ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  法文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  法経学科 4年 学士(法経)
                  社会文化学科 4年 学士(社会科学)
                  言語文化学科 4年 学士(文学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【法経学科】
                  1.1年次~2年次では,主として全学共通教育を履修します。全学共通教育は,基礎科目として「外国語」「健康・スポーツ,文化・芸術」「情報科学」の科目群,教養育成科目として「人文・社会分野」「自然分野」「学際分野」の科目群があります。全学共通教育は教育目標として「知の探究者として育つ」「市民社会の形成者として育つ」「地域社会の創造者として育つ」「国際社会の貢献者として育つ」「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており,これらの科目を修得することで,専門教育の基礎となる力を養うとともに,教養ある社会人として必要な,幅広い知識,思考力,語学力,コミュニケーション能力を涵養します。

                  2.専門教育科目は,講義科目と演習科目とに区分されます。講義科目はさらに,学科共通科目,コース基礎科目,コース応用科目に区分されます。一方,演習科目は指導教員制に基づく少人数教育を行うもので,4年間を通して実施されます。これらの専門教育科目は年次進行に合わせて,基礎的なものから応用へと比重を移していく「積み上げ方式」の教育体系で,現代社会を体系的・総合的に理解するために不可欠な法学・経済学の知識を身につけるためのものです。

                  3.1年次の学科共通科目である「法学入門」「経済学入門」および「政治・行政学入門」は,いずれも講義科目であり,必ず履修しなければなりません。これらの科目は,法学と経済学の専門科目を履修するための基礎的知識を身につけるためのものです。

                  4.1年次の入門演習は大学教育のスタートとなる演習科目です。少人数で,能動的学習や統一プログラムを通じて大学での学習のみならず生活においても不可欠な種々の能力を身につけます。これには,文章を読む力・書く力,資料調査能力,コミュニケーション能力,学生生活全般についての問題解決能力などが含まれます。

                  5.コース基礎科目は,法学(法律学・政治学)と経済学の基礎的内容を精選した科目で,これらの科目を通じて,法学と経済学の専門科目の履修に必要な各分野の基礎的な知識を身につけます。

                  6.2年次の基礎演習は,少人数で,法学と経済学の複数の教員によって行われる両分野複合型の演習科目です。これはコース基礎科目同様にコース応用科目への橋渡しともなる科目です。学生はテーマ別に開講される演習科目の1つに所属し,入門演習よりも専門性が強められたテーマで,講読・調査・発表など多様な方法によって,法学および経済学の諸問題について融合的に学んでいきます。

                  7.コース応用科目では,法経両分野の多様な側面・観点から現代社会の諸問題を分析・検討する授業によって,多様な検討課題と問題解明のためのアプローチについて学んでいきます。

                  8.3年次に,学生は,専門性や卒業後の進路希望に応じて設定された「法学コース」,「経済学コース」,「司法特別コース」のなかから希望するコースを選択します。「法学コース」の学生は「法学」を中心に学び,「経済学コース」の学生は「経済学」を中心に学びます。また「司法特別コース」の学生は,法科大学院進学や司法書士等の法律専門職に就くのに有益な授業科目を重点的に学びます。

                  9.3年次~4年次は,各学生が希望する専門演習(ゼミナール)を,2年間にわたって履修します(専門演習Ⅰ・Ⅱ)。専門演習は,少人数で,それぞれの専門領域やテーマについて問題を探求し,ゼミでの発表・議論を通じて専門的な知識の深化を図ります。4年終了時には,4年間の学習の到達点をなす卒業研究を提出することが義務付けられています。これは,これまでの大学生活での学習の集大成ともいえ,これまでに身につけてきたさまざまな知識・能力を発揮し,向上するためのものです。

                  10.法文学部には「学修経験値システム」という独自の評価システムがあります。学部のすべての専門科目には,「思考力」「情報力」「表現力」「適用力」「異文化力」「地域力」「協働力」の7つの獲得能力が数値化されており,どのような力がどのぐらい身についたかを客観的数値として把握することができます。「学修経験値システム」により,自らの修得能力の分析を行うと同時に,以後の履修計画の参考にすることも可能となっています。

                  11.法文学部には,卒業後の進路を見据えた独自のキャリア支援プログラム「キャリアゲート制」があります。すべての学生は3年次進級時に「公務員ゲート」「企業ゲート」「教職ゲート」「専門職ゲート」「司法ゲート」の5つの中から自らの進路にあったゲートを選択します。進路に即した就職情報の提供などのキャリア活動支援がなされるだけでなく,ミニ授業である「講座」が多数開講されます。また,2年次前期のプレゲート科目として「キャリアプランニング」が必修科目として開講されます。これらにより早い段階から自らの進路について考え,準備にとりかかることが可能となっています。

                  【社会文化学科】 大学HPで確認してください。
                  【言語文化学科】 大学HPで確認してください。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  法経学科
                   法経学科には3つのコース(「法学コース」「経済学コース」「司法特別コース」)があり、3年次に希望するコースを自由に選ぶことができます。1・2年次はコースに関わらず、法学と経済学の基礎を万遍なく学び、3年次以降、「法学コース」の学生は法学を、「経済学コース」の学生は経済学を中心に学びます。また「司法特別コース」は、法科大学院(ロースクール)への進学や法律専門職を目指す学生のために設けられています。
                   大学での講義は、どうしても教員から学生への一方的な授業となりやすいものです。しかしながら、授業を豊かで実りあるものとするには、教員と学生との双方向での授業が不可欠です。そこで、法経学科では、1年次から4年次まで、毎年小集団の演習科目を履修することにより、学生の学びの質を高めるよう努めています。


                  社会文化学科
                   社会文化学科では、社会、歴史、そして文化について、調査や実習等を通じて体験的に学ぶことを重視します。学生の皆さんは1年生の後期から、現代社会コース、歴史と考古コースに分かれてそれぞれの専門分野について学んでいきます。

                  現代社会コース
                   人間の行動や活動、家族や地域等の身近な社会からグローバルな社会、私たちの生活環境、そして民俗や伝統、文化についての問題を、社会学・地理学・文化人類学の立場から考えを説明する力を身につけることを目指します。

                  歴史と考古コース
                   歴史と考古コースは、歴史学と考古学の2分野からなります。歴史学では、日本史・東洋史・西洋史・現代史について専門的に学びます。考古学では、日本考古学を中心に学びます。


                  言語文化学科 
                   言語文化学科では、東洋・西洋の言語文化について古代から現代まで幅広く学ぶことができます。学生の皆さんは2年生以降、所属する研究室を自由に選び、自分が興味を持つ事柄を深く学びながら、言語文化を理解する方法を習得し、論理的に思考を表現する力を身につけ、語学力を高めていきます。

                  日本言語文化研究室
                   古代から現代に至るまでの日本語と日本文学について幅広く学びます。
                  中国言語文化研究室
                   中国の言葉や文学、そして背景にある文化や思想を学びます。
                  英米言語文化研究室
                   イギリスとアメリカの言語、文学、文化の研究を通じて幅広い視野、分析力を身につけます。
                  ドイツ言語文化研究室
                   ドイツ語圏の言語、文学、文化の研究を通じて幅広い視野、分析力を身につけます。
                  フランス言語文化研究室
                   フランス語圏の言語、文学、文化の研究を通じて幅広い視野、分析力を身につけます。
                  哲学・芸術・文化交流研究室
                   哲学、芸術、文学・映画・音楽等、人間の様々な文化活動を研究し、文化理解のための技術を習得していきます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  法経学科ディプロマ・ポリシー
                  法文学部法経学科では,学士課程において以下に掲げる能力を身につけた者に学位「法経」を授与する。
                  1. 人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。
                  2. 法学および経済学の基礎的・標準的な専門知識を身につけている。
                  3. 法学および経済学の基礎的・標準的な専門知識を踏まえて自ら課題を発見することができる。
                  4. 法学および経済学の諸問題について的確に情報収集し分析できる。
                  5. 法学および経済学の知識を融合させ論理的な思考を展開できる。
                  6. 身につけた法学および経済学の専門知識を総合的にいかして積極的に社会活動に参画することができる。
                  7. 社会問題について他者との議論を通じて自らの考えを的確に表現できる。
                  8. 法学および経済学の議論を踏まえ自らの考えを展開・論証することができる。

                  社会文化学科ディプロマ・ポリシー
                  法文学部社会文化学科では,学士課程において以下に掲げる能力を身につけた者に学位「社会科学」を授与する。
                  1. 人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。
                  2. 人文・社会諸科学の理論および方法について,基礎的な知識を身につけている。
                  3. 人間と社会に関わる諸問題について,人文・社会諸科学の研究方法に基づいて,論理的に考察することができる。
                  4. 課題解決に必要な情報を,的確に判断しつつ収集・分析することができる。
                  5. 自らの関心を深め,それに基づいて学術的で独自な研究課題を設定し,探究することができる。
                  6. 地域社会の諸課題に,主体的にとりくむことができる。
                  7. 自らの考えを,文章や口頭で論理的・効果的に表現できる。
                  8. 他者と円滑に交流・協働し,共に課題にとりくむことができる。

                  言語文化学科ディプロマ・ポリシー
                  法文学部言語文化学科では, 学士課程において以下に掲げる能力を身につけた者に学位「文学」を授与する。
                  1.人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。
                  2.言語や文化に関する基礎的な専門知識を身につけている。
                  3.研究の一環として, 書物や作品を理解することができる。
                  4.言語や文化に関わる既存の言説を批判的に検討することによって問題を発見し, それを自らの問題として取り上げ考えることができる。
                  5.設定された問題を解決するために必要なデータを収集し, 整理することができる。
                  6.収集・整理したデータを適切に分析することによって, 論理的に結論を導くことができる。
                  7.豊かな国際感覚に基づいた異文化理解が可能であり, また自文化を相対化して考えることができる。
                  8.論理的な文章を作成することができる。
                  9.地域の伝統や文化を専門的見地から考えることができる。
                  10.自らの研究成果を, 聴く人や読む人に理解してもらえるような仕方で表現することができる。
                  11.身につけた専門知識や技能をいかして, 積極的に社会活動に参画することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  内訳(検定料 30,000円  入学料 282,000円)
                  支払期日 検定料-出願時
                         入学料-入学手続時

                  専攻分野

                  その他専攻分野