ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

共同教育学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

共同教育学部は、小学校、中学校、高等学校、幼稚園及び特別支援学校等の教諭を目指す人が学ぶ学部です。小・中・高・幼・特別支援等の中から複数の教員免許状を取得できます。学校教育に対する多様な要求に対し、柔軟かつ効果的にこたえられる高度な専門的知識・技術と豊かな人間性を身に付けた実践的指導力のある教育者の養成を目的としています。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

1 教職を目指す明確な意志と情熱を有し、子どもの成長に関わることに喜びを感じられる人
2 「学ぶ」「教える」「育てる」「発達する」という行為・現象について関心があり、これらのことについて学修意欲のある人
3 ものごとを複数の視点から考察し、自ら判断することができる人
4 自己の考えを的確に表現し他者に伝えることができ、他者が表現する考えを受けとることができる人
5 様々な活動に主体的に取り組むことができるとともに、他者と協働することができる人
6 高等学校における履修内容を理解し、教職を目指すために必要な基礎学力を身に付けている人

〈入学前に学習することが期待される内容〉
高等学校における必修科目を理解していること(また、後に記載の各専攻における〈入学前に学習することが期待される内容〉を参照すること)

〈入学者選抜の基本方針〉
共同教育学部では上記素養を持つ学生を選抜するために、共通して行う入学者選抜方法では、次のような入学試験を実施します。(専攻個別の素養に関わる選抜方法については、後に記載の各専攻における〈入学者選抜の基本方針〉を参照すること)
○一般選抜 前期日程
(実施専攻:国語専攻、社会専攻、英語専攻、数学専攻、理科専攻、技術専攻、音楽専攻、美術専攻、家政専攻、保健体育専攻、教育専攻、教育心理専攻、特別支援教育専攻)
 1〜4に対しては小論文を課します。1〜5に対しては面接を課します。6に対しては大学入学共通テストを課します。
○一般選抜 後期日程
(実施専攻:国語専攻、社会専攻、英語専攻、数学専攻、理科専攻、技術専攻、美術専攻、家政専攻、保健体育専攻、特別支援教育専攻)
 1〜5に対しては面接を課します。6に対しては大学入学共通テストを課します。
○学校推薦型選抜
(実施専攻:国語専攻、社会専攻、数学専攻、理科専攻、技術専攻、音楽専攻、美術専攻、保健体育専攻、教育専攻、教育心理専攻、特別支援教育専攻)
 1〜6に対しては面接を課します。また調査書等出願書類を参考資料として総合的に判定します。
○私費外国人留学生選抜
(実施専攻:国語専攻、社会専攻、英語専攻、数学専攻、理科専攻、技術専攻、音楽専攻、美術専攻、家政専攻、保健体育専攻、教育専攻、教育心理専攻、特別支援教育専攻)
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身につけているかどうかを判断するために日本留学試験を課します。1〜4に対しては小論文を課します。1〜5に対しては面接を課します。また、成績証明書等を6の参考資料とします。
○帰国生選抜
(実施専攻:社会専攻、数学専攻、理科専攻、美術専攻、特別支援教育専攻)
 1〜6に対しては面接を課します。また、出願書類(成績証明書・調査書、身上記録書等)を加え、総合して判定します。

続きを読む… 折り畳む

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

1.学校教育の基礎となる各種の理論を学び、教師としての資質を向上させる教育
2.各教科についての専門的知識・技術を高め、子どもを指導するための基礎となる能力を獲得する教育
3.各教科について子どもが学ぶ意義を理解し、各教科の指導方法の理論に基づいて実践的指導力の基礎を習得する教育
4.教育実習において学校現場で子どもを指導するなどの体験を通して、実践的指導力を高める教育

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

1.学校教育や教職についての基礎理論・知識を習得し、教師としての使命感をもって子どもと向き合い、その成長を支えることができる。
2.子どもの成長・発達とそれを支える大人の役割についての識見に基づき、一人ひとりの子どもの理解と学習集団の形成ができるとともに、発達段階に応じた教育方法を工夫して個に応じた指導ができる。
3.教科及び教育過程に関する知識と技能をもち、子どもの実態に即した教材分析・開発と子ども主体の授業を実践できる。
4.現代の社会における学校教育に関する様々な課題について関心を持ち、自己の課題を認識し探求心を持ってその解決に取組むことができる。
5.共に支え合い、高め合える人間関係を築くことができ、同僚、保護者、地域の人々等と協力して教育活動を進めることができる。

○国語専攻
 国語を専門とする教員として、専門的知識、実践的な力量を備えた人材の育成を目的とします。
○社会専攻
 社会科に関する諸科学並びに指導法に係る講義・演習・実習等を通して、社会科教員としての資質・能力を育成します。
○英語専攻
 読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく養い、英語運用能力を高めながら、英語とその言語文化についての知識を深めます。同時に、英語教育の理論や指導法を学び、英語で英語の授業ができる教師としての高い実践能力を身に付けます。また、ドイツ語とフランス語の教員も在籍し、より広い視野からグローバル化に対応できる教員を育成します。
○数学専攻
 長い歴史を持つ数学を現代的視点に立って見直し、それをどのように子供たちに伝えていったらよいかを学びます。そのために数学そのものを学び、それを算数・数学教育にどのように生かしていくかを考えます。
○理科専攻
 理科専攻では、自然科学を幅広く学習し、物理学・化学・生物学・地学の各分野における専門性を高めます。さらに、科学的な思考力・判断力・表現力をもった児童・生徒を育成するために理科教育学の専門性の形成を図ります。これらによって、実践的な指導力をもった理科教員を養成します。
○音楽専攻
 声楽、器楽、作曲及び音楽学の各分野にわたる専門研究を基盤とし、音楽教育の理論と実践の深化を志向する研究・教育を行い、音楽教育を総合的に追究します。また、国際化時代に対応すべく、西洋音楽、日本音楽、民族音楽を含めたグローバルな視野をもつ音楽科教員としての能力を養成します。
○技術専攻
 中学校技術科教員養成に主体を置き、新しい技術教育の探求、その理論、内容、方法を修得した実践的、応用力をもつ人材を育成します。

続きを読む… 折り畳む

○美術専攻
 美術及び美術教育に関する専門的な知識・技能の習得を図るとともに、広い視野と柔軟な思考力、豊かな表現力を培い、美術教育の専門家として必要な知識・技能及び 実践的な指導力を養います。
○家政専攻
 家庭科教育および生活科学についての専門的な知識と技術を修得し、現代社会の多様な生活課題を理論的・実践的に探求しながら、教育実践をより豊かに創成できる高度な専門性と指導力を育成します。また、最新の専門知識や研究の知見を活かして、家庭科教育のあり方を考察し、子どもの生活課題解決につながるカリキュラム開発を持続できる教育者を育成します。
○保健体育専攻
 将来は小学校・中学校または高等学校の教員として、日々の教育現場において求められるニーズに対して学び続ける事のできる人材の育成を目指します。
 保健体育に関わる最新の専門知識および技術を身につけるとともに、自身の身体活動を通して体験的な学習を積極的に行い、専門知識を活かせる豊かな人間性を持った教員を養成します。
○教育専攻
 教育専攻では、教育学諸領域の成果を学習し、研究方法を習得することで、個別教科の枠を超えた教育に関する豊かな知識と力量を身につけた教員を養成することを主な目的としています。今日の教育界における様々な課題に対応できる教養と優れた人格、幅広い実践力を十分に備えた人材を育成します。
○教育心理専攻
 教育心理専攻では、教育心理学・発達心理学・学習心理学・社会心理学などの学習を通して、学習指導に関する個別教科の枠を超えた知識と力量、生徒指導に関する豊かな知識と力量を身につけた教員を養成することを主な目的とし、豊かな教養と優れた人格、幅広い実践的な能力を十分に備えた人材を育成します。
○特別支援教育専攻
 特別支援学校における5教育領域中聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱の4領域において、障害をもつ子どもに関する医学、心理学、教育学の専門知識を有し、ひとり一人に応じた実践力を有する教師を養成します。

続きを読む… 折り畳む