ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  芸術地域デザイン学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  佐賀大学芸術地域デザイン学部規則 第2条 (学部の目的)

                  本学部は,芸術で地域を拓き,芸術で世界を拓く人材を育成することを目的とする。

                  詳細URL https://kiteikanri2011.admin.saga-u.ac.jp/doc/rule/1035.html
                  上記URLにて,各コースの目的についてもご覧いただけます。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  【教育目的と入学後の学習に必要な能力や適性等】
                  芸術地域デザイン学部は,創造性や高い技能をもち,新しい芸術表現を実現できる人材,また,地域が有する問題や状況に芸術を手段として柔軟に対応し,芸術を社会に紹介したり,芸術で社会を活性化したりできる人材の養成を目的とします。各コースの教育目的,カリキュラム編成と本カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等,そして入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組みは以下の通りです。

                  ■芸術表現コース
                  現代の様々な問題に主体的かつ積極的に取り組み,芸術を自ら創造・表現し,美術・工芸や有田セラミックの専門的知識を修得するとともに,芸術を多面的・総合的に学ぶことで社会の中で自らの活動をマネジメントできる能力を身につけることにより,地域創生に貢献する人材を養成します。そのためのカリキュラム編成と本カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組みは以下の通りです。
                  カリキュラム編成・カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等
                  ・教養教育科目
                  自然,文化,社会に関する基礎的な知識を修得するために,専門に関する特定の教科や科目に留まらない幅広い知識や考え方を身に付けておくとともに,外国語科目(英語)を履修するための基本的な英語の学習力が必要です。
                  ・インターフェース科目
                  現代社会の諸問題との接続を意識した問題発見能力や解決能力を修得するために,現代的な課題や事象に対する興味・関心だけでなく,学生同士のグループ学習やプレゼンテーションなどを含むアクティブ・ラーニングを積極的に行っていくための主体的な行動力や学習態度が必要です。
                  ・学部共通科目
                  芸術表現,地域デザインの両分野で共通的に身に付けるべき知識や技能,考え方などを授業や演習,フィールドワークを通じて修得するために,高等学校までに修得すべき幅広い教科・科目の知識と技能とともに,主体的な行動力と他者との基本的なコミュニケーション能力は不可欠です。なお,芸術表現の技能や巧拙は,共通科目を履修する上で前提とはなりませんが,芸術表現や地域デザインの両分野に対する興味・関心を有していることは必要です。
                  ・専門科目
                  独自の芸術表現とそれを支える技術,芸術の歴史や素材・技法に関する知識,経営的な視点を持ち,芸術を多面的・総合的に捉える能力を修得するために,高等学校で習得すべき基礎的学力とともに芸術についての知識,また,自らの手による描写力,発想力など芸術表現に関わる基本的な技能が不可欠です。
                  ・卒業研究
                  学生各自が設定した課題を最終学年の1年間をかけて掘り下げることで,論文あるいは作品として仕上げることを求めるため,3年次までの教育課程で十分に学習できていることが前提となります。また,卒業研究は少人数形式で行うため,積極的に議論や活動へ参加する態度や,周囲とのコミュニケーションを通じて,制作活動等を活性化できるような能力や姿勢を持っていることは有効です。

                  〈入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み〉
                  芸術表現コースで学ぶにあたって大きく3つの事を意識してください。1つ目は「活力」です。芸術が果たしてきた役割を学びつつ,これからの社会とどのようにつながることが出来るかを想像してください。主体的な自己が生まれ,同時に活力を生み出す事が出来ます。2つ目は「理知」です。身の回りの現実に起こる出来事に興味を持ち,気になる事に少し立ち止まりながら知識を深めてください。様々な分野の事が複雑に関係している世界の様々な兆候を見逃さない感性が育まれ,理知へと発展します。3つ目は「発信」です。自分の好きなものや気になることを誰かに積極的に伝えてください。それは活力と理知を伴って社会への発信へ変わります。これらの事を入学前から意識することで,より有意義な大学生活が送れるはずです。
                  上記のことに加え,自らの学習活動や取り組みなどを通して,周囲の学生にも良い刺激をもたらすことで,本学科の教育・研究活動を活性化できる「主体的に学ぶ態度」を持った学生を歓迎します。

                  ■地域デザインコース
                  地域資源をデザインの手法を使ってコンテンツ化し,地域創生に貢献できる人材,キュレーター(学芸員)やアートコーディネーターとして国内・海外の文化芸術振興に寄与できる人材,また,まちづくり,地域創生等のコーディネーターやリーダーとして地域社会に貢献できる人材を養成します。そのためのカリキュラム編成と本カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組みは以下の通りです。

                  カリキュラム編成・カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等
                  ・教養教育科目
                  自然,文化,社会に関する基礎的な知識を修得するために,専門に関する特定の教科や科目に留まらない幅広い知識や考え方を身に付けておくとともに,外国語科目(英語)を履修するための基本的な英語の学習力が必要です。
                  ・インターフェース科目
                  現代社会の諸問題との接続を意識した問題発見能力や解決能力を修得するために,現代的な課題や事象に対する興味・関心だけでなく,学生同士のグループ学習やプレゼンテーションなどを含むアクティブ・ラーニングを積極的に行っていくための主体的な行動力や学習態度が必要です。
                  ・学部共通科目
                  芸術表現,地域デザインの両分野で共通的に身に付けるべき知識や技能,考え方などを授業や演習,フィールドワークを通じて修得するために,高等学校までに修得すべき幅広い教科・科目の知識と技能とともに,主体的な行動力と他者との基本的なコミュニケーション能力は不可欠です。なお,芸術表現の技能や巧拙は,共通科目を履修する上で前提とはなりませんが,芸術表現や地域デザインの両分野に対する興味・関心を有していることは必要です。
                  ・専門科目
                  地域デザインの理論と実践力,芸術の歴史や素材・技法に関する知識,経営的な視点から芸術を多面的・総合的に捉える能力について,授業や演習,フィールドワークを通じて修得するために,高等学校で習得すべき幅広い教科・科目の基礎的学力とともに,地域社会が抱える問題についての基礎的な知識,様々な資料や情報を読み解くための基礎的な読解力,論理的思考力,分析力,考察力に加え,自分の考えを発信する表現力,企画力,発想力等が必要です。
                  ・卒業研究
                  学生各自が設定した課題を最終学年の1年間をかけて掘り下げることで,論文あるいは作品として仕上げることを求めるため,3年次までの教育課程で十分に学習できていることが前提となります。また,卒業研究は少人数形式で行うため,積極的に議論や活動へ参加する態度や,周囲とのコミュニケーションを通じて,制作活動等を活性化できるような能力や姿勢を持っていることは有効です。

                  〈入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み〉
                  地域デザインコースで問われるのは,芸術表現の技能・巧拙ではありません。地域デザインコースにおける4年間の教育課程を確実に修得するためには,高等学校で履修する教科・科目を広く学んでおくことが重要です。特に,国語,英語の基礎的な学力を有していることが求められます。これらの幅広い基礎的な学力をもとに,自分の考えを分かり易く,文章や絵,図表などを多角的に組み合わせることで口頭で表現できる企画力,発想力,表現力が必要です。将来,国内・海外の文化芸術振興,あるいはまちづくり,地域創生等に貢献できる人材となるためには,地域社会にとどまらない幅広い視野と強い関心を持つことも重要です。読書などを通して知識教養を深めるとともに,大学入学前にボランティア活動や学校内外での諸活動など,地域や社会全般に関わる何らかの実践を経験できる機会があれば,積極的に挑戦することを期待します。
                  上記のことに加え,自らの学習活動や取り組みなどを通して,周囲の学生にも良い刺激をもたらすことで,本学科の教育・研究活動を活性化できる「主体的に学ぶ態度」を持った学生を歓迎します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【佐賀大学芸術地域デザイン学部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)】
                  1)芸術表現コースの教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)
                  ① 健全で潤いのある地域社会の構築に関わる一員として,社会科学,人文科学,自然科学の幅広い教養とコミュニケーション力,情報活用能力等のスキルを身につける。
                  ② 主体性,積極性,協調性,発想力,企画力,リーダーシップなどの特性を身につける。
                  ③ 独自の芸術表現とそれを支える技術,芸術の歴史や素材・技法に関する知識,経営的な視点を持ち,芸術を多面的・総合的に捉える能力を身につける。
                  ④ 優れた芸術表現を通して,地域の活性化に寄与できる方法論を身につける。
                  2)地域デザインコースの教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)
                  ① 健全で潤いのある社会の構築に関わる社会の一員として,社会科学,人文科学,自然科学の幅広い教養とコミュニケーション力,情報活用能力等のスキルを身につける。
                  ② 主体性,積極性,協調性,発想力,企画力,リーダーシップなどの特性を身につける。
                  ③ 地域デザインの理論と実践力,芸術の歴史や素材・技法に関する知識,経営的な視点を持ち,芸術を多面的・総合的に捉える能力を身につける。
                  ④ 優れた地域デザインの能力を駆使し,芸術を通して地域の活性化に寄与できる方法論を身につける。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【佐賀大学芸術地域デザイン学部の学位授与の方針(ディプロマポリシー)】
                  1)芸術地域デザイン学部芸術地域デザイン学科の学位授与の方針(ディプロマポリシー)
                  ①基礎的な知識と技能
                  芸術とそれを取り巻く諸学問の基礎的な理論・知識・技能を身につけ,それを地域創生・地域貢献に活かしていくことができる。
                  ②課題発見・解決能力
                  芸術と人間のかかわりについての問題意識をもち,芸術が人間社会に対してなしうることを,身近な環境の中から発見する能力を身につけている。
                  ③個人と社会の持続的発展を支える力
                  芸術や言葉を媒介としたコミュニケーションによって,よりよい社会の形成に貢献できる能力を身につけている。
                  2-1)芸術表現コースの学位授与の方針(ディプロマポリシー)
                  ①基礎的な知識と技能
                  芸術表現の基礎とそれを支える技法や素材に対する知識を身につけ,それを地域創生・地域貢献に活かしていくことができる。
                  ②課題発見・解決能力
                  美術の造形やデザインが人間社会にどのような影響を与えることができるかについて問題意識をもち,それらを追及していく強い意志をもっている。
                  ③個人と社会の持続的発展を支える力
                  美術を通してよりよい社会の形成に寄与していく強い意志をもっている。
                  2-2)地域デザインコースの学位授与の方針(ディプロマポリシー)
                  ①基礎的な知識と技能
                  地域デザインの基礎的な理論と実践力を身につけ,それを地域創生・地域貢献に活かしていくことができる。
                  ②課題発見・解決能力
                  芸術活動を通して,人間社会にどのような積極的な意味を見出していけるかを考え,それらを追求していく強い意志をもっている。
                  ③個人と社会の持続的発展を支える力
                  芸術活動を通してよりよい社会の形成に寄与していく強い意志をもっている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  ■芸術表現コースの教育目標
                  ・美術・工芸
                  「手わざ」を基礎にして、オリジナリティのある表現力を養成します。日本画、西洋画、彫刻、視覚伝達デザイン、漆・木工芸、染色工芸、ミクストメディアから適性に合わせて専門分野を選択し、表現や技術を学びます。描くこと、作ることを通した表現力の養成は、60年以上続く美術・工芸教室の伝統です。
                  ・有田セラミック
                  “やきもの”を産業・文化・表現・科学など様々な角度からとらえ、伝統的であると同時に革新を伴う、時代に強くアピールできるもの作りを探求します。有田窯業大学校から移行した国内最高クラスの施設環境の中で、国際的な陶磁教育とセラミック研究により、専門性の高い人材を養成します。

                  ■地域デザインコースの教育目標
                  ・地域コンテンツデザイン
                  デジタルメディアやテクノロジーを効果的に活かして、地域資源をコンテンツ化し芸術やデザインとして提案ができる人材を育成します。デザインの理念や技能とともに、発想力・表現力・企画力・行動力などを伴ってローカル・グローバルを問わず社会に貢献できる力を身につけます。
                  ・キュレーション
                  学芸員を養成します。芸術のみならず、経営、保存科学などの知識やスキルを駆使して、地域の遺産や資料を保護・管理したり、それらを活用した企画・運営に携わったりするための応用力もつけます。
                  ・フィールドデザイン
                  自治体でまちづくりなどの地域創生のために働く人材を養成します。地理学、都市デザイン、文化財保護、経営などの知識を活かし、自治体以外にも企業やマスコミなどで活躍する人材の養成にも力を入れます。

                  続きを読む… 折り畳む