ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育文化学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教育課程 4年 学士(学校教育)
                  地域文化学科 4年 学士(地域文化)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育文化学部では、ディプロマ・ポリシーを達成するため、次のような方針に基づいて教育課程を構成しています。

                  (教育課程編成方針)
                  1.人文科学、社会科学、自然科学を横断統合し、主体的に学べる学際的なカリキュラムを構成する
                  2.初年次ゼミから卒業研究までの一貫した学習指導の体制を取り、学生のニーズに応じたカリキュラムを構成する
                  3.学部の共通科目として、人間発達に関わる科目を配することで、学部共通の基盤的な知識・技能を習得できるカリキュラムを構成する
                  4.教養、基礎、専門科目の構造的・体系的な配置により、諸事象を多角的・多面的にとらえるカリキュラムを構成する
                  5.学生参加型授業を推進し、授業内容・方法の工夫・改善を図り、問題解決力や社会的実践力の育成に資するカリキュラムを構成する

                  [学校教育課程]

                  (教育課程編成方針)
                  1.学校教育を中心に、人間発達に関わる基礎的、理論的な知識・技能を重視し、歴史的、国際的、科学的な視野を育てるカリキュラムを構成する
                  2.4年間を通じて段階的に教育実践科目を位置づけることで、理論と実践との往還をはかりながら授業実践力を身につけられるカリキュラムを構成する
                  3.地域の課題、地域の特色を積極的に取り入れた教材開発と授業デザイン力の育成を目指したカリキュラムを構成する
                  4.学校園等を訪問し、教育、保育実践に参加するボランティアなど、大学と現場が密接に協力した授業などを設定する
                  5.自然科学や人文科学、芸術、スポーツに関する基礎的な知識・技能を育成するための授業を設定する

                  (学修方法・学修過程)
                  1年次では、教育・学習に関わる基礎的能力を身につけることを目的として、基礎教育科目群を中心に履修する。 また、現場実践力の基礎を身につけるために実践科目群を履修する。
                  2~3年次では、人間を深く共感的に理解し、よりよい人間関係を構築しつつ、コミュニケーション能力を身につけるために実践科目群を履修する。平行して教育・保育関連分野の内容や指導法を専門科目群で学び、教育方法の知識や技術等の教育・学習に関わる実践力を修得する。
                  4年次では、教育・学習に関わる勉学の集大成として、実践的な研究に取り組み、高度に教育する能力を身につける。

                  [地域文化学科]

                  (教育課程編成方針)
                  1.地域生活の実相と課題に対する認識を深めるために、統計処理やフィールドワークなどを組込んだカリキュラムを構成する
                  2.国際化という時代の要請に応えるために、外国語の実践的な言語運用能力の習得を目指したカリキュラムを構成する
                  3.講義、演習、実習・実験科目をバランスよく配して、実社会を見据えながら理論や知識の習得、スキルの獲得が行えるようにカリキュラムを構成する
                  4.コアカリキュラム等、学生参加型・地域連携型の授業を推進し、問題解決力や社会的実践力の育成に資するカリキュラムを構成する
                  5.基幹科目・発展科目を設定し、専門的知見に基づく諸事象への洞察力を養うカリキュラムを構成する

                  (学修方法・学修過程)
                  1年次では、基礎的な学術知識および外国語・情報処理の能力を身につけ、基礎的なフィールドワーク(地域調査)を体験し、その成果を集団で公表して質疑に答える能力を養う。
                  2~3年次では、基本的な社会科学・人文科学の研究法等をふまえ、多彩な講義・演習・実習を通じて、地域社会あるいは地域文化を主体的に研究する基本能力、地域で役立つコミュニケーション能力(応用的な外国語能力を含む)を身につける。そのうえで、多様な地域社会・国際文化・心理実践に関わる専門的な研究能力を高めるとともに、地域連携あるいは地域研究の実際を体験する。その成果を地域に開かれた場で公表し、地域との対話が可能となる能力を磨く。
                  4年次では、地域社会・国際文化・心理実践に関わる学修の集大成として、卒業研究を学術論文として仕上げ、ローカルおよびグローバルな観点から問題を見いだして解決を図ることができる、地域現場での実践力を養成する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   本学で学修する授業科目は、内容により教養教育科目、基礎教育科目、専門教育科目に区分される。
                   教養教育科目は、幅広く深い教養、多角的でしなやかな思考力、総合的かつ自律的判断力を培い、豊かな人間性を涵養することを理念としている。初年次ゼミや、主題別科目、国際言語科目、スポーツ文化科目から構成されており、課程・学科、コースを問わず全学生が履修すべきものである。
                   基礎教育科目は、本学部の目的である、人間の発達への深い理解にたって、人間存在をめぐる現代的課題を総合的に探求し、新たな生活文化の創造を担う人材を育成するという観点から、本学部に所属する学生が共通に履修すべき科目を中心に構成されている。
                   専門教育科目は、専門基礎科目、基盤科目、基幹科目、実践科目、特定領域科目、発展科目(卒業研究を含む)からなる。これらの科目では、それぞれが所属する課程・学科、コースの専門性を深める。卒業研究は大学での学修の成果を基盤として、選択した研究課題に取り組み、そのまとめを論文や作品等の形で行うものである。専門基礎科目と基盤科目は、課程・学科の共通科目であり、各コースに共通する教育内容に対する総合的な理解を図るものである。基幹科目は、課程・学科それぞれのコース共通科目である。学校教育課程においては、教科教育学や特別支援教育学、教育学、教育心理学、幼児教育・保育学に関わる深い理解を形成するとともに、教科専門科目により、中学校教諭免許状取得のための教科に関わる小学校と中学校の専門的内容を深めるものである。地域文化学科においては、専攻しようとする学問分野の別にかかわらず、コースの学生が共通して幅広く学ぶべき科目群として設定されている。
                   実践科目は、学校教育課程固有の科目群で、教育実習をはじめとする実地体験型の科目で構成されている。大学で学んだ理論を、実践することを通していっそう確かに理解し、実践的な指導力を培うものである。これに対し、地域文化学科における発展科目は、特定の学問分野について指定された単位数以上を履修することで、より深い学問的専門性を身につけるものである。
                   専門教育科目内自由選択科目は、課程で開設されている専門教育科目の内、必修科目と単位修得済みの選択必修科目以外から選択するものである。また自由選択科目は、教養教育科目や基礎教育科目、他のコースの専門教育科目から自由に選択できるものである。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教育文化学部では、次のような知識・技能、態度等を身につけた学生に「学士(学校教育)」または「学士(地域文化)」の学位を授与しています。

                  1.人間発達を中核とした、幅広い諸科学の基礎的な体系の理解
                  2.日本語や他の言語を適切に運用する能力
                  3.さまざまな人々と協働するためのコミュニケーション能力
                  4.さまざまな情報を適切に収集し、科学的・批判的に分析・処理し、創造的に発信する能力
                  5.得られた知識、情報を活用し、人間存在をめぐる現代的課題を総合的、多面的に探求する能力
                  6.人権が尊重され、平和で民主的、かつ持続可能な社会の進展のために、自らの知識・能力を活用し、人々と協力しながら主体的に行動する態度
                  7.主体的に学び続け、専門的な知の継承・発展・創造に寄与しようとする態度
                  8.社会人として、また専門的職業人としての高い倫理観、使命感、責任感をもって行動する態度

                  学士(学校教育)
                  1.学校教育に関する専門的知見を有し、地域の教育と人々の成長・発達を支え、発展させていこうとする使命感、責任感
                  2.教育・学習にかかわる基礎的な理論や原理を理解するとともに、授業デザイン、教材研究、授業技術、実践省察など、基礎的な教育実践力
                  3.人間、特に子どもを深く共感的に理解し、個々の成長発達を支援するとともに、健全な集団・組織づくりに寄与することができる能力
                  4.子ども、保護者、地域住民、そして仲間とのコミュニケーション能力を有し、よりよい人間関係を構築していくことができる能力
                  5.自然科学や人文科学、芸術、スポーツが人間にもたらす価値を理解し、それらの創造・発展に寄与することができる能力

                  学士(地域文化)
                  1.地域社会の風土・文化に対する確かな見識と社会的課題を解決するために必要な幅広い教養
                  2.社会のニーズを理解し、ローカルとグローバルの双方向的な視点から問題解決を図ることができる能力
                  3.日本と世界の多様な文化を理解し、人間社会のあり方を深く考察することができる能力
                  4.一定水準の外国語運用能力を有し、文化的背景を踏まえて、異なる文化圏に属する人々とコミュニケーションが図れる能力
                  5.生活の質的向上や、地域における文化等の活性化および新たな生活文化の創造を主体的に担おうとする態度
                  6.ディベートやプレゼンテーションを通して、自らの考えを明確に説明できる能力
                  7.高いコミュニケーション能力と協調性をもって、協働しながら諸課題の解決に取り組むことができる能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料:30,000円
                  入学料:282,000円

                  ※検定料や入学料とは別に、授業料:(年額)535,800円がかかります。なお、入学時・在学中に授業料が改定された場合は、改定時から新授業料が適用になります。

                  専攻分野

                  その他専攻分野