ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  大学院保健学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  博士後期課程は,次の各号に掲げる人材の育成を目的とする。
                  (1)保健医療・福祉分野で,独創的あるいは学際的な研究が実践できる者
                  (2)保健医療・福祉分野で,高度な教育が実践できる者
                  (3)保健学の高度な専門知識と技術を有し,保健医療・福祉分野での指導者となる者
                  (4)国際的な保健医療・福祉分野で,指導や教育及び研究が実践できる者

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  <人材育成の目標>
                   1) 保健医療・福祉分野で、独創的あるいは学際的な研究が実践できる者
                   2) 保健医療・福祉分野で、高度な教育が実践できる者
                   3) 保健学の高度な専門知識と技術を有し、保健医療・福祉分野での指導者となる者
                   4) 国際的な保健医療・福祉分野で、指導や教育及び研究が実践できる者
                  <入学者に求める能力・資質>
                   1) 前期課程レベルの保健医療・福祉に関する専門知識と研究経験を持ち社会に貢献したいと考える人
                   2) 将来、保健医療・福祉等の分野で高度専門職業人として社会に貢献したいと考える人
                  <選抜方法>
                   学力試験(外国語(英語))、修士課程修了時の提出論文を含む業績又は第一著者として発表した学術論文を含む業績、口頭試問及び学業成績により総合して判定します。外国語(英語)では英語の文献を読解する能力を問います。また、口頭試問では個別に専門知識及び研究能力に関する試問を行い、研究者又は高度な専門性を有する職業人としての適性及び意欲を審査します。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   保健学専攻博士後期課程では、人材の育成を通じて社会へ貢献するために、次のような教育を行います。

                  1. 保健医療・福祉分野で、独創的あるいは学際的な研究が実践できる能力を育成する教育。
                  2. 保健医療・福祉分野で、高度な教育が実践できる能力を育成する教育。
                  3. 保健学の高度な専門知識と技術を有した、保健医療・福祉分野の指導者を育成する教育。
                  4. 国際的な保健医療・福祉分野で、指導や教育及び研究が実践できる能力を育成する教育。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   保健学は、人を身体的・精神的・倫理的・社会的に全人的な存在としてとらえ、人々の健康について探求し、人々の健康と福祉の向上に寄与する学問です。群馬大学大学院保健学研究科保健学専攻博士後期課程では、次のような人材を育てます。

                  1. 学部及び大学院保健学専攻博士前期課程における研究、教育を通して得られた保健学に関する知識・技術・研究基礎能力を更に高め、個人及び集団の健康保持増進や生活の質(QOL)向上のための独創的あるいは学際的な研究を進められる者
                  2. 幅広い学識と高度な専門性、倫理性を身につけた者