ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

大学院教育学研究科(専門職学位課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
教育実践高度化専攻 2年 教職修士(専門職)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 高度な専門性を基盤とする実践的指導力を育成し,職能成長に応じて教員が備えるべき資質・能力を獲得させるため,以下のようなカリキュラムで教育を行います。
1 すべての学生が共通に履修すべき「共通必修科目」5領域(教育課程の編成・実施に関する領域,
  教科等の実践的な指導方法に関する領域,生徒指導,教育相談に関する領域,学級経営,学校経営に
  関する領域,学校教育と教員の在り方に関する領域)
2 今日的な教育課題について本課程が独自に開設する「必修科目」
3 各コースにおいて,より高度な専門性に応じた学修を深める「コース別科目」
4 多様な学校現場の実際を学び,教員としての資質・能力を向上させるとともに,課題の解決に向け
  た実践とその検証・省察を行う「実習」
5 学校現場の課題を析出し,自らの教育実践により課題の解決を図った過程を省察して報告書にまと
  める「課題研究」

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 本課程では, 課題解決を通して,高度な専門性を基盤とする実践的指導力及び職能成長に応じて教員が備えるべき資質・能力を身に付けた者に,教職修士の学位を授与します。
1 教育現場の置かれている状況及び児童生徒の現状などを的確に分析・把握し,課題を明らかにする
   資質・能力を身に付けた者
2 明らかになった課題について,解決策を構築する資質・能力を身に付けた者
3 構築した解決策を他者(同僚,保護者等)との協働の中で実践し,その実践を評価・再考察する資
  質・能力を身に付けた者

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
教育学(教員養成課程)

専攻分野に関する説明