ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学研究科(博士後期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   本研究科は、広い視野に立って精深な学識を授け、看護専門職として看護学の学的基盤の充実発展に寄与できる高度な教育・研究・実践能力を養うことを目的とします。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  千葉大学大学院看護学研究科入学者受入れの方針

                  1.千葉大学大学院看護学研究科の求める入学者
                   千葉大学大学院看護学研究科は、看護実践の諸活動に科学的根拠を与える基礎的理論とその応用を体系的に教授・研究し、国民の健康と安寧な生活を守ることのできる看護支援方法の研究・開発が自立して推進できるナース・サイエンティストの育成を目標としています。このような観点から、充分な学力を基盤として、全人的視野に立ち、看護学を学的基盤にした実践・研究への志向性の高い学生の入学を求めています。
                  2.入学者選抜の基本方針
                   千葉大学大学院看護学研究科は、本研究科の教育理念・目標に見合う学生を選抜するため、学力検査、口述試験、推薦書などを組み合わせて志願者の能力や資質を総合的に評価します。

                  【博士後期課程】
                  (1)看護学専攻が求める入学者
                   博士後期課程は、看護学分野の研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うとともに、看護学の学術的基盤の発展に貢献できる研究者の育成を目的としています。このような観点から、看護学の専門性に根ざした課題を探究し、その課題の探究にふさわしい方法論、分析能力を身に付けられる人、独創的・国際的な研究の開拓に意欲的に取り組む人の入学を求めています。
                  (2)入学者選抜の基本方針
                   博士後期課程は、本課程の教育理念・目標に見合う学生を選抜するため、学力検査と口述試験を実施し、看護学分野における研究能力、語学力、論述力など、志願者の能力や資質を総合的に評価します。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「自由・自立の精神」を堅持するために
                  ・看護学の学的基盤の発展に携わる研究者を目指す学生が研究倫理を身につけ、自立した研究者として研究を遂行できるように、看護学の課題に対し広範な領域の研究方法の応用にも重点を置いた教育課程を編成し、提供します。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために
                  ・行政や大学など多様な研究・教育機関を担う自立的指導者として、学術的視点および国際的視点をふまえ、文化を考慮に入れた看護支援方法の研究・開発を行うと共に、教育・人材育成を行う能力が修得できる教育課程を編成し、提供します。

                  「専門的な知識・技術・技能」を修得するために
                  ・看護学にかかわる創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識の修得を目指した教育を提供します。また、関連分野において組織的な研究活動を推進する能力が修得できる教育も提供します。

                  「高い問題解決能力」を育成するために
                  ・看護学の専門性に根ざした研究活動を通して得られた知見を他者と共有し、発信する教育の機会を提供します。
                  ・自立した研究者として必要な問題解決能力を育成するための実践的教育の機会を提供します。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  博士後期課程では、修士課程・博士前期課程までで築いた知的基盤の上に、以下の知識・能力を修得します。

                  「自由・自立の精神」
                  ・自立した研究者として研究倫理を身につけ、看護学の学的基盤の発展に貢献する研究を遂行できる。

                  「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」
                  ・学術的視点および国際的視点をふまえ、文化を考慮に入れた看護支援方法の研究・開発を行い、成果を学際的・国際的に発信すると共に、教養を高めて、持続的発展が可能な教育・人材育成に貢献できる。

                  「専門的な知識・技術・技能」
                  ・看護学にかかわる創造性に富む高度な研究・開発能力と豊かな学識を身につけ、関連分野の研究グループに参加し、組織的な研究活動を推進できる。

                  「高い問題解決能力」
                  ・看護学の専門性に根ざした課題に対し創造性豊かな研究・開発を行い、専門領域の情報・知識を統合し、多様な人々と協調・協働しながら健康社会を支える新たな知見や価値を創出することができる。