ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  国際資源学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  資源地球科学専攻 2年 修士(資源学)、修士(理学)
                  資源開発環境学専攻 2年 修士(資源学)、修士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  国際資源学研究科は、持続的社会の実現のため資源地球科学分野および資源開発環境学分野に関する高度な知識と専門性に裏付けられた最先端の教育・研究を進め、地球科学から資源開発、環境保全に至る広範な知識を習得し、グローバルリーダーとして活躍できる人材の養成を目指します。教育プログラムとしては、博士前期課程と博士後期課程のプログラムを用意しています。目指す人材を養成するため、各課程において次の方針に基づき教育を行います。
                  1. 環境との調和を念頭に、地球規模の金属、非金属資源、石油、天然ガス資源に関わる資源分野の基礎から応用まで幅広い高度な専門知識を身に着ける能力を養成します。
                  2. 各専門分野の研究を通じた教育により、研究の推進能力に加え、高い倫理性を備え、自ら課題解決に取り組める能力を養成します。
                  3. 講義、演習、論文発表や口頭発表などを通じて、資源学分野におけるグローバルリーダーとして活躍できるコミュニケーション能力と英語力を養成します。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  国際資源学研究科博士前期課程では、次のような知識、技術、態度等を身につけた学生に、 「修士(資源学)」、「修士(理学)」または「修士(工学)」の学位を授与します。
                  1. エネルギー資源や金属資源などの資源形成過程の解明や探査、開発における課題解決のため、資源技術者・研究者としての知識・技術を身につけ、それらを応用できる能力を有すると認定された場合に修士(資源学)が授与されます。
                  2. 野外での地質調査や実験室での分析を通じて、資源の形成過程と、それらをもたらした地史解明からの資源分布予測など、地球科学的知識・技術を身につけ、それらを応用できる能力を有すると認定された場合に修士(理学)が授与されます。
                  3. エネルギー資源や金属資源などの地球資源の鉱量評価、開発手法、環境保全などに関する様々な課題解決のため、技術者・研究者としての工学的知識・技術を身につけ、それらを応用できる能力を有すると認定された場合に修士(工学)が授与されます。

                  以下は、修士(資源学・理学・工学)の学位に共通する授与方針です。

                  4.該当する専攻の専門技術に関する高度な知識とそれらを問題解決に応用できる能力
                  5.継続的に学習でき、業務・研究を遂行できる能力
                  6.技術者・研究者として倫理規範を守り、業務・研究を遂行する能力
                  7.技術者・研究者として業務・研究を遂行するためのコミュニケーション能力
                  8.業務等における協働力やマネージメント能力
                  9.技術者・研究者として、社会の課題を抽出し、具現化する能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野