ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する
ここから大学情報です
お気に入りリスト一覧へ

基本情報

大学の基本情報

大学名
千葉大学
本部所在地
千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33 
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
043-251-1111
月曜日~金曜日(祝祭日は除く)8:30~17:15
連絡先ページへ
大学の種類
国立・大学(大学院大学を含む)
総学生数(学部)
10,473人
総学生数(大学院)
3,359人
総教員数(本務者)
1,309人

大学の教育研究上の目的や建学の精神

◆教育研究上の目的
 本学は教育基本法の精神に則り、広く知識を授け人格の陶冶を図るとともに、深く専門の学芸を教授研究し、大学院においては、学術の理論及び応用を教授研究してその深奥を究め、以て文化の進展に寄与する有為な人材を養成することを目的とします。


◆千葉大学の理念

 つねに、より高きものをめざして

 千葉大学は、世界を先導する創造的な教育・研究活動を通しての社会貢献を使命とし、生命のいっそうの輝きをめざす未来志向型大学として、たゆみない挑戦を続けます。


◆千葉大学の目標
 私たち役員と教職員は、上記の理念のもと、自由・自立の精神を堅持して、地球規模的な視点から常に社会とかかわりあいを持ち、普遍的な教養(真善美)、専門的な知識・技術・技能および高い問題解決能力をそなえた人材の育成、ならびに現代的課題に応える創造的、独創的研究の展開によって、人類の平和と福祉ならびに自然との共生に貢献します。

1.私たちは、学生が個々の能力を発揮して「学ぶ喜び」を見いだし、鋭い知性と豊かな人間性を育んでいく自律成長を支援するために、最高の教育プログラムと環境を提供します。千葉大学は、学生と私たちがともに学ぶ喜びを生きがいと感じ、ともに成長していく知的共同体です。

2.私たちは、学生とともに、社会で生じるさまざまな問題の本質を、事実を踏まえて深く考察し、公正かつ誠実な問題解決に資する成果を速やかに提供して、社会と文化ならびに科学と技術の発展に貢献します。

3.私たちは、総合大学としての多様性と学際性を生かし、国内外の地域社会・民間・行政・教育研究諸機関と連携して、領域横断的研究と社会貢献を積極的に推進します。

4.私たちは、各人の個性・能力・意欲および自主性が継続的に最大限発揮され、意欲ある人材が積極的に登用される仕組みと環境を構築し、時代の変化に応じて柔軟に大学を経営します。

続きを読む… 折り畳む

大学の特色等

 千葉大学憲章に掲げた「つねにより高きものをめざして」という理念のもとに世界を先導する創造的な教育・研究活動を通しての社会貢献を使命とし、生命のいっそうの輝きをめざす未来志向型大学として、普遍的な教養、専門的な知識・技術・技能及び高い問題解決能力を備えた有為の人材育成と、「学ぶ喜び」を見出し鋭い知性と豊かな人間性を育むための最高の教育研究プログラムと環境を提供するためにたゆみない挑戦を続けています。

教育研究上の基本組織

全てを表示する 折り畳む

学部(短期大学の場合は学科)
国際教養学部
文学部
法政経学部
教育学部(教員養成課程)
理学部
工学部
園芸学部
医学部(修業年限6年)
薬学部(修業年限4年)
薬学部(修業年限6年)
看護学部
いずれの学部にも所属しない聴講生・研究生等

 

全てを表示する 折り畳む

研究科
人文公共学府(博士前期課程)
人文公共学府(博士後期課程)
専門法務研究科(専門職学位課程)
教育学研究科(修士課程)
教育学研究科(専門職学位課程)
融合理工学府(博士前期課程)
融合理工学府(博士後期課程)
園芸学研究科(博士前期課程)
園芸学研究科(博士後期課程)
医学薬学府(修士課程)
医学薬学府(4年博士課程)
医学薬学府(後期3年博士課程)
看護学研究科(修士課程)(修業年限3年)
看護学研究科(博士前期課程)
看護学研究科(博士後期課程)
看護学研究科(5年一貫制博士課程)
総合国際学位プログラム

 

全てを表示する 折り畳む

その他の学内組織
附属図書館本館
附属図書館亥鼻分館
附属図書館松戸分館
医学部附属病院
環境リモートセンシング研究センター
真菌医学研究センター
アカデミック・リンク・センター
共用機器センター
統合情報センター
先進科学センター
グローバル関係融合研究センター
海洋バイオシステム研究センター
ソフト分子活性化研究センター
分子キラリティー研究センター
フロンティア医工学センター
環境健康フィールド科学センター
バイオメディカル研究センター
社会精神保健教育研究センター
予防医学センター
未来医療教育研究センター
再生治療学研究センター
子どものこころの発達教育研究センター
植物分子科学研究センター
ベンチャービジネスラボラトリー
アイソトープ実験施設
教育学部附属教員養成開発センター
工学部附属創造工学センター
理学研究院附属ハドロン宇宙国際研究センター
工学研究院附属次世代モビリティパワーソース研究センター
工学研究院附属インテリジェント飛行センター
医学薬学府附属薬用資源教育研究センター
看護学研究科附属看護実践研究指導センター
看護学研究科附属専門職連携教育研究センター
医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター
医学研究院附属法医学教育研究センター
医学研究院附属超高齢社会研究センター
医学研究院附属国際粘膜免疫・アレルギー治療学研究センター
医学研究院附属人工知能(AI)研究センター
医学研究院附属バイオリソース教育研究センター
医学研究院附属動物実験施設
教育学部附属幼稚園
教育学部附属小学校
教育学部附属中学校
教育学部附属特別支援学校

教育研究上の基本組織に関する説明

キャンパス情報

全てを表示する 折り畳む

西千葉キャンパス

所在地

千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33 GoogleMapで参照

アクセス

■JR西千葉駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩約2分
■京成みどり台駅より西千葉キャンパス正門まで徒歩約7分
■千葉都市モノレール天台駅より北門まで徒歩約10分

外観

キャンパスの外観1
キャンパスの外観2

アクセス図

キャンパス アクセス図

周辺図

キャンパス 周辺図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

1.体育施設
(1)屋内体育施設 体育館 2 武道場(剣道場、柔道場) 1
(2)屋外体育施設 陸上競技場 1 野球場 1 サッカー・ラグビー場 1 テニスコート 10 弓道場 1 プール(50m) 1
(3)体育管理施設(器具庫 貸出物品倉庫 シャワー室 合宿所(4) 部室(4))
2.課外活動施設(室数)
 文化系サークル会館(47) 体育系サークル会館(15) 音楽練習室(5) サークルハウス(3) 大学会館(会議室(2) 和室(4) 音楽鑑賞室(1))
3.学外研修施設(室数)
 セミナーハウス山中寮 個室(6) 研修室(1) 共用室(1) 作業所(1)

バリアフリー
キャンパス内の各地に障害者用多目的トイレやエレベーターの設置、車椅子用駐車スペースや建物入口のスロープなどを設置し、バリアフリーに対応したキャンパスになっております。また、西千葉地区では、バリアフリーマップを作成し、バリアフリー対応施設の場所を示しております。
(http://www.chiba-u.ac.jp/volunteer-center/assets/img/about/barrierfree.png)

続きを読む… 折り畳む

亥鼻キャンパス

所在地

千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1 GoogleMapで参照

アクセス

■JR千葉駅、京成千葉駅到着後、JR千葉駅東口正面7番のバス乗り場から「千葉大学病院」行きまたは「南矢作」行きバスに乗車、「千葉大医学部入口」で下車で約15分

<医学部附属病院への行き方>
■JR千葉駅、京成千葉駅到着後、JR千葉駅東口正面7番のバス乗り場から「千葉大学病院」行きまたは「南矢作」行きバスに乗車、「千葉大学病院」で下車で約15分

外観

キャンパスの外観1
キャンパスの外観2

アクセス図

キャンパス アクセス図

周辺図

キャンパス 周辺図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

1.体育施設
(1)屋内体育施設 体育館 武道場
(2)屋外体育施設 野球・サッカー・ラグビー場 テニスコート ※改修中
2.課外活動施設
 サークル会館 サークル部室
3.学外研修施設
 勝山セミナーハウス(個室2) セミナーハウス山中寮(個室6 研修室1 共用室1 作業所1) 
4.その他
 ゐのはな記念講堂 ゐのはな同窓会館(会議室1 和室5)

バリアフリー
キャンパス内の各地に障害者用多目的トイレやエレベーターの設置、車椅子用駐車スペースや建物入口のスロープなどを設置し、バリアフリーに対応したキャンパスになっております。

続きを読む… 折り畳む

松戸キャンパス

所在地

千葉県松戸市松戸648 GoogleMapで参照

アクセス

■JR常磐線、地下鉄千代田線松戸駅から徒歩約15分

外観

キャンパスの外観1
キャンパスの外観2

アクセス図

キャンパス アクセス図

周辺図

キャンパス 周辺図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

体育館、緑風会館、学生ホール
セミナーハウス山中寮 個室(6) 研修室(1) 共用室(1) 作業所(1)

バリアフリー
キャンパス内の各地に障害者用多目的トイレやエレベーターの設置、車椅子用駐車スペースや建物入口のスロープなどを設置し、バリアフリーに対応したキャンパスになっております。

全てを表示する 折り畳む

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 201909

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

全てを表示する 折り畳む

評価機関評価年月
平成26年度実施大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2015年3月
評価機関評価年月
平成19年度実施大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2008年3月
評価機関評価年月
平成19年度実施選択的評価事項に係る評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2008年3月
評価機関評価年月
平成27年度実施法科大学院認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2016年3月
評価機関評価年月
平成23年度実施法科大学院認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2012年3月
評価機関評価年月
平成20年度実施法科大学院認証評価(追評価) 独立行政法人大学評価・学位授与機構2009年3月
評価機関評価年月
平成19年度実施法科大学院認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2008年3月
評価機関評価年月
令和元年度教職大学院認証評価 一般財団法人教員養成評価機構2020年3月
評価機関評価年月
平成30年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2019年11月
評価機関評価年月
平成29年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2018年11月
評価機関評価年月
平成28年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2017年11月
評価機関評価年月
第2期中期目標期間に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2017年6月
評価機関評価年月
平成27年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2016年11月
評価機関評価年月
平成26年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2015年11月
評価機関評価年月
平成25年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2014年11月
評価機関評価年月
平成24年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2013年11月
評価機関評価年月
平成23年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2012年11月
評価機関評価年月
平成22年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2011年10月
評価機関評価年月
第1期中期目標期間に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2011年5月
評価機関評価年月
平成21年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2010年11月
評価機関評価年月
平成20年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2009年11月
評価機関評価年月
中期目標期間に係る業務実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2009年3月
評価機関評価年月
平成19年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2008年10月
評価機関評価年月
平成18年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2007年10月
評価機関評価年月
平成17年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2006年9月
評価機関評価年月
平成16年度に係る業務の実績に関する評価 文部科学省国立大学法人評価委員会2005年9月

学生支援

修学支援

・本学では、西千葉・亥鼻・松戸の3キャンパスにそれぞれ「学生相談室」を設置しており、在室するカウンセラーやグランドフェローが、修学・進路・就職・生活・人間関係等、学生生活における様々な問題について、「なんでも相談」に応じています。
 また、学生相談室は、総合安全衛生管理機構の医師や各学部等とも連携し、修学支援の充実に努めています。

・普遍(教養)教育において、英語が特に苦手な人、高校での英語学習時間が少なくて大学レベルに不安を覚える人、長らく学生生活から離れていて英語力が低下したと思われる1年次学生を対象として「基礎英語」を開講し、基礎学力を養成しており、共通専門基礎科目の「数学・統計学」「物理学」「化学」「生物学」の4分野においても、高等学校での科目未履修等により、大学での授業に不安のある学生を対象として「基礎教育(入門)授業」を開講し、基礎学力を養成しています。

・附属図書館において、同館N棟にラーニングコモンズを整備し、学習支援デスクを設置して、本学大学院生(ALSA)、図書館員及び教員による学習のサポート(分野別学習相談、レファレンスサービス、オフィスアワー等)を実施しています。

心身の健康に係る支援

 西千葉キャンパスの総合安全衛生管理機構および亥鼻キャンパス・松戸キャンパスの保健室では、医師や看護師による健康相談を実施しているほか、精神科の医師及びカウンセラーによるメンタルヘルス相談も行っています。
 また、西千葉・亥鼻・松戸の3キャンパスにそれぞれ「学生相談室」を設置しており、在室するカウンセラーやグランドフェローが、修学・進路・就職・生活・人間関係等、学生生活における様々な問題について、「なんでも相談」に応じています。
令和2年度から、24時間電話相談ホットライン(外部委託)を開講し、千葉大学の在学生とその保護者の方々にご利用いただき、経験豊かな医師、保健師、看護師などを擁した相談員スタッフが、健康・メンタルヘルスなどに関するご相談にアドバイスいたします。(http://www.chiba-u.ac.jp/hotline/hotline.html)

留学生支援

 本学では、「インターナショナル・サポートデスク(ISD)」を各キャンパスに設置し、留学生に対し渡日前よりビザ取得や生活に関するサポートを行っており、奨学金を希望する私費留学生に対し、奨学金ガイダンスの実施や、申請書類の確認等、窓口における個別相談等にもきめ細やかに応じています。
 また、各部局には必要に応じて生活面・学習等のサポートを行う日本人チューターを配置。さらに、国際教育センター内に設置している「日本語支援室」には、留学生からの日本語や授業等に関する質問や相談に対応するチューターを配置しており、開室時間にはいつでも支援できる体制を取っています。留学生の宿舎である国際交流会館にはスタッフが常駐し、宿舎での様々な事柄に対応しています。そのほか男女1名ずつの日本人学生チューターが国際交流会館に入居しており、留学生に対する幅広い支援を行っています。

留学生支援(日本人学生への支援)

 本学では、語学研修、海外でのインターンシップやボランティア、外国語を媒介語とする協働学習、専門性をより高めるための留学等、多様な目的、期間の留学プログラムを学生に提供しています。柔軟な学事暦を設定し、ターム制(6 ターム制)を全学的に導入することにより、1 ターム(8 週間)で完結する科目設定を可能にし、教育の質的改善を図るとともに、ギャップタームを創出し、留学、インターンシップやボランティア等、学生の多様な社会体験の機会を確保し、自主的で主体的な学びを促すことを目指しています。
 また、不測の事態が生じた際に自ら対応できるよう海外でのリスクについて海外危機管理の専門家等を招聘し、危機管理ガイダンスの実施や事前指導を行っており、より多くの学生が留学できるよう、日本学生支援機構海外留学支援制度(協定派遣)、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムなど、様々な奨学金制度の活用・応募にも積極的に取り組んでいます。
 2020年度から「千葉大学グローバル人材育成”ENGINE”」が始動し、学部・大学院生の全員留学を目指して留学プログラムや留学支援体制を強化するとともに、外国人教員の増員等による教育改革や留学中でも科目履修が継続出来る教育環境整備等を行います。

障害者支援

 本学では、障害をもつ学生が他の学生と同様に学ぶことができるよう、障害者支援部を置き、学生相談室や各学部等の教員と連携をとりながら、学生のニーズに対応した支援を行っています。障害者支援部は、学生のボランティア団体「ノートテイク会」による聴覚障害学生への授業補助(情報保障)の支援や、車椅子学生の移動補助を担当する学生への支援を行っています。

就職・進路選択支援

 本学の就職支援については、学内組織で支援体制を構築し、全学及び部局毎の支援に繋げており、学生の高い就業意識の育成とともに、学生の主体的な進路選択によるキャリア設計を目指し、進路指導、就職ガイダンス、就職相談、就職試験対策等の内容の充実に努めています。

課外活動

クラブ活動の状況

 本学では、学生の自主性のもと、集団生活を通じ自己規律性や協調性、指導力を養うことを目的にクラブ活動を支援しています。
 令和2年8月1日現在で、体育会系サークル46団体、体育系サークル38団体、文化系サークル51団体、音楽系サークル20団体、亥鼻地区サークル30団体の計185団体が公認課外活動団体(サークル)として活動しています。

ボランティア活動の状況

 本学では、東日本大震災による各地の被災を受けて平成23年3月末に「ボランティア活動支援センター」を設置し、学生・教職員の被災地へのボランティア活動を支援するとともに、ボランティア募集情報の紹介も行っています。
 また、本センターでは、学生スタッフが広報活動や企画・運営にも参画しており、ボランティア活動を通した社会貢献の推進、学生の人間的成長の支援を行っています。

学生寮一覧

学生寮の有無
学生寮名薫風寮
所在地千葉県千葉市稲毛区小仲台6-33-8 GoogleMapで参照
学生寮からキャンパスへのアクセス

【西千葉キャンパス】
徒歩25-30分、自転車15分
【亥鼻キャンパス】
電車5分の後バス15分
【松戸キャンパス】
電車1時間の後徒歩15分

【西千葉キャンパス】
徒歩25-30分、自転車15分
【亥鼻キャンパス】
電車5分の後バス15分
【松戸キャンパス】
電車1時間の後徒歩15分

定員170人
寮費(食費込)
寮費(食費無)31,000円
入寮条件

学部男子学生(100名)・学部女子学生(70名)
詳細については大学HPをご参照ください。

学部男子学生(100名)・学部女子学生(70名)
詳細については大学HPをご参照ください。

特色

学生寮名雄翔寮
所在地千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1 GoogleMapで参照
学生寮からキャンパスへのアクセス

亥鼻キャンパス敷地内にあります。

亥鼻キャンパス敷地内にあります。

定員60人
寮費(食費込)
寮費(食費無)4,300円
入寮条件

医学部、薬学部、看護学部の男子学生。

医学部、薬学部、看護学部の男子学生。

特色

学生寮名さつき寮
所在地千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1 GoogleMapで参照
学生寮からキャンパスへのアクセス

亥鼻キャンパス敷地内にあります。

亥鼻キャンパス敷地内にあります。

定員34人
寮費(食費込)
寮費(食費無)9,800円
入寮条件

医学部・薬学部女子3~6年次生、看護学部女子2~4年次生

医学部・薬学部女子3~6年次生、看護学部女子2~4年次生

特色

学生寮名浩気寮
所在地千葉県松戸市松戸648 GoogleMapで参照
学生寮からキャンパスへのアクセス

松戸キャンパス内にあります。

松戸キャンパス内にあります。

定員62人
寮費(食費込)
寮費(食費無)11,000円
入寮条件

男子学生(42名)・女子学生(20名)
詳細については大学HPをご参照ください。

男子学生(42名)・女子学生(20名)
詳細については大学HPをご参照ください。

特色

全て表示 折り畳む

財務諸表等

本学の財務諸表につきましては、国立大学法人法(平成15年法律第112号)第35条において準用する独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第38条第1項の規定に基づき、文部科学大臣に提出し、承認を得ましたので公表いたします。