    全ての実習が,コース別科目の「課題研究」と連動して,理論と実践の融合を可能にします。
                    なお,現職教員の課題解決実習は,原則として勤務校において実施します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   本課程では, 確かな指導力と優れた実践力・応用力を備えた中堅教員,確かな指導力を備えた有力な新人教員を育てます。さらに現職教員・学部新卒者ともに,以下のような能力を身につけた者に教職修士号を授与します。

                  1.学校現場の置かれている状況や児童・生徒の現状などを的確に分析・把握し,課題を明らかにする能力を身につけた者。
                  2.明らかになった課題に対し,対応策を構築する能力を身につけた者。
                  3.構築した対応策を他者(同僚,保護者等)との協働の中で実践し,その実践を評価・再考察する能力を身につけた者。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  教育学(教員養成課程)

                  その他専攻分野