ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(修業年限6年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  キャンパス

                  キャンパス一覧

                  学部・研究科等のキャンパスの所在地

                  宮崎県宮崎県宮崎市清武町木原5200 GoogleMapで参照

                  アクセス

                  〇宮交シティバスセンター →宮交バス 「宮崎大学・大学病院行き」に乗車 → 約25分
                   
                  〇JR清武駅 (徒歩2分)JR清武駅前バス停 →宮交バス 「宮崎大学・大学病院行き」に乗車 → 約15分
                  JR清武駅 (徒歩5分)清武総合支所前バス停 →宮交バス 「宮崎大学・大学病院行き」に乗車 → 約15分

                  〇宮崎空港 → タクシー (宮崎大学まで約8km) → 約15分

                  〇宮崎港 → 宮交バス「宮交シティー行き」(約30分) → 宮交バス 「宮崎大学・大学病院行き」に乗車 → 約25分

                  〇宮崎自動車道・東九州自動車道 → 清武インターチェンジから → 約15分

                  キャンパスの外観1

                  キャンパスの外観1

                  キャンパス アクセス図

                  キャンパス アクセス図

                  キャンパス 周辺図

                  キャンパス 周辺図

                  校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

                  ■校地、校舎等の施設及び設備その他の教育研究環境(バリアフリーへの対応状況含む)
                  (大学に関係するサテライトキャンパス、運動施設の概要、課外活動に用いる施設、休息を行う環境その他の学習環境、バリアフリーへの対応状況など)

                  校地、校舎等の施設及び設備について

                  【校地面積】
                  本学は、教育学部、工学部、農学部、地域資源創成学部と事務局がある木花キャンパス(778,523㎡)、医学部、附属病院がある清武キャンパス(224,316㎡)を中心として、附属小学校、中学校がある花殿キャンパス(39,980㎡)、附属幼稚園がある船塚キャンパス(21,797㎡)、その他農場、演習林等からなり、校地面積7,826,171㎡を有しています。

                  【校舎等】
                  本学の建物の延面積は288,154㎡です。校舎等の主な施設は、教育学部・地域資源創成学部(講義棟、研究棟、実習棟3棟、教育協働開発センター、附属学校[幼稚園、小学校、中学校])、医学部(基礎臨床研究棟、講義実習棟、臨床研究棟、総合教育研究棟、附属病院、 MRI-CT装置棟、診療棟2棟、救命救急センターヘリポート棟)、工学部(研究棟3棟、講義棟、実験実習棟6棟)、農学部(実験研究棟講義棟、実験研究棟、産業動物教育研究センター、実験実習棟5棟、温室4棟、農業博物館、動物病院、フィールド科学教育研究センター4箇所)等となっています。

                  なお、農業をテーマとした農業博物館は国立大学法人の中では唯一のものであり、小中高生のための科学実験教室等の教育普及活動、学芸員養成のための博物館実習活動、大学祭等での展示活動等を行っています。

                  【諸室等】
                  教育・研究施設の主な諸室は、講義室・ゼミ室が128室、11,755㎡、研究室等が1,015室、28,534㎡、実験・実習・演習室が858室、30,269㎡、情報処理演習室が6室、623㎡、語学演習室が3室、382㎡等となっています。

                  講義室・ゼミ室の利用率は52.6%と比較的余裕のあるものとなっています。すべての講義室には空調設備、液晶プロジェクターを整備、設置しています。また講義室は、体育施設とともに学外への貸し出しを行っています。

                  【共通施設】
                  本学は、共通施設として、木花キャンパスで、附属図書館、創立330記念交流会館、福利施設棟(大学会館)、各センター棟(産学・地域連携センター(産学連携施設、機器分析支援施設)、創造プロジェクト棟、フロンティア科学総合研究センター(遺伝資源分野、RI木花分室)、情報基盤センター、総合研究棟、安全衛生保健センター)、清武キャンパスで、附属図書館医学分館、フロンティア科学総合研究センター(RI清武分室、生物資源分野)等を有しています。

                  運動施設の概要について

                  本学は、運動施設として、木花キャンパスに、体育館(大体育館1503㎡、小体育館340㎡、武道場463㎡)、陸上競技場(400m 7コース)、野球場、サッカー場、ラグビー場、テニスコート(12面)、屋外プール(50m 7コース)、清花グラウンド(野球場、ラグビー・サッカー場)を有しています。清武キャンパスに、体育館、武道場、屋外プール(50m 8コース)を有しています。

                  体育施設の使用は、学内外に開放しており、施設の使用料をお支払いいただくことで、学外の方も体育施設を使用できます。ただし、大学の教育研究活動(授業・課外活動・各種行事など)に支障のない範囲で、かつ教育・学術講演会や研究集会、スポーツ・レクリエーションなど、公共性が高く営利を目的としないものに限ります。また、使用料は前納になっております。

                  学外利用:http://gakumu.of.miyazaki-u.ac.jp/gakumu/images/20190920koteishisansyouh izeizouzeigo.pdf
                  学生、教職員用:http://gakumu.of.miyazaki-u.ac.jp/gakumu/andsoon/sinseisho/download-campuslife.html

                  課外活動施設について

                  課外活動施設名及び主な諸室は次のとおりです。
                  (1) 木花キャンパス
                  ・課外活動施設:合同研修室(男子)63㎡、合同研修室(女子)52㎡、体育系諸室としてトレーニング室51㎡、会議室52㎡、共用室32~81㎡ 7室、文化系諸室として会議室37㎡、演劇等練習室46㎡、共用室23~61㎡ 6室を有しています。
                  ・課外活動施設(音系):大練習場71㎡、中練習場48㎡、小練習場36㎡、共用室24~33㎡ 2室
                  ・サークル棟:サークル室33~34㎡ 7室
                  ・更衣室棟:男子更衣室58㎡、女子更衣室15㎡
                  ・教育文化学部実験研究棟1階:研修室(和室)76㎡、多目的研修室38㎡、学生交流室38㎡
                  ・弓道場、厩舎、馬場
                  (2)清武キャンパス
                  ・サークル棟1:サークル室1(和室)46㎡、サークル室15㎡ 4室
                  ・サークル棟2:サークル室6 46㎡
                  ・弓道場
                  なお、木花キャンパスの合宿研修室、多目的研修室1、多目的研修室2、和室、大学会館多目的ホールは学生、教職員の研修、会合等に使用できます。
                  課外活動施設の利用方法等のURL:http://gakumu.of.miyazaki-u.ac.jp/gakumu/andsoon/sinseisho/download-campuslife/tamokutekikensyusitu

                  休息を行う環境について

                  休息、談話などを行う主なスペースは、教育文化学部講義棟1階ラウンジ53㎡、医学部総合教育研究棟1階ラウンジ84㎡、同棟3~6階リフレッシュコーナー34㎡ 4室、基礎臨床研究棟2~7階 談話スペース13㎡ 6室、工学部B棟(講義棟)2階ラウンジ71㎡、ロビー42㎡、農学部講義棟1階ラウンジ135㎡、総合研究棟2階リフレッシュコーナー39㎡等となっています。

                  その他の学習環境について

                  各学部では一つ以上の部屋を学生の自主的学習室として開放しています。学部以外では、自主的学習室として附属図書館7室、情報基盤センター3室を利用できます。これらの部屋は一部を除き20時または21時まで利用できます。なお、これら学習室の案内を大学ウェブサイト等で行っています。

                  教職大学院では1室を、医学獣医学総合研究科では医学部研究棟の各階に大学院生用の学生自習室を設けています。

                  令和元年度、附属図書館本館の大規模改修により、グループ学修室やコミュニケーションコモンズ等、多様な学修環境を整備し、留学生や社会人等、様々な利用者が共に学び、考え、創る場として整備しました。また、分館も令和元年度、大規模改修により、ラーニングコモンズやグループ学修室、個人学習室など学修機能に合わせたフロア構成で整備し、さらに、1・2階を福利施設と繋ぐことで、より一体化した学生支援施設となりました。

                  バリアフリー等への対応状況について

                  【施設バリアフリー】
                  施設・設備のバリアフリー化は、平成18年度策定の「施設バリアフリー整備計画」に基づき、障害のある学生等が各施設を円滑に利用できるよう、スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉等を計画的に整備しています。主要な校舎等のバリアフリー整備状況は次のとおりです。
                  (1)教育学部・地域資源創成学部
                  ・講義棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、広めの多目的トイレ)
                  ・実験研究棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉、身障者用駐車場)
                  (2)医学部
                  ・講義実習棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  ・基礎臨床研究棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・総合教育研究棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  (3)工学部
                  ・工学部B棟(講義棟)(スロープ、多目的トイレ、広めの多目的トイレ、自動扉)
                  ・工学部A棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・工学部C棟(スロープ、エレベーター)
                  ・工学部E棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、身障者用駐車場)
                  (4)農学部
                  ・講義棟(スロープ、多目的トイレ、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・実験研究棟(北)(多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  ・実験研究棟(南)(多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  ・実験研究棟(獣医)(スロープ、多目的トイレ、エレベーター)
                  ・附属農業博物館(スロープ、多目的トイレ、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・附属動物病院(スロープ、自動扉)
                  (5)その他
                  ・(木花)情報基盤センター(スロープ、多目的トイレ、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・(木花)附属図書館本館(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  ・(木花)福利施設棟(スロープ、多目的トイレ、エレベーター、自動扉)
                  ・(木花)創立330記念交流会館(スロープ、多目的トイレ、自動扉、身障者用駐車場)
                  ・(木花)地域デザイン棟(多目的トイレ、自動扉)
                  ・(清武)附属図書館分館(多目的トイレ、エレベーター、自動扉)

                  【特別な支援を行うことが必要と考えられる学生への支援】
                  肢体不自由等により車椅子を利用する学生については、平成25年度の時点で筋ジストロフィーの学生2名、脳性麻痺の学生1名が在籍しており、車椅子学生用の講義用机やトイレ用ベッドの整備及び基礎物理学実験室の電源コンセントの再配置等を行うとともに、障害学生の教育・研究を担当する教職員のための研修会を開催して学習及び学生生活支援における配慮事項の確認等を行いました。また、TAを雇用し、学生実験等における学習支援を行っています。

                  【耐震化】
                  教育研究施設の耐震化を計画的に実施しており、平成26年度に清武キャンパスの(医)基礎臨床研究棟の耐震改修を実施し、このことにより、本学のすべての教育研究施設の耐震化を完了しました。

                  また、東日本大震災では大規模空間の天井材等が落下する被害が甚大であったことから、本学天井材等の非構造部材の耐震化を計画的に整備することとしました。平成26年度には清武キャンパスの体育館、平成27年度には木花キャンパスおよび附属小学校の体育館、令和元年度には(木花)音楽棟の合奏・合唱実習室を改修しました。

                  【その他】
                  ・「トイレリニューアル整備計画の基本方針」、「屋根防水改修計画の基本方針」(平成19年度策定)に基づき、トイレリニューアル、屋根防水改修整備を計画的に実施してきています。

                  ・平成25年度に、外国人留学生の3分の1を占めるイスラム系学生との文化交流を深め、イスラム文化の研究を推進するために、イスラーム文化研究交流棟を整備しました。

                  ・平成26年度に、創立330記念事業の一環として、学生等の交流と本学の更なる活性化を促すため、木花キャンパス附属図書館の北側に創立330記念交流会館を整備しました。

                  ・平成26年度に、留学生受入計画に基づき、留学生の教育・生活環境の拡充を図るため、木花キャンパスに留学生宿舎約31戸を整備しました。

                  ・平成29年度に、宮崎県の未来のための自立型人材育成の推進に向けた“発想のまち”拠点として、企業の寄附により地域デザイン棟を整備しました。

                  その他、夜間の安全確保のため、木花、清武キャンパスの263箇所に外灯を整備しました。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学生寮

                  学生寮の有無
                  所在地 「男子寄宿舎」宮崎市学園木花台西1-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  木花キャンパス内に設置している。清武キャンパス(医学部)へのアクセスは、車で5分程度である。

                  定員100人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無) 7,000円
                  入寮条件

                  学部の男子学生(日本人学生)

                  特色

                  学部の男子学生を対象とした男子寄宿舎である(昭和63年3月設置、平成24年度全面改修、5階建て)。全室個室(9㎡)で、風呂・トイレは共同である。食事の提供はないが、各フロアに補食室を設置している。入居期間は原則1年以内としているが、学長がやむを得ない事情があると認める場合は、選考基準に基づき入居期間の延長を許可することがある。寄宿料(寮費)以外に、光熱水費7,000円/月を徴収している。学部の男子学生を対象とした男子寄宿舎である(昭和63年3月設置、平成24年度全面改修、5階

                  続きを読む...
                  所在地 「女子寄宿舎」宮崎市学園木花台西1-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  木花キャンパス内に設置している。清武キャンパス(医学部)へのアクセスは、車で5分程度である。

                  定員100人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無) 7,000円
                  入寮条件

                  学部の女子学生(日本人学生)

                  特色

                  学部の女子学生を対象とした女子寄宿舎である(平成2年3月設置、平成24年度全面改修、5階建て)。全室個室(9㎡)で、風呂・トイレは共同である。食事の提供はないが、各フロアに補食室を設置している。入居期間は原則1年以内としているが、学長がやむを得ない事情があると認める場合は、選考基準に基づき入居期間の延長を許可することがある。寄宿料(寮費)以外に、光熱水費7,000円/月を徴収している。学部の女子学生を対象とした女子寄宿舎である(平成2年3月設置、平成24年度全面改修、5階建

                  続きを読む...
                  所在地 「国際交流宿舎」宮崎市学園木花台西1-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  木花キャンパス内に設置している。清武キャンパス(医学部)へのアクセスは、車で5分程度である。

                  定員165人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無) 4,700円
                  入寮条件

                  ①学部学生(日本人学生)、②大学院学生(日本人学生)、③外国人留学生(ただし、科目等履修生等を除く。)

                  特色

                  日本人学生と外国人学生を対象とした混住型の寄宿舎である(平成6年8月設置、8階建て。男子100室、女子65室)。全室個室(11㎡、トイレ付き)で、風呂は共同である。食事の提供はないが、各フロアに補食室を設置している。入居期間は原則1年以内としているが、学長がやむを得ない事情があると認める場合は、選考基準に基づき入居期間の延長を許可することがある。寄宿料(寮費)以外に、光熱水費7,300円/月を徴収している。日本人学生と外国人学生を対象とした混住型の寄宿舎である(平成6年8月設置、8階建て。男子1

                  続きを読む...
                  所在地 「国際交流宿舎Ⅱ」宮崎市学園木花台西1-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  木花キャンパス内に設置している。清武キャンパス(医学部)へのアクセスは、車で5分程度である。

                  定員
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)
                  入寮条件

                  外国人留学生及びその家族

                  特色

                  外国人留学生及びその家族を対象とした寄宿舎である(平成6年8月設置、4階建て)。夫婦室が2室(40㎡)、家族室が2室(56㎡)あり、寮費はそれぞれ9,500円、14,200円である。居室内に風呂・トイレ・キッチンを設置している。入居期間は原則1年以内としているが、学長がやむを得ない事情があると認める場合は、選考基準に基づき入居期間の延長を許可することがある。寄宿料(寮費)以外に、光熱水費を実費徴収している。外国人留学生及びその家族を対象とした寄宿舎である(平成6年8月設置、4階建て)。夫婦室が2

                  続きを読む...

                  全て表示 折り畳む