ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  総合工学科 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・工学技術者として自己の目標を設定し、常に自己を評価検証させる教育機会を提供する。
                  ・工学に関する技術の開発において、自己の良心に則り、かつ社会の規範やルールを尊重して高い倫理観をもって行動する姿勢を涵養する。
                  ・継続的な自己学習の必要性を理解し、新しい知識、能力の獲得に意欲をもつための教育の機会を提供する。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・工学の社会的、文化的位置づけに関する教育科目を提供する。
                  ・工学に関する技術の開発において、地球規模的な視点や地域の視点から持続的な社会の発展のために積極的に関与するための教育の機会を提供する。

                  「普遍的な教養」を涵養するために
                  ・教養科目、外国語科目等を通じて国内外の多様な文化・価値観を理解し、それらを工学に関する技術の開発・発展に対して自ら活かす姿勢を涵養する。
                  ・地球的視点から、社会、自然、環境について理解し、人類や社会が直面する課題と工学との関わりについて認識するための教育の機会を提供する。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・工学上の問題解決のための知識を段階的・体系的に修得できる教育課程を編成し、提供する。
                  ・自然や社会的事象、科学的事象、思考結果などを図や数式などで表現し、論理的思考の実践や思考結果を他者とやり取りする際の手段として役立てるための教育科目を提供する。
                  ・工学に関して、情報や知識をもとに実証的な姿勢で、多面的な視点から論理的に分析し、その結果を表現するための教育科目を提供する。
                  ・工学に関して解決すべき問題を発見し、解決に必要な情報を収集、分析し、解決するための教育機会を提供する。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・工学で必要となる内容を含め、自分の考えを伝え、相手の考えを理解するためのコミュニケーション、プレゼンテーション教育科目を提供する。また、英語による基本的なコミュニケーションを行うための教育科目を提供する。
                  ・情報通信技術を活用して多様な情報を収集、分析し、その結果を知的財産権や倫理に配慮しつつ工業技術の開発・発展に利用するための方法を修得し、情報を適切に発信するための教育を受ける機会を提供する。
                  ・工学に関して獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、社会的要求を踏まえて他者と協調・協働して工学に関する技術開発を行い、主体的・能動的な問題解決を可能とするための教育機会を提供する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  千葉大学工学部は、「つねに、より高きものをめざして」の本学の理念のもと、以下を修得した学生に対して、学位を授与する。

                  「自由・自立の精神」
                  ・工学技術者として自己の目標を設定し、その実現において新しい知識や能力の継続的な獲得に努め、高い倫理観をもって常に自己の評価検証を意識する姿勢を身につけている。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・工学の社会的、文化的位置づけを理解し、技術の開発において、地球規模的な視点や地域の視点から持続的な社会の発展のために積極的に関与できる。

                  「普遍的な教養」
                  ・多様な文化・価値観の存在や人類や社会が直面する課題と工学との関わりについて主体的な認識と判断力をもって取り組み、それらを技術の開発・発展に活かす姿勢を身につけている。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・工学に関連して解決すべき問題を発見し、その解決に必要な情報や知識をもとに多面的な視点から論理的に分析し、解決することができる。

                  「高い問題解決能力」
                  ・情報通信技術等を利用し、外国人を含む他者と協調・協働し、さらに知的財産権や倫理に配慮しつつ獲得した知識・技能・態度等を総合的に活用し、問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  ■編入学

                  検定料  30,000円
                  ※検定料は出願を受理するときに徴収します。

                  入学料 282,000円
                  ※入学料は入学手続期間までに納入してもらいます。

                  専攻分野

                  専攻分野
                  機械工学・自動車工学
                  電気・電子・通信工学
                  情報工学・コンピューター
                  建築学
                  環境デザイン・都市デザイン
                  デザイン工学
                  応用化学・環境工学
                  応用物理学
                  金属・材料工学
                  画像工学・光工学・音響工学
                  医用工学・生体工学

                  その他専攻分野