ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部保健学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学科 4年 学士(看護学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  医学部保健学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するために、次のような方針に基づいて教育課程を構成します。
                  (教育課程編成方針)
                  1. 教養基礎教育、専門基礎教育、専門教育の系統立てた配置により、人々の健康、特に地域医療およびチーム医療に貢献できる医療専門職者を養成するカリキュラムを構成する。
                  2.教養教育科目、基礎教育科目では、医療専門職者として求められる、コミュニケーション能力、探究心、柔軟で豊かな人間性、倫理性などの能力を修得することができるカリキュラムを構成する。
                  3. 専門基礎科目では、それぞれの専門分野にすすむための、基礎的な知識(人体の構造と機能、人間発達および社会福祉など)を修得することができるカリキュラムを構成する。
                  4. 専門科目では、専攻ごとに特色を持ち、講義や実習を通じてそれぞれの専門分野に必須の知識や技術を修得するカリキュラムを構成する。また、卒業研究を通じて、課題を自ら探究し問題解決能力を身につけることができるカリキュラムを構成する。
                  5. 臨床実習、臨地実習では、医療専門職者に求められる知識、技能、態度、判断力を統合し、実践することができるカリキュラムを構成する。
                  (学修方法・学修過程)
                  1年次には、幅広い知識と教養そしてコミュニケーション能力を身につけることを目的に、教養教育科目、基礎教育科目、専門基礎科目、一部の専門科目を履修する。また、多職種連携や課題探究能力を養うことを目的に、初年次ゼミを履修する。
                  2年次には、専門分野の基本的な知識や技術を修得し、医療行為を安全に実施することを目的に、専門基礎科目、実技演習などの専門科目、基礎実習を履修する。
                  3年次には、確かな知識と技術を身につけ、対象に適切な医療行為や援助ができることを目的に、専門科目、臨床実習を履修する。
                  4年次には、医療専門職者として知識、技能、態度、判断力を統合し実践することを目的に、臨床実習、臨地実習を履修する。また、課題を自ら探究し問題解決能力を身につけることを目的に、卒業研究を履修する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育課程の特色については、保健学科ホームページに記載している各専攻の説明をご参照ください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医学部保健学科では、次のような知識、技能、態度等を身につけた学生に、「学士(看護学)」
                  または「学士(保健学)」の学位を授与します。
                  1. 豊かな人間性や教養と倫理性:柔軟で豊かな人間性や高い教養を有し、医療に携わるものとしての倫理を遵守できる能力
                  2. コミュニケーション能力:医療、保健、福祉チームの一員として協調して行動し、患者、障害のある人々、それらの家族などを理解し、良好な関係を構築できる能力
                  3. 確かな知識と技能:専門的知識や技術を修得し、基本的な医療行為を安全に実施することができる能力
                  4. 向上心と適応性:進歩し続ける医学や医療に興味を持ち学習し、生涯にわたり自らを高め、その成果を取り入れることができる能力
                  5. 課題探求と問題解決能力:課題を自ら探求し、科学的な評価と検討のもと、その問題解決のために努力することができる能力
                  6. 貢献できる能力:患者、障害のある人々の回復や、地域住民の健康維持や増進、国際社会での医療・保健活動などを支援し貢献することができる能力
                  以降は、学位毎に求められる素養です。
                  学士(看護学)
                  自己の責任と能力を認識し、科学的根拠に基づいた看護が実践できる能力
                  学士(保健学)
                  障害を持つ人々を理解し、社会復帰に向けて多職種と連携して支援できる能力

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料:30,000円
                  入学料:282,000円

                  ※検定料や入学料とは別に、授業料:(年額)535,800円がかかります。なお、入学時・在学中に授業料が改定された場合は、改定時から新授業料が適用になります。

                  専攻分野

                  その他専攻分野