ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文公共学府(博士後期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人文公共学専攻 3年 博士(文学)、博士(公共学)、博士(法学)、博士(経済学)、博士(学術)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において、行政や国際機関を含む社会の多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す学生が、研究倫理に則り、公共的視座の下で自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行なえる能力を修得させる教育課程を編成し、提供する。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において、国際水準の研究・教育者あるいは社会の中核を担う自立的指導者として、自ら課題を設定し、地球規模的な視点から社会とかかわり、知的活動を行う能力を修得させる教育課程を編成し、提供する。このために、海外協定校をはじめとする国際インターンシップ科目の設置、国際研究集会への参加準備を支援する体制を整備する。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野における学位論文研究において、新しい知見や価値の創造に主体的に関与する機会を提供する。
                  ・また、学位論文研究において、複数指導教員体制の下、教員チームの助言をうけながら具体的な研究計画の策定、研究成果の評価を踏まえた進捗管理の実践を体験する機会を提供する。
                  ・イノベーション創出の実践を目指す教育の機会を提供する。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・学位論文研究と平行して、重点分野毎に設置される研究センターの一員として、学内外の研究者や実務家とともに専門領域の情報・知識を共有しながら先端的テーマに取り組む中で、チームワークやコミュニケーション能力を涵養し、社会を先導・牽引する研究者・指導者として高い問題解決能力を身につける機会を提供する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  博士後期課程では、博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得する。

                  「自由・自立の精神」
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において、行政や国際機関を含む社会の多様な研究・教育機関の中核を担う研究者もしくは大学教員を目指す人材として、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える。
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野における研究倫理を身につけている。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において地球規模の視点を持ち、国内外の専門機関や研究者と協働し、自ら課題を設定し自立的な研究開発を行うことができ、その成果を国際的・学際的に発信できる。また、公共性を身につけた研究教育者あるいは国内外の機関を指導する人材として活動するための基礎として、多様な文化・歴史に対する理解がある。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において、創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を持ち、新たな知見や価値の創出に貢献でき、イノベーション創出の実践を目指すことができる。また、幅広く専門的および公共的知識に基づく研究遂行能力を活かして、高度な研究開発プロジェクトの企画・管理を行うことができる。

                  「高い問題解決能力」
                  ・人文科学及び公共学・社会科学の分野において、多様な専門領域の情報・知識を他者と共有し、公共的知見を具備した指導者として協調・協働し、知識基盤社会を支える新たな知見や価値を創出できる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  日本文学
                  外国文学
                  言語学
                  日本語
                  文化学
                  日本史
                  外国史
                  考古学
                  文化人類学・民俗学
                  哲学・倫理・宗教
                  法学・法律学
                  政治・政策学
                  経済学
                  社会学
                  社会福祉学
                  国際関係学・国際協力
                  国際文化学・国際地域研究
                  環境学・災害科学

                  その他専攻分野

                  その他専攻分野
                  公共学