ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   薬学は自然科学の一分野ですが、基礎科学とは少し異なり、生命や健康について化学的、生物学的さらに物理化学的に研究する総合的な応用科学です。本学部では、これらの研究により得られた知識や技術などの成果をもって人類の健康、福祉に貢献することを目的とします。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  千葉大学薬学部入学者受入れの方針

                  1 千葉大学薬学部の求める入学者
                   千葉大学薬学部では研究・学問を通じ人類の健康や福祉の促進に貢献する人材の育成を目指しています。
                   従って、薬学部は以下のような入学者を求めています。
                   1.探究心を持ち、既存の知識にとらわれず、論理的に思考できる人
                   2.薬学の専門知識をいかした医療従事者や薬学専門家を目指す人
                   3.将来大学院に進学し、生命科学や創薬科学の研究をより深く学びたい人

                   上記に加え、薬学部薬学科は以下のような入学者を求めています。
                   1.病院や調剤薬局、公衆衛生の領域で指導的薬剤師を目指す人
                   2.薬剤師の資格をいかし、薬学の教育・研究・行政,医薬品開発分野での活躍を目指す人

                   上記に加え、薬学部薬科学科は以下のような入学者を求めています。
                   1.企業、研究機関や大学でグローバルに活躍する薬学関連領域の研究者・専門家を目指す人
                   2.最先端の生命科学や創薬科学の研究者を目指す人

                  2 入学者選抜の基本方針
                   千葉大学薬学部では、薬学部の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、受験機会の複数化を保証し、一般入試の他に特別入試として、推薦入試、帰国子女入試及び私費外国人留学生入試を実施します。それぞれの選抜方式にふさわしい、学力検査、調査書、面接、総合テスト等により、志望者の能力や資質を総合的に評価し、選抜します。
                   1.一般入試
                   (1)前期日程
                    大学入試センター試験の成績(国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語)、個別学力検査(数学、理科、外国語(英語))の成績及び調査書の内容を総合して評価します。
                   (2)後期日程
                    大学入試センター試験の成績(国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語)、個別学力検査(理科)の成績及び調査書の内容を総合して評価します。

                   2.特別入試
                   (1)推薦入試
                    出身学校長からの提出書類、総合テスト、面接及び大学入試センター試験〔国語、地理歴史・公民、数学、理科、外国語〕により、将来生命科学を基礎とする薬学領域の研究に貢献することが期待できる人物を選抜します。
                   (2)帰国子女入試
                    海外で学んだ異文化体験を活かしながら本学部で学びたい学生に対して、推薦書、志望理由書、成績証明書、総合テスト、面接等により、総合的に評価します。
                   (3)私費外国人留学生入試
                    日本学生支援機構が実施する日本留学試験、Educational Testing Service(ETS)が実施するTOEFL 又はTOEIC、学力試験及び面接により、総合的に評価します。

                  3 入学までに身に付けて欲しいこと
                   薬学を学ぶ基礎学力として必要な理系科目(数学、理科)と外国語に加え、一般及び推薦入試において大学入試センター試験で課す他の教科・科目(国語と地理歴史・公民)も学んでください。理科は化学に加え、物理と生物の両科目の履修を希望します。そして、薬学の根底に流れるのは豊かな人間性ですので、それを培う教養もしっかりと身に付けてください。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・設定した目標の達成に向けて、継続的に自己を評価・検証しつつ主体的な学修を可能とする教育課程を編成し、提供する。
                  ・専門職業人として、特に薬学出身者に求められる医療倫理、研究倫理に関する教育を行うとともに、教育課程全般の修学にわたり、社会の規範やルールを尊重する姿勢も涵養する。
                  ・多岐にわたる薬学専門分野の中から、自らの適性に合う分野に関連した研究室を卒業研究の場として選択する機会を学生に与える。
                  ・学生の自由な発想と探究心を刺激する魅力あるテーマが卒業研究テーマとして提供され、各人が主体的に研究を進める体制を整える。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・幅広い視野の醸成、批判的精神の涵養、豊かな教養に裏打ちされた全人的な人間性の陶冶を目的とする普遍教育を提供するとともに、薬学導入教育を充実し、それらを基盤として学生が薬学専門領域を修得する意義を理解できる教育機会を提供する。
                  ・諸課題が地球規模となる時代に対応した教育環境を提供するとともに、地域を支える人材育成に取り組む。
                  ・英語による討論や発表の実践を通して、多様な価値観を理解できるグローバルな人材を育成する。

                  「普遍的な教養」を涵養するために
                  ・国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境を深く理解し、人類や社会が直面する課題に取り組む普遍教育科目を体系的に提供する。
                  ・医療の現況や問題点、医療人に対する社会的要請を総合的に理解するための基礎薬学、臨床薬学に関する教育科目を提供する。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・生命や健康について化学的、生物学的さらに物理化学的に研究する総合的な応用科学である薬学およびその関連知識を体系的に修得できる教育課程を編成し、提供する。
                  ・薬学科においては、薬剤師の資格と研究能力を活かし、指導的な立場の薬剤師となるために必要な知識、論理的思考や表現の手段を、学生が主体的に活用できる実践的教育の機会を効果的に提供し、チーム医療の中で職能を発揮できる薬剤師を育てる。
                  ・薬科学科においては、将来、研究・教育者として活躍するために必要となる生命科学、創薬科学の領域の知識、論理的思考や表現の手段を、学生が主体的に活用できる実践的教育の機会を効果的に提供し、創薬研究者を育成する。
                  ・社会に貢献し、社会を牽引するイノベーション創出のための機能強化、人材育成のための教育環境の充実を進める。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・専門教育と連携したコミュニケーション教育を提供する。
                  ・情報処理技術の活用も含め、必要な情報を自ら収集する方法を習得し、情報を適切に発信することのできる教育の機会を提供する。
                  ・学生がグループを単位として、専門領域での問題解決に主体的・積極的に取り組む教育の機会を提供する。
                  ・専門領域での問題に関して、社会の要求を踏まえた問題解決を自ら実践できる教育の機会を提供する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  千葉大学薬学部は、「つねに、より高きものをめざして」の本学の理念のもと、以下を修得した学生に対して、学位を授与します。

                  「自由・自立の精神」
                  ・薬学を学ぶ者として自己の目標を設定し、 常に自己を評価検証できる。そして、 生命・医療倫理に則って行動し、 専門的能力を役立てることができる。さらに、 生涯学習により常に自己研鑽を図ることができる。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・薬学の社会的、 文化的位置づけを理解する。そして、 基本的人権を擁護し、社会正義を実現するための義務と権利を適正に行使しつつ、世界全体を視野に入れながら持続的に地域社会の発展に寄与できる。

                  「普遍的な教養」
                  ・多様な文化・価値観に関心を持ち、 理解を深める。また、世界的視点から、自然、環境、社会について深く理解し、人類社会が直面する課題についての主体的な認識と判断力をもって取り組むことができる。
                  ・医療の概況を薬学の視点から総合的に理解し、問題点や社会的要請を的確に判断できる。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・薬学科においては、先導的・指導的薬剤師を目指して、薬学及び関連する分野の実践的能力を体系的に取得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
                  ・薬学科においては、薬剤師免許をもった創薬科学や生命科学の教育研究者を目指して、専門領域に関する実践的能力を体系的に修得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
                  ・薬科学科においては、創薬科学や生命科学の教育研究者、あるいは、指導的薬剤師を目指して、専門領域に関する知識を体系的に修得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
                  ・薬学に関する問題や自然や社会的現象、科学的事象に対しては、情報や知識をもとに実証的かつ多面的な視点から論理的にその本質を分析し、その過程で得られた結果を社会還元できる。

                  「高い問題解決能力」
                  ・情報処理技術を活用して問題解決に関わる情報を収集し、これを取捨選択、整理、分析することから問題の本質を解明できる。
                  ・自らの知識・技術・技能を基盤に置き、これに社会要求や知的財産権などの様々な要素を総合的に判断して問題の解決策を提示できる。
                  ・薬学科においては、他者との意思疎通や自己表現能力を有し、他者との協調・協働を通して問題の解決に取り組み、解決の方向性を提案できる。

                  続きを読む… 折り畳む