ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(応用自然科学専攻・博士後)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

【総合人間自然科学研究科として(全専攻共通)】
 学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、諸学術の進歩と人類福祉の向上に寄与すること、及び高度の専門性が求められる職業を担うために深い学識と卓越した能力を培い、文化の進展と社会の発展に貢献することを目的とします。

【応用自然科学専攻(博士後期)の目的】
 海洋高知の持つ自然環境の特性を生かして、海洋・資源・環境及び物質・情報・新素材の二本柱からなる高度な教育研究を実施し、正しい自然観と奥深い学識、未来に開かれた確かな視野と国際的感覚を備えた高度専門職業人等を養成することで、地域・国際社会に積極的に貢献することを目的とします。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

応用自然科学専攻では,下記のような学生を受け入れて,教育研究を行います。

≪知識・理解≫
 基礎理学、応用理学及び理工学分野の連携に積極的に取り組み、修得した知識を基盤とし地域・国内・海外へ発信しうる技術に活用・応用することの必要性・重要性を理解し、幅広い視点から研究成果を社会実装につなげるための専門知識を身に付ける準備ができている。
≪思考・判断/関心・意欲≫
 自身の専攻分野で得た課題に対し、問題の本質を把握・分析し、自身の専門分野の他の研究分野を取り入れながら創造的な判断を行うことができる。
 自身の専攻分野で得た知見と、他分野に係る知見を総合的に連携して得た成果を活用し、外部へ発信する好奇心を持って課題解決に取り組む意欲を有している。
≪技能・表現≫
 修得した自らの専門領域についての内容を的確に国内外の学会並びに国際学術誌で発表し、自身の言動に責任を持って議論にのぞむことができる。
≪態度≫
 明瞭な課題意識のもとに、研究能力を修得し、学術研究を進展させるだけでなく、研究開発型人材又は理工系高度専門職業人として、社会に対して負うべき責任を理解し健全な倫理観・自然観の下で研究開発を通じた社会実装につながる研究成果を創造する確固たる意志を持っている。

続きを読む… 折り畳む

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

【知識・理解】
 ・「ゼミナール」および「講義科目」を履修することにより、海洋と物質を中心とする自然科学の専門分野やその関連領域の最新の研究動向を把握する。

【思考・判断】
 ・「ゼミナール」での討論を通じて、明晰かつ批判的な思考力と判断力を養う。

【関心・意欲】
 ・「DCセミナー」の履修により、異分野を含む第一線研究者の講演を視聴し、文系理系両分野にわたる幅広い関心と知的好奇心を喚起する。(※DCセミナーとは、専門分野・関連科目・異分野の第一線研究者の講演を視聴し、幅広い知識を取り入れるため、博士課程共通の必修科目として開設された科目である)

【技能・表現】
 ・「特別研究」の履修を通して、学位論文のための研究と論文作成の技術を学ぶとともに、必修科目に指定した「特別講究」を履修することにより、英語によるプレゼンを経験し、国際学会における発表能力を身につける。

【態度】
 ・学問的な倫理観と、高度専門職業人としての社会的責任を養う。

続きを読む… 折り畳む

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識・理解】
 ・海洋と物質を中心とする自然科学の中の特定専門領域について深く理解するとともに、当該分野の国際的な研究動向や最先端の知識を身につけている。

【思考・判断】
 ・専門領域に関する理解と知識に基づいて問題の本質を把握するとともに、明晰かつ批判的に分析し、的確に判断することができる。

【関心・意欲】
 ・海洋と物質を中心とする自然科学分野の中の専門領域とその周辺分野に、幅広い学問的関心と研究意欲を持ち続けることができる。

【技能・表現】
 ・自身の研究成果を査読システムの整った学術誌に発表するとともに、その成果を広く社会に還元することができる。

【態度】
 ・高度専門職業人として、社会や自然、あるいは文化や組織に対して負うべき責任を理解して、行動することができる。

続きを読む… 折り畳む