ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教育課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (1)1年次〜2年次では,主として全学共通教育を履修します。全学共通教育は,基礎科目として「外国語」「健康・スポーツ」「情報科学」の科目群,教養育成科目として「人文・社会分野」「自然分野」「学際分野」の科目群があります。全学共通教育は教育目標として「知の探求者として育つ」「市民社会の形成者として育つ」「地域社会の創造者として育つ」「国際社会の貢献者として育つ」「自己の開拓者として育つ」の5つを掲げており,これらの科目を履修することで,専門教育の基礎となる力を養うとともに,教養ある社会人として必要な,幅広い知識,思考力,語学力,コミュニケーション能力を涵養します。
                  (2)全学共通教育以外のカリキュラムは「専門教育科目」と「教育体験活動」から構成されます。「専門共通科目」「主専攻専門科目」「副専攻専門科目」からなる専門教育科目で自らの主専攻・副専攻に応じた専門的知識・技能を身につけるとともに,それらを「基礎体験領域」「学校教育体験領域」からなる教育体験活動で実践します。理論と実践の往還を繰り返すことにより,教員としての高い資質を育成します。
                  (3)1年次の前期には,初年次教育プログラムとして専門共通科目の「教職ガイダンス」「教育学部で学ぶこと」,基礎体験領域の「入門期セミナー」,学校教育体験領域の「学校教育実践研究I」,「学校教育実習I」が設けられています。これらの授業・活動におけるグループ学習やプレゼンテーションなどの能動的な学習を通して,大学教育の基礎的な技能を身につけるとともに,主専攻・副専攻での学修への見通しを得ます。
                  (4)1年次の後期から主専攻専門科目・副専攻専門科目の履修が始まります(ただし,一部の専攻では1年次前期から履修可能な科目もあります)。これらの科目の履修を通して,義務教育全般にわたる専門的知識・技能,思考力・探求力を身につけます。主専攻・副専攻における教育内容の詳細については『履修の手引』の記述を参照して下さい。
                  (5)教育体験活動は4年間を通して行いますが,特に3年次後期は「実習セメスター」と呼ばれ,教育体験活動を中心に学修して教育実践力を高める学期として位置づけられます。この学期に「学校教育実習IV」「学校教育実習V」「学校教育実践研究II(の一部)」を行います。
                  (6)4年次には「卒業研究」「教職実践演習」が必修として課されます。「卒業研究」は自らの主専攻における学修の総決算であり,論文作成・演奏・作品制作などの形で4年間の学びを形にします。「教職実践演習」は教育職員免許状を取得するための最終関門であり,教育学部学生が本学部のディプロマ・ポリシーを満たしているかどうかを確認します。
                  (7)教育学部には4年間にわたる学びの軌跡や成果を記録する「プロファイルシート」と呼ばれる独自の履修カルテがあります。ここには本学部のディプロマ・ポリシーが自己評価とGPAによって数値化されて表示されます。教育学部生はプロファイルシートを卒業までに複数回作成し,教員からの指導を受けることで自らの適性や課題を主体的に把握する自己教育力を育みます。プロファイルシートは「教職実践演習」でも活用されます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   本学部では,21世紀の教育を担う学校教師を育成するために,全国に先駆けて独自のカリキュラムを開発するとともに,それを支える教育組織を構築しました。

                  1.「主専攻・副専攻」制の導入や「教科内容構成研究」科目を設置するなど,教科指導能力の向上を図る。
                  2.1000時間の「体験学修プログラム(基礎体験,学校教育体験,臨床・カウンセリング体験)」を必修化し,多様な子ども体験に裏打ちされた教育実践力を高める。
                  3.「面接道場」「教師力パワーアップセミナー」「学生フォーラム」「プロファイルシート」などの教育プログラムや評価システムを導入して教師力の向上を図る。
                  4.多様な「体験学修プログラム」を企画・運営する「附属教育支援センター」を整備する。
                  5.優れた現職学校教員を学部教員として招聘し,教育実践力向上をサポートする。
                    

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教育学部では,学士課程において以下に掲げる能力を身につけた者に学位「教育学」を授与する。

                  1.人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。
                  2.学校での教育実践を広く社会的な制度や歴史の中に位置づけてとらえたり,授業や一人ひとりの子どもへの指導の基礎となる学級を経営したりすることができる。
                  3.一人ひとりの学習者の特性に沿った必要な支援を行ったり,発達段階をふまえた指導を行ったり,学びを深め合う学習集団を組織したりすることができる。
                  4.各教科等の指導内容や,その基盤となる専門領域に関する知識や技能を身につけている。
                  5.的確な教材分析をふまえて授業を構想・実践したり,授業をふりかえって評価したりすることができる。
                  6.大学における学習・研究や体験学修, 社会参加など, 集団活動の場面において,リーダーシップをとったり,協力したりすることができる。
                  7.社会的な要請や自己の関心・専門性に応じて,社会的な活動に参加することができる。
                  8.子どもと関わる場面や社会的な場面,研究的な場面のそれぞれにおいて,相手や目的に応じて適切なコミュニケーションを行うことができる。
                  9.自己の興味や関心にしたがって,専門的な領域や特定の問題についての問題意識や知識・能力を深めることができる。
                  10.社会人としての人間観・倫理観を基盤としながら,教師として特に必要な倫理観や理想とする教師像を持ち,それに照らして日常の教育実践をとらえることができる。
                  11.社会的あるいは専門的な情報について,様々な方法で受容したり発信したりすることができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野