ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  学部・研究科等の特色等

                  学部・研究科等の特色等

                   千葉大学薬学部は、我が国で最も歴史のある薬学部であり、昭和24 (1949)年に現在の名称である千葉大学薬学部となりました。昭和39(1964)年には大学院薬学研究科が設置され、いくつかの改組を経て、平成13(2001)年に現在の形である研究組織の薬学研究院と教育組織の大学院医学薬学府が設置されました。本学は、開設以来、製薬企業や化学工業などの医療産業界、病院や薬局などの医療機関、国や地方公共団体などの行政機関、そして大学や研究所などの教育・研究機関に多くの優れた人材を輩出してきました。
                   平成23(2011)年には、亥鼻に新しく竣工した医薬系総合研究棟へと移転し、医学部、薬学部、看護学部の医療系の学部が同一地区に集結した全国的にも希な医療系教育・研究キャンパスが構築され、3学部が協働して専門職連携教育を行っています。
                   近年、薬剤師の職能が従来に比べて高度で多岐にわたり、高度な薬剤師の輩出が社会から要望されてきました。こうした社会の要請に対応すべく、平成18年度から薬学6年制教育が開始されました。本学部も創薬研究者の育成を主眼とする4年制の薬科学科と、薬剤師や開発・医療行政従事者の育成を主眼とする6年制の薬学科の2学科を併設しています。入学試験では両学科を区別せずに一括で行い、1年次と2年次は共通の講義科目を履修するところに本学の特徴があります。2年間の講義等を通して将来の進路を考え、3年次進学時に自身の希望に応じていずれかの学科を選択します。それぞれの学科により将来の進路が異なりますが、両学科ともに、知識や技能の修得だけでなく、問題解決能力を身に付けたグローバルに活躍する人材の育成を目的としています。両学科ともに大学院が設置されており、より高度な専門教育が行われています。