ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間科学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人間科学科 4年 学士(人間科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ①市民としての基礎的な教養を身につけるために,全学共通教育科目を設定する。全学共通教育科目には,国際化に対応する力を身につけるための外国語科目,情報化社会に対応するための情報科学科目,健康で文化的な生活に対する理解を深めるための健康スポーツ/文化・芸術科目が含まれる。また,幅広い学問分野についての教養を深めるため,人文社会科学分野,自然科学分野,学際分野を含む教養育成科目を入門科目,発展科目に区分して提供する。さらに,市民社会に主体的に参画し,社会人として活動する上で必要な知識や能力を培うために社会人力養成科目を設定する。

                  ②地域において人々が抱える問題に対して,その解決法を構想する地域実践力を育成するため,初年次から卒業年次まで,学部共通の地域実践基盤科目,及び各コースの特性に応じた地域実践展開科目を設ける。

                  ③様々な人々と共同で問題解決にあたる実践力を育成するため,コースを越えて学部全体で知見を交換し合う「インタラクティブ・プレゼンテーション・ミーティングⅠ・Ⅱ・Ⅲ」を必修とし,専門を異にする人々ともコミュニケーションがとれるようにする。

                  ④人間を心理的-身体的-社会的側面をあわせ持つ存在として多角的にとらえることを可能にするため,本学部における学びの基礎となる「人間科学概論」や「地域包括ケア概論」を必修とするとともに,学部共通科目として,本学部の柱となる心理学,社会福祉学,健康科学の基礎を学ぶ共通基盤科目群を設定する。さらに,地域社会の問題を見る目を養う地域社会科目群,人間をより幅広くとらえる視点を養う人間理解科目群を他学部と連携して設定する。

                  ⑤人間を共感的・客観的に理解し,人々と共感的・論理的にコミュニケーションをとることができるようにするため,コース専門科目において,対人関係スキルを育成する授業科目を配置する。

                  ⑥地域実践基盤・地域実践展開科目において得た知見を確かなものとするために,アクティブラーニングを十分に取り入れたコース専門科目を地域実践基盤・地域実践展開科目と有機的に関連させ,地域実践における気づきを一般化し,理論による体系化ができるようにするとともに,問題を発見し分析する力が身につくようにする。

                  ⑦科学的思考に基づくリサーチ力(自己や他者の知見を批判的に検討する力,仮説検証的に考察する力,エビデンスに基づいて考える力)を身につけるため,「人間科学研究法」でその基礎を養うほか,各コースにリサーチ力育成の授業を配置する。

                  ⑧他の領域へと視野を広げることができるようにするため,教員の下で研究のアシスタントをしながら学ぶ「リサーチ・インターンシップ」を設け,コースを越えてその専門を深く掘り下げて学べるようにする。

                  ⑨自らの学びを自分で選択し,形成していく力を身につけていくことができるようにするため,より高度な知識や技能を身につけるアドバンス科目を設定する。

                  ⑩4年次に卒業研究を課し,4年間の学びの集大成を行うようにする。

                  ⑪所定の科目を履修すれば,社会福祉士受験資格,精神保健福祉士受験資格が得られるようにする。また,大学院に進学し臨床心理士受験資格,公認心理師受験資格を得られるに足る学部教育が受けられるようにする。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ○地域の現場で学ぶ
                   「見て、触れて、感じて、学ぶ」 ことを大切にし、1年次から、地域実践基盤・地域実践展開科目で、学外の様々なフィールドで体験実習を積み重ねながら、これからの社会や人間をささえるスキルを磨きます。

                  ○コミュニケーション能力を養う
                   「インタラクティブ・プレゼンテーション・ミーティング (IPM) 」 では、全てのコースの学生が一堂に集まり、互いの地域実践や研究の成果を発表します。異なる観点を持った人々とアイデアを交換するための「聴く」「伝える」スキルを磨き、社会の中で人と人とをつなげて問題解決をしていく力を育みます。

                  ○人間について幅広く学ぶ
                   心の働き、身体と健康、暮らしをささえる社会の仕組みという3つの角度から人間を理解できる 「幅広い」 知識を、学部共通科目(共通基盤 、地域社会、人間理解)などで学びます。

                  ○スペシャリストとしての専門を深く学ぶ
                   心理学、社会福祉学、健康科学のコース専門科目が充実しており、それぞれの領域で、深く学びます。

                  ○科学的な考え方を学ぶ
                   リサーチカを育てる授業では、人々のかかえる複雑な問題を分析し、自分や他者の考えを客観的に検証する方法を学びます。

                  ○自分で進んで学んでいく
                   さらに高度なことを学ぼうとする人のために、「海外研修」 や、教員の研究を手伝いながら学ぶ「リサーチ・インターンシップ」などの授業を用意しています。

                  ○資格にも対応
                   所定の科目を履修すれば、国家資格である社会福祉士受験資格、精神保健福祉士受験資格が得られます。 国家資格化が予定されている公認心理師についても、大学院に進学して受験資格が得られるように、学部段階で必要な単位が取得できるようなカリキュラムを設定しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ① 人間に対する共感的・客観的理解に基づき,他者と共同して人々を支援する地域実践力を身につけている。
                  ② 人間の心理的側面,身体的側面,社会的側面について幅広い専門的知識を身につけ,人間を多角的にとらえることができる。
                  ③ 他者の知見を客観的に検討し,自己の知見を他者に対して論理的に表現することができる。
                  ④ 持続的な関心を持って,人間のかかえる様々な問題に主体的に関与していこうとする態度を身につけている。
                  ⑤ 人間がかかえる諸問題を的確に分析する力を身につけている。
                  ⑥ 人間がかかえる諸問題の解決法を構想し,それを実践する力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野