ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  先進健康科学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  先進健康科学 2年 修士(医科学)、修士(看護学)、修士(理学)、修士(工学)、修士(農学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【先進健康科学研究科 教育課程編成・実施の方針】
                  本研究科において学位授与の方針を具現化するため,以下の方針の下に教育課程を編成し,教育を実施する。
                  1.教育課程の編成
                  (1)学位授与の方針1.を達成するために,「専攻共通科目」及び「専門科目」を配置する。
                  (2)学位授与の方針2.を達成するために,「特別研究」を配置する。
                  (3)学位授与の方針3.を達成するために,「大学院教養教育プログラム」及び「自然科学系研究科共通科目」を配置する。
                  (4)学位授与の方針1.2.3.を達成するために,修士論文の審査及び最終試験を実施する。
                  2.教育の実施体制
                  (1)各コースの研究指導及び授業科目の教育内容に適した専門性を有する教員を配置する。
                  (2)開講前に授業科目のシラバスを作成する。
                  (3)閉講後には学生による授業評価アンケートに基づく教育改善を実施する。
                  3.教育・指導の方法
                  (1)各授業科目は,シラバスに明示された講義概要,授業計画に従って実施する。
                  (2)各学生に指導教員ならびに副指導教員を配置し,履修指導や研究支援,修士論文執筆指導を行う。
                  4.成績の評価
                  (1)成績評価は,シラバスに明示された基準に従って厳格に行う。
                  (2)修士論文審査及び最終試験は,主査1名,副査2名以上によって実施する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  履修モデル、カリキュラムマップ等については、大学HPの「在学生の方へ」の「履修の手引き」から、先進健康科学研究科の「履修案内」をご覧ください。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【先進健康科学研究科学位授与の方針】
                  本研究科では,学生が身につけるべき以下の具体的学習成果の達成を学位授与の方針とする。所定の単位を修得するとともに,修士論文を提出した者に対して修了判定を行い,先進健康科学研究科委員会の議を経て,学長が修了を認定し,学位を授与する。
                  1.所属する専攻やコースなどの専門分野における学問領域において,先端の高度な専門知識を身につけている。
                  2.研究活動を通して実践的な知識を身につけるとともに,科学的思考力と洞察力を養い,専門分野及び関連する分野における諸問題の解決に自律的に取り組む能力を身につけている。
                  3.専門分野の枠を超えて,幅広い教養と広範な視野をもち,地域や社会に貢献するための意欲と実践力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  数学・情報科学・統計学
                  化学
                  生物学・生化学・バイオ
                  資源学
                  機械工学・自動車工学
                  電気・電子・通信工学
                  システム・制御工学
                  情報工学・コンピューター
                  応用生物学(生物工学)
                  金属・材料工学
                  医用工学・生体工学
                  農学
                  生物生産学・生物資源学
                  生態学
                  医学・医師養成課程
                  生命科学
                  看護
                  介護・福祉
                  医療・保健・衛生
                  理学療法・作業療法・リハビリテーション学

                  その他専攻分野