ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  専門法務研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法務専攻 3年 法務博士(専門職)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・「理論と実務の架橋」を重視し、高い学問的水準において法曹養成のための教育課程を編成し、提供します。
                  ・法曹の専門領域における職業的倫理を涵養します。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・「理論と実務の架橋」を重視し、グローバルな視点や地域の視点から社会に役立つ高度で専門的な知識と実務能力を修得させる教育課程を編成し、提供します。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・高度な専門性を必要とする職業を担うための知識の修得と能力育成ができる教育を提供します。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・専門職チームに参加し、専門的な問題解決能力を涵養する教育の機会を提供します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  専門職学位課程(法科大学院の課程)では、学士課程で築いた基礎の上に、以下の知識・能力を修得します。

                  「自由・自立の精神」
                  ・「理論と実務の架橋」を重視し、法曹養成のための教育内容を高い学問的水準において修得している。
                  ・法曹の専門領域における職業的倫理を身につけている。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・「理論と実務の架橋」を重視し、グローバルな視点や地域の視点から社会に役立つ高度で専門的な知識と実務能力を修得している。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・高度専門職業人である法曹として要求される、高い学問的水準の知識・能力を修得している。

                  「高い問題解決能力」
                  ・法曹の専門領域で求められる推論能力や説得力により、高い倫理観のもとで協調性を持って職能を主体的に発揮することができる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野