ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  園芸学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  環境園芸学専攻 2年 修士(農学)、修士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・「食と緑」に関わる課題に対して、柔軟な思考と深い洞察に基づき、統合された知の基盤を活用して、研究倫理に則り、主体的に行動する能力を涵養するための教育課程を編成し、提供します。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・グローバルな観点から、「食と緑」に関わる専門分野の社会・文化的位置付けを理解させ、幅広く深い学識を修得させる教育課程を編成し、提供します。
                  ・課題に対する柔軟な思考能力と応用力、コミュニケーション能力を活用し、グローバルに発信する能力を涵養する教育の機会を提供します。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・「食と緑」に関わる専門分野の深い学識を与えるための体系的な教育課程を提供するとともに、学識を問題解決に活用するための実践的考察を行う機会を提供します。
                  ・自己の専門分野だけでなく、関連する学際的な分野に関わる学識を修得するための教育の機会を提供します。それによってイノベーション創出をめざし、先端をリードする志向を有すための教育の機会を提供します。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・専門知識を統合・整理して「食と緑」に関わる課題に取り組み、問題を解決する能力を涵養することのできる教育の機会を提供します。
                  ・他者と協調・協働することによる実践的課題解決能力を養うため、チーム参加型の教育の機会を提供します。
                  ・問題解決の基礎となる汎用的能力を涵養するため、大学院における高度教養教育の機会を提供します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  博士前期課程では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得します。

                  「自由・自立の精神」
                  ・「理論と実践」を旨とする園芸学研究科の伝統を踏まえ、「食と緑」に関わる課題に対して、柔軟な思考能力と深い洞察に基づき、主体的に行動できる。および研究倫理を身につけている。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・国内外の多様な文化・価値観、社会、自然、環境について深い理解をもち、国内外の社会と連携して活動する際に基礎となるグローバルな視点からの柔軟な思考能力とコミュニケーション能力を修得して、地球社会と地域社会の双方の持続的な発展のために役立てることができる。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・「食と緑」に関わる専門分野の深い学識に加えて、学際的で幅広い視野に立った教養を持ち、それを活かして直面する課題の解決に向けた柔軟な思考と深い洞察が行える。それによってイノベーション創出をめざし、先端をリードする志向を有す。

                  「高い問題解決能力」
                  ・高度な専門的知識・技術を要する「食と緑」に関わる課題を、関連する分野の知識・能力を統合・整理し、他者とも適切に連携を図りながら解決できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野