ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学科 4年 学士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・自己の課題を明確化し、自己の成長に向けて、主体的に取り組み、その成果を評価できる能力を修得できるよう教育課程を編成し、提供する。
                  ・生命生存の本質的理解を基盤に自己の倫理観を点検し、倫理的な意思決定のプロセスを理解し、高い倫理性をもって行動できる能力を涵養します。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・文化の多様性の理解に基づき、グローバルな広がりをもって看護活動を行なう必要性とそのための方法を修得できるよう教育課程を編成し、提供します。
                  ・個人、家族、集団、地域の多様な価値を多角的に理解し、対象の立場を尊重し、擁護する行動や態度を涵養します。

                  「普遍的な教養」を涵養するために
                  ・グローバル化・情報化した現代社会を理解するために必要な技能や知識を修得できるよう教育課程を編成し、提供します。
                  ・看護学の領域を幅広い視野をもって位置づけるために必要な学際的・総合的な知見や思考法を獲得できるよう教育課程を編成し、提供します。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・看護の対象者である人間を統合体として理解し、看護学およびその関連知識・技術を順序性、体系性を持って習得できるよう教育課程を編成し、提供します。
                  ・対象に生じている現象に関心を寄せ、必要な知識・資源・研究成果を獲得・収集し、これらを活用して積極的に問題の解決に取り組んで、社会に貢献しようとする姿勢を涵養します。看護研究の必要性と意義を理解し、研究を行い、その成果に基づいて新たな看護実践を創出するための基本的知識を習得できるよう教育課程を編成し、提供します。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・現代社会における看護に関わる問題を多面的・学術的に理解し、問題を解決するために必要な情報を自ら系統的に収集・分析し、それらを適切に活用・発信する方法を修得できるよう教育課程を編成し、提供します。
                  ・主体的に語学力およびコミュニケーション技術を修得して、他職種や市民と連携・協働しながら問題解決に取り組める能力を涵養します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  千葉大学看護学部は、「つねに、より高きものをめざして」の本学の理念のもと、以下を修得した学生に対して、学位を授与します。

                  「自由・自立の精神」
                  ・自己の課題を明確化し、自己の成長に向けて、主体的に学ぶことができる。また倫理の基本をふまえて意思決定を行い、高い倫理性をもって行動することができる。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・基本的な人権を擁護し、社会の多様性・グローバル化を考慮して看護活動に関与することができる。

                  「普遍的な教養」
                  ・グローバル化・情報化した現代社会ならびに自己の専門領域を幅広い視野から理解できる。また、学際的・総合的な知見や思考法を獲得し、それらを自ら活用して現状および課題を認識し、その解決に向けて的確な判断力をもって取り組むことができる。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・看護学及びその関連知識を体系的に修得し、様々な健康状態にある人の問題解決のための実践力を身につける。また看護学領域における課題を明確化し、科学的な方法を用いて、問題解決と新たな看護実践の創出に資することができる。

                  「高い問題解決能力」
                  ・看護に関わる問題を解決するために、必要な情報を自ら系統的に収集・分析し、それらを総合的に活用できる。また語学力およびコミュニケーション技術を主体的に修得し、これを駆使して、他者と連携・協働しながら問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  ■編入学
                  検定料  30,000円
                  ※検定料は出願を受理するときに徴収します。

                  入学料 282,000円
                  ※入学料は入学手続期間までに納入してもらいます。

                  専攻分野

                  専攻分野
                  看護

                  その他専攻分野