ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部看護学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学科 4年 学士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.1年次では、主として全学共通教育を履修します。全学共通教育は、基礎科目として「外国語」「健康・スポーツ、文化・芸術」「情報科学」の科目群、教養育成科目として「人文・社会分野」「自然分野」「学際分野」の科目群があります。全学共通教育は教育目標として「知の探求者として育つ」「市民社会の形成者として育つ」「地域社会の創造者として育つ」「国際社会の貢献者として育つ」「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており、これらの科目を修得することで、専門教育の基礎となる力を養うとともに、教養ある社会人として必要な、幅広い知識、思考力、語学力、コミュニケーション能力を涵養します。また、国際的視点の涵養のために、海外研修を自由科目として設定しています。

                  2.1年次の前期に初年次教育授業「看護学入門セミナー」を設けています。専門教育科目を履修する準備として、レポートの書き方や文献検索方法など、学ぶ技術に関する力を身につける他、解剖見学など、専門教育への橋渡しになるような基礎的知識・態度を養います。

                  3.1年次から2年次にかけて、人体の形態と機能や疾病、人間の心理に関する専門基礎科目を履修し、看護を学ぶために必要な基礎知識を身につけます。

                  4.1年次から2年次にかけての専門科目では、看護学の基盤となる「看護学原論」などの講義科目、看護を提供するための援助技術を学ぶ「ヘルスアセスメント技術演習」や「日常生活援助技術演習」などの演習科目、さらに基礎看護学実習を履修し、看護の基本を身につけます。

                  5.2年次から、「成人看護学」「母性看護学」「小児看護学」「精神看護学」「老年看護学」「在宅看護学」「地域看護学」の幅広い看護の専門領域の概論・援助論を履修し、多様な健康問題への対応を学びます。

                  6.3年次はこれまでの学習をふまえて、病院や保育所において各領域の実習を行います。また地域で暮らす人々の健康問題への対応を学ぶため、4年次に老人保健施設、訪問看護ステーション、島根県全域の保健所、市町村、事業所において実習を展開します。さらに4年次後期には、個々の学生が主体的に実習計画を立てて実行する看護学総合実習を行い、看護実践能力の統合を図ります。

                  7.看護専門職としての研究マインドの育成のため、4年次の1年をかけて「卒業研究」に取り組みます。看護学のエビデンスを生み出す研究のプロセスについて、自ら研究課題を定めてデータを収集・分析し、一般公開の発表会を経て、論文として集録にまとめます。

                  8.1年次には必修科目の中で医学科との合同授業を行い、チーム医療の主な担い手としての態度を養います。また附属病院と連携して、病院の看護師が講義や演習に講師・ファシリテーターとして参加することによって、医療現場における最新の技術を学びます。

                  9.看護系大学の卒業時到達目標として挙げられる看護実践能力の到達度について、「看護学実習Web」という独自の評価システムにより、1年次から経年的に客観的数値として把握します。「看護学実習Web」は、自らの看護実践能力の分析を行ったり、以後の実習計画の参考にしたり、またポートフォリオとして印刷して保管することが可能なものです。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  医学部看護学科では、学士課程において以下に掲げる能力を身につけた者に、学位「看護学」を授与する。

                  1. 豊かな人間性と高い倫理観を備え、人間、健康、社会・文化に対する深い理解と見識に基づいた看護を提供することができる。
                  2. 科学的探究心に基づき、最新の科学的知見を活用し、主体的かつ論理的に健康問題を解決することができる。
                  3. ライフサイクル、健康レベルに着目し、全ての人々の健康問題を査定し、対象に適した看護を提供することができる。
                  4. 対象者の健康問題の解決のために、保健・医療・福祉の関連領域の専門職と連携・協働することができる。
                  5. 少子高齢化、過疎化、医療の偏在化等によってもたらされる地域の健康問題に対応した看護活動を展開することができる。
                  6. 社会における保健・医療・福祉の充実と発展に貢献するために、広い国際的視野をもつことができる。

                  (1) 学士(看護学)の授与が見込まれた者は、看護師国家試験、保健師国家試験を受験することができる。
                  (2) 学士(看護学)の授与が見込まれ、かつ、保健師助産師看護師法が定める所定の科目を履修した者は、助産師国家試験を受験することができる。
                  (3) 学士(看護学)が授与され、かつ、教職に必要な所定の科目を履修した者は、養護教諭1種免許が与えられる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料30,000円,入学料282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野