ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  総合理工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  物理・マテリアル工学科 4年 学士(総合理工学)
                  物質化学科 4年 学士(総合理工学)
                  地球科学科 4年 学士(総合理工学)
                  数理科学科 4年 学士(総合理工学)
                  知能情報デザイン学科 4年 学士(総合理工学)
                  機械・電気電子工学科 4年 学士(総合理工学)
                  建築デザイン学科 4年 学士(総合理工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.1~2年次に主に履修する全学共通教育科目は,基礎科目として,「外国語」,「健康・スポーツ,文化・芸術」,「情報科学」の科目群と,教養育成科目として,「人文・社会分野」,「自然分野」,「学際分野」の科目群からなる。全学共通教育は,教育目標として,「知の探究者として育つ」,「市民社会の形成者として育つ」,「地域社会の創造者として育つ」,「国際社会の貢献者として育つ」,「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており,これらの科目を修得することで,専門教育科目を学ぶための基礎学力を身につけるとともに,社会人として必要とされる教養や倫理観,思考力,語学力,コミュニケーション能力を涵養する。
                  2.それぞれの学科の専門教育科目には,1年次に開講される科目のうち,専門を学ぶための導入科目として,初年次教育科目を設ける。
                  3.専門教育科目の中に,総合理工学部と生物資源科学部から提供する自然科学系共通科目の科目群を置く。このうち,生物資源科学部より提供される生命科学や農学の科目を履修することで,自然科学の幅広い基礎知識を修得する。
                  4.全ての学科教育コースの専門教育科目に,専門分野の基礎となる科目を基盤科目として設ける。また,他学科の教員による基盤科目を履修することで,理学および工学の総合的視野を養う。
                  5.専門教育科目には,講義形式(座学)の科目の他に,「実験」,「実習」,「演習」の科目を数多く設ける。実験装置,器具や薬品を用いたり,フィールドワークを行ったり,演習問題を解いたり,計算を行ったりすることにより,実践力を養うとともに,グループで行う内容も多く含まれており,チームワーク力が身につく。また,反転授業やその他の能動的授業の推進や大学院生によるTA制度を充実させることで,主体的学習能力が身につくように工夫された授業を提供する。
                  6.専門教育科目の中に,「企業実践インターンシップA,B」,「海外就業体験」を設け,企業へのインターンシップ制度を利用してのキャリア教育を受ける機会を多く設ける。総合理工学研究科産学官教育推進センターが提供する「企業実践インターンシップA,B」では,4名程度のチーム・グループをつくり,山陰地域を中心とする企業の方の指導のもと実践的な課題に取り組むことにより,課題設定,問題解決,マネージメントの能力を育成する。「海外就業体験」では,海外の企業等で実地経験を積むことにより,文化や価値観の違いを体感し,グローバルな視野を養うことを目的としている。また,国際交流センターと協力し,海外の協定大学などとの交流の推進も図る。
                  7.4年次に,「卒業研究」を必修科目として設ける。専門知識・技能の集大成とともに,大学において修得した知識・課題解決能力・コミュニケーション能力を最大限に発揮できるように教員の個別指導に基づき専門分野の研究を行う。研究成果は,各学科でのプレゼンテーションあるいは卒業論文として発表され,単位認定のための審査は,複数の教員により厳正になされる。
                  8.指導教員によるチューター制度,大学院学生によるメンター制度を利用し,学生自らが課題を持って,計画的に科目を履修し,継続し学習することで,卒業時に各学科教育コースの教育到達目標を達成できるよう支援を行う。
                  9.教育職員免許状(中学・高等学校の一種免許状-数学,理科,情報,工業),修得技術者(技術士の資格のための一次試験免除),学芸員,建築士の受験資格など,各学科教育コースにより様々な資格取得が可能である。また,キャリアセンターと連携して,就職活動を支援する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   総合理工学部では,学士課程において以下に掲げる知識・能力を身につけた者に学位「総合理工学」を授与する。

                  1.豊かな教養や倫理観を持ち,人類社会や地球環境とのかかわりについて総合的に考え,判断できる。
                  2.情報収集力,判断力,コミュニケーション能力,チームワーク力,国際的視野を身につけ,社会に貢献し,活躍できる。
                  3.理工学の専門分野に関する基礎力及び応用力を持ち,理工融合的,総合的視野から分析力,解決力,創造力を発展的に発揮できる。
                  4.地域の文化・伝統を理解し,地域あるいは世界に及ぶ課題を,理工学の専門知識を用いて,解決に努め,社会の発展に寄与する能力を身につけている。
                  5.修得した専門知識・技術を更に高め,継続して,主体的に学ぶ態度を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  内訳(検定料 30,000円  入学料 282,000円)
                  支払期日 検定料-出願時
                         入学料-入学手続時

                  専攻分野

                  その他専攻分野