ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  佐賀大学憲章
                  佐賀大学は,これまでに培った文,教,経,理,医,工,農等の諸分野にわたる教育研究を礎にし,豊かな自然溢れる風土や諸国との交流を通して育んできた独自の文化や伝統を背景に,地域と共に未来に向けて発展し続ける大学を目指して,ここに佐賀大学憲章を宣言します。

                  ■魅力ある大学
                  目的をもって活き活きと学び行動する学生中心の大学づくりを進めます
                  ■創造と継承
                  自然と共生するための人類の「知」の創造と継承に努めます
                  ■教育先導大学
                  高等教育の未来を展望し,社会の発展に尽くします
                  ■研究の推進
                  学術研究の水準を向上させ,佐賀地域独自の研究を世界に発信します
                  ■社会貢献
                  教育と研究の両面から,地域や社会の諸問題の解決に取り組みます
                  ■国際貢献
                  アジアの知的拠点を目指し,国際社会に貢献します
                  ■検証と改善
                  不断の検証と改善に努め,佐賀の大学としての責務を果たします

                  続きを読む… 折り畳む

                  大学の基本情報

                  大学名
                  佐賀大学
                  本部所在地
                  佐賀県佐賀市本庄町1 
                  設立年(設置認可年)
                  2003
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
                  0952-28-8113
                  大学の種類
                  国立・大学(大学院大学を含む)
                  総学生数(学部)
                  5,952人
                  総学生数(大学院)
                  814人
                  総教員数(本務者)
                  690人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                  佐賀大学学則 第2条 (目的)
                  本学は,教育基本法(平成18年法律第120号)第7条の規定の趣旨にのっとり,国際的視野を有し,豊かな教養と深い専門知識を生かして社会で自立できる個人を育成するとともに,高度の学術的研究を行い,さらに,地域の知的拠点として,地域及び諸外国との文化,健康,社会,科学技術に関する連携交流を通して学術的,文化的貢献を果たすことにより,地域社会及び国際社会の発展に寄与することを目的とする。

                  詳細URL https://kiteikanri2011.admin.saga-u.ac.jp/doc/rule/432.html

                  ■大学機関別認証評価及び大学機関別選択評価事項B 評価結果について

                   本学は,平成27年度に大学評価・学位授与機構による認証評価を受審し,大学全体として「大学評価基準を満たしている」との評価を受けました。
                   これは,佐賀大学憲章において高等教育の未来を展望し,社会の発展に尽くす「教育先導大学」を標榜し,さまざまな取組を実施してきた成果だと受け止めております。
                   また,認証評価と同時に受審した大学機関別選択評価事項B「地域貢献活動の状況」においては,本学の地域貢献活動の状況について,「目的の達成状況が極めて良好である。」との高い評価を受けております。
                   優れた点として挙げられた事項については,今後とも積極的に取り組み,学生及び保護者の方々をはじめとする関係者の期待にお応えできるよう,さらなる教育研究の質の向上に取り組んで参ります。


                  大学機関別認証評価 評価結果詳細URL
                  http://www.saga-u.ac.jp/hyoka/gakugai/19-2kininsyo/jikohyoka02/hyokahoukoku02.pdf

                  大学機関別選択評価事項B 評価結果詳細URL
                  http://www.saga-u.ac.jp/hyoka/gakugai/19-2kininsyo/jikohyoka03/hyokahoukoku03.pdf

                  大学の特色等

                  1)佐賀の地域において高等教育を担う総合大学
                   本学は,6学部・5研究科を備えた総合大学として,県内はもとより,隣接する福岡県,長崎県など九州各地からの入学生が大半(92.2%)を占め,地域の学生に対して幅広い高等教育を提供している。特に,佐賀県内の5大学及び放送大学佐賀学習センターと共に設立した「大学コンソーシアム佐賀」により,県内の高等教育の普及を図っている。

                  2)研究教育拠点を広く地域に展開
                   海洋温度差発電など海洋エネルギーの活用を研究し,平成22年度から共同利用・共同研究拠点の認定を受けた海洋エネルギー研究センター(本庄キャンパス・伊万里市・沖縄県島尻郡久米島町),有明海などの沿岸海域や低平地の環境を研究する低平地沿岸海域研究センター(本庄キャンパス),「佐賀の大学」を象徴する地域学歴史文化研究センター(本庄キャンパス),地域医療の教育研究拠点として国立大学で初めての医学部附属地域医療科学教育研究センター(鍋島キャンパス),中北部九州における農業に関する研究及び農医文理融合型の新領域研究をプロジェクト型研究として推進する農学部附属アグリ創生教育研究センター(佐賀市・唐津市)を持ち,地域に密着した研究教育を進めている。また,シンクロトロン光応用研究センターが,鳥栖市に設置されている佐賀県立九州放射光施設を中心に,九州地区の大学など諸機関と連携して研究教育を進めている。さらに,佐賀県との協働により佐賀県立有田窯業大学校を移管し,平成29年4月に有田キャンパスを開設するとともに,肥前セラミック研究センターを設置し,窯業人材育成に係る教育研究の地(知)の拠点としての活動を開始した。

                  3)地域社会との連携
                   佐賀県,佐賀県市長会,佐賀県町村会,佐賀県商工会議所連合会,佐賀県商工会連合会及び本学が,多様な分野で連携協力し,佐賀県の発展と人材育成に寄与することを目的とする「佐賀県における産学官包括連携協定」を結び,地域社会との連携協力事業を実施している。また,産学・地域連携機構を,平成29年10月にリサーチ・アドミニストレーターを中核としたリージョナル・イノベーションセンターへと改組し,本学の創出した知的財産の社会への還元を推進している。
                   さらに,平成25年度「地(知)の拠点整備事業」(文部科学省)に採択された「コミュニティ・キャンパス佐賀アクティベーション・プロジェクト」では,西九州大学と協働して,地域を志向した教育研究活動を推進している。この成果は,平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」(文部科学省)の採択に結びついた。また,地域とともに未来に向けて発展し続ける地(知)の拠点大学として実施する地域を志向した教育・研究・社会貢献活動の充実発展に寄与することを目的として,平成27年12月に地域創生推進センターを設置した。
                   医学部附属病院では,教育実習及び基幹型臨床研修病院としての機能に加えて,1日平均943人の外来患者,508人の入院患者を診療している。また,高度救命救急センターを中心とした救急医療,小児救急電話相談,ハートセンター及び脳血管センターの24時間ホットライン,地域に密着した感染症の医療機関間情報ネットワーク,佐賀在宅・緩和医療ネットワーク,都道府県がん診療連携拠点病院,肝疾患診療連携拠点病院など,佐賀県の中核病院としての役割を果たしている。平成23 年3月には,地域医療の充実・発展と円滑な救急医療の提供に資するため,地域医療支援センターを開設した。
                   教育学部では,佐賀県教育委員会と連携・協力協定を結び,教育開発や教員研修など,県内の初等・中等教育の向上に取り組んでいる。

                  4)アジアの知的拠点
                   本学には,全学生の3.3%に相当する229人の留学生が在学し,全南大学校,カセサート大学などアジアを中心として161校と大学・学部間等で学術交流協定を締結しており,歴史的・地理的特性を活かし,アジアの知的拠点として日本・アジアの視点から国際社会への貢献を目指している。

                  佐賀大学の取り組みについては、佐賀大学ウェブサイト(下記リンク)にて、「業務・運営関連」「教学・教育関連」「学術研究関連」「組織・部局関連」「社会貢献関連」「その他」に分け詳しく紹介しております。

                  詳細URL http://www.saga-u.ac.jp/koho/torikumi/

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育研究上の基本組織

                  全てを表示する 折り畳む

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  教育学部(教員養成)
                  芸術地域デザイン学部
                  経済学部
                  医学部(修業年限6年)
                  医学部
                  理工学部
                  農学部
                  文化教育学部(教員養成)
                  文化教育学部(教員養成以外)

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  研究科
                  学校教育学研究科(専門職学位課程)
                  地域デザイン研究科(修士課程)
                  医学系研究科(修士課程)
                  医学系研究科(博士課程(一貫))
                  工学系研究科(博士課程(前期))
                  工学系研究科(博士課程(後期))
                  農学研究科(修士課程)
                  教育学研究科(修士課程)
                  経済学研究科(修士課程)

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織
                  全学教育機構
                  クリエイティブ・ラーニングセンター
                  附属図書館(分館含)
                  美術館
                  保健管理センター
                  海洋エネルギー研究センター
                  総合分析実験センター
                  総合情報基盤センター
                  シンクロトロン光応用研究センター
                  地域学歴史文化研究センター
                  肥前セラミック研究センター
                  附属幼稚園
                  附属小学校
                  附属中学校
                  附属特別支援学校
                  附属教育実践総合センター
                  附属病院
                  附属地域医療科学教育研究センター
                  附属先端医学研究推進支援センター
                  医学部附属看護学教育研究支援センター
                  附属アグリ創生教育研究センター
                  アドミッションセンター
                  キャリアセンター
                  国際交流推進センター
                  教員免許更新講習室
                  学生支援室
                  リージョナル・イノベーションセンター
                  地域創生推進センター
                  ダイバーシティ推進室

                  キャンパス一覧

                  キャンパスの外観1

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  第3期中期目標期間(平成28~33年度) 各事業年度に係る業務の実績に関する評価(平成28年度)国立大学法人評価委員会2017年11月
                  評価機関評価年月
                  第2期中期目標期間(平成22~27年度) 中期目標期間に係る業務の実績に関する評価国立大学法人評価委員会2017年6月
                  評価機関評価年月
                  第2期中期目標期間(平成22~27年度) 各事業年度に係る業務の実績に関する評価国立大学法人評価委員会2016年11月
                  評価機関評価年月
                  第1期中期目標期間(平成16~21年度) 中期目標期間に係る業務の実績に関する評価国立大学法人評価委員会2011年5月
                  評価機関評価年月
                  第1期中期目標期間(平成16~21年度) 各事業年度に係る業務の実績に関する評価国立大学法人評価委員会2010年11月
                  評価機関評価年月
                  大学機関別認証評価大学評価・学位授与機構2016年3月
                  評価機関評価年月
                  大学機関別選択評価事項B大学評価・学位授与機構2016年3月

                  学生支援

                  就学支援

                  学生支援室に学習支援部門を置き、修学の指導、支援及び相談に関する企画等を行い、新入生アドバイザー及び学習アドバイザーを配置し、支援を行っています。また、障害者には、集中支援部門及び保健管理センターなどと連携し、必要に応じ、ノートテイカーや手話通訳を配置し、学習支援を行っています。難聴者に対しては、FM式補聴器の貸与を行っています。

                  心身の健康に係る支援

                  心身の健康については主に保健管理センターが支援を行っています。
                  本庄キャンパスには、医師2名(精神科医、内科医)、看護師1名、保健師1名を、鍋島キャンパスには医師1名(内科医)、看護師1名、保健師1名、臨床心理士1名を配置しています。さらに、本庄キャンパスには非常勤の臨床心理士1名が配置されています。メンタルヘルスに対しては、入学時には全員に、その他必要に応じスクリーニングを実施し、その結果を基に医師や臨床心理士が対応しています。
                  また、学生支援室集中支援部門は、心身に障がいがあり集中的に支援を要する学生の支援を行っています。
                  この二つの組織は互いに連携し、情報を共有しながら学生の支援を行っています。

                  留学生支援

                  ・新入留学生には各人にチューターがつき、生活をサポートします。(チューター制度)
                  ・本学で学ぶ留学生が修学・進学や日常生活の面で悩みを抱えたとき、適切な指導助言を与え、解決に向けた支援策を行う体制を整えています。(留学生に対する修学上及び生活上の指導助言)
                  ・学生の多様なニーズに応えるべく、特色のある日本語コースを提供しています。初級前半から上級まで6つのレベルに分かれており、自分のレベルにあった授業を受けることができます。(留学生や海外国籍を持つ学生への日本語教育)

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  ・海外の協定校や世界各国の大学の資料、留学経験者の生の声である交換留学報告書が留学生交流室でいつでも閲覧可能です。
                  ・留学に必要な語学力を身つけたい方、海外大学院入学試験の勉強をしたい方を対象としてテキストを貸与しています。
                  ・学生それぞれの個性やキャリアプランに従った留学計画の立て方、留学先の選び方、語学学習の方法など、留学実現を目指したアドバイスを提供しています。(留学アドバイジング:要予約)

                  障害者支援

                  障害を持った学生の支援は、学生支援室を中心に支援を行っています。
                  学生支援室には、1学習支援部門、2健康支援部門、3課外活動・生活支援部門、4集中支援部門の4つの部門が設置されています。学習支援部門では修学の指導、支援及び相談に関する企画等の業務を、健康支援部門では心身の健康指導及び相談に関する企画等の業務を、課外活動・生活支援部門では課外活動に対する助言、相談及び情報提供に関する企画等や学生生活の指導、支援及び相談に関する企画等の業務を、集中支援部門では集中的に支援を要する学生に関わる相談,支援及び交流に関する業務を行うとともに、各部門間でも連携を図りながら、支援を行っています。

                  【今年度の支援の実施状況】
                   座席指定、アドバイザー配置(学習支援等)
                   授業担当教員への文書での配慮依頼

                  【これまでの支援状況】
                  聴覚障害者・・・ノートテーカー、手話通訳、補聴器の貸与
                  肢体不自由者・・・ノートテーカー
                  施設整備・・・トイレの改修、ドアのノブ、自動ドアの設置、センサー等位置の改修、スロープ等

                  就職・進路選択支援

                  ・入学時にキャリアセンターについての説明を記載している「就職のしおり」を配布しています。また,志望に応じての支援プログラムの実施内容を示しています。(http://job.admin.saga-u.ac.jp/univ/pdf/shiori.pdf) 
                  ・教養教育の総合科目「キャリアデザイン」(選択科目)において,仕事・働くことについて学び,自分のキャリアデザインの参考にすることができます。   ・「佐賀版キャリアデザイン」において,佐賀における雇用環境や多様な働き方,そして佐賀の企業や自治体が抱える課題を知ることで,地域に貢献できる人材となるために必要な力を考察・議論します。
                  ・就職について,相談の受付や支援プログラムの内容,インターンシップ情報などをキャリアセンターホームページで確認できます。 

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  本学は佐賀大学憲章にもあるように,学生中心の大学を目指し様々な取り組みを行っています。特に課外活動を人間形成に大きく貢献するものと捉え,積極的に推進しています。本学ではさまざまなクラブが自主的に活動しておりそのいずれも活発的で魅力があります。

                  ボランティア活動の状況

                  本学は佐賀大学憲章にもあるように,学生中心の大学を目指し様々な取り組みを行っています。特に課外活動を人間形成に大きく貢献するものと捉え,積極的に推進しています。本学ではさまざまなボランティア団体が自主的に活動しており,そのいずれも個性的で魅力があります。

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無
                  所在地佐賀市本庄町本庄425 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  本庄キャンパス内。

                  定員150人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)5,300円
                  入寮条件

                  ①自宅から大学まで公共の交通機関による片道の通学時間がおおむね90分以上で、②寮生活に支障のない健康な者、③本人の属する世帯の経済状況を勘案し、総合的に判断し入寮者を決定している。

                  特色

                  個室。台所・トイレ・洗面所・洗濯室(洗濯機、乾燥機)・浴室(ユニットバス、ユニットシャワー)は共同。居室には机、イス、ベッド、本棚を完備している。

                  所在地佐賀市本庄町本庄489-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  本庄キャンパスへは、徒歩で3分。

                  定員53人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)8,100円
                  入寮条件

                  ・本学に在学する留学生及びその家族
                  ・本学に在学する学部学生及び大学院生(日本人チューター)
                  ・本学において,教育研究に従事する外国人研究者及びその家族

                  特色
                  所在地佐賀市本庄町本庄528-1 GoogleMapで参照
                  学生寮からキャンパスへのアクセス

                  本庄キャンパス内。

                  定員20人
                  寮費(食費込)
                  寮費(食費無)13,400円
                  入寮条件

                  ・本学に在学する留学生又は,本学において教育研究に従事する外国人研究者及びその家族

                  特色

                  全て表示 折り畳む