ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する
ここから大学情報です
お気に入りリスト一覧へ

基本情報

大学の基本情報

大学名
島根大学
本部所在地
島根県松江市西川津町1060 
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
0852-32-6100
◇松江キャンパス : 0852-32-6100
◇出雲キャンパス : 0853-23-2111

平日 8:30~17:15
問合せページへ
大学の種類
国立・大学(大学院大学を含む)
総学生数(学部)
5,310人
総学生数(大学院)
695人
総教員数(本務者)
738人

大学の教育研究上の目的や建学の精神

 島根大学は,学術の中心として,広く知識を授けるとともに,深く専門の学芸を享受研究し,知的,道徳的及び応用的能力を展開させることを目的としています。

大学の特色等

 島根大学では、自らの学部の専門知識・スキルの修得に加え、地域貢献人材育成教育、グローバル教育、数理・データサイエンス教育等の社会のニーズに対応した教育を展開しています。
・地域貢献人材育成
「地域貢献人材育成入試」を全学部で実施しており、この入試で入学した学生は、各学部に所属しながらCOC人材育成コースにも所属します。学部横断型の正課外教育を中心に、「自らの専門性と多様な人材との協働を軸にした高い課題解決能力」を身に付け、地域の未来をつくり・活躍する人材を育成します。
・グローバル教育
国際感覚あふれる幅広いものの見方を身につけ、実践に活かすことができるような、グローバル教育を展開しています。
海外に目を向けるきっかけをつくるグローバル講義、国際感覚・高度な語学力を身に付けるためプログラム、日本を飛び出し、視野を広げる多彩な海外研修等により、地域や国際社会を舞台に活躍できる人材を育成します。
・数理・データサイエンス教育
すべてのモノがインターネットにつながり(IoT)、人工知能の発達によりさまざまな職業が大きく変貌している現代においては、あらゆる場面で、多種多様のデータから真に必要な情報を抽出・分析し、目的意識を持ってデータを活用することが求められています。統計処理等の手法だけでなく、数理・データサイエンスの重要性や、身近な実践例を通じ、様々なデータを収集・分析して課題を解決し、新たな価値を創出できる力を身につけた人材を養成します。

また、島根県の基幹産業である「たたら製鉄」の伝統を受け継ぐ特殊鋼関連産業及び金属材料に関する研究を発展させることで、島根県を『先端金属素材の聖地』としていくことを目指す「先端金属素材グローバル拠点の創出-Next Generation TATARA Project-」が2018年10月から始動しました。英国オックスフォード大学をはじめ、日立金属(株)など地域の企業と連携し、、航空機産業やモーター産業などの最先端・成長産業への展開を加速させることで、金属材料分野における高度な人材の育成と世界最高水準の研究拠点づくりを行っていきます。

教育研究上の基本組織

全てを表示する 折り畳む

学部(短期大学の場合は学科)
法文学部
教育学部
人間科学部
医学部
医学部
総合理工学部
生物資源科学部

 

全てを表示する 折り畳む

研究科
人文社会科学研究科(修士課程)
教育学研究科(修士課程)
医学系研究科(修士課程)
医学系研究科(博士課程(前期))
自然科学研究科(博士課程(前期))
医学系研究科(博士課程)
医学系研究科(博士課程(後期))
教育学研究科(専門職学位課程)
自然科学研究科(博士課程(後期))

 

全てを表示する 折り畳む

その他の学内組織
医学部附属病院
地域未来協創本部
教育・学生支援機構 大学教育センター
教育・学生支援機構 保健管理センター
教育・学生支援機構 学生支援センター
教育・学生支援機構 障がい学生支援室
研究・学術情報機構 戦略的研究推進センター
研究・学術情報機構 エスチュアリー研究センター
研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター
研究・学術情報機構 総合情報処理センター
研究・学術情報機構 地域包括ケア教育研究センター
研究・学術情報機構 総合博物館
研究・学術情報機構 自然災害軽減教育研究センター
グローバル化推進機構 国際交流センター
グローバル化推進機構 外国語教育センター
グローバル化推進機構 島根大学・寧夏大学国際共同研究所
イノベーション創出機構 次世代たたら協創センター
附属図書館
大学戦略企画室
評価室
研究推進室
広報戦略室
ダイバーシティ推進室
ハラスメント対策室
インスティテューショナル・リサーチ室
山陰法実務教育研究センター
こころとそだちの相談センター
数理・データサイエンス教育研究センター

教育研究上の基本組織に関する説明

キャンパス情報

全てを表示する 折り畳む

松江キャンパス

所在地

島根県松江市 GoogleMapで参照

アクセス

● JR松江駅から

◇松江市営バス
 ・北循環線内回り   島根大学前下車 ・・・所要時間約15分
 ・島根大学・川津行 島根大学前下車 ・・・所要時間約20分
   ※他に「平成ニュータウン」「あじさい団地」「東高校」等もあります。
◇一畑(いちばた)バス
 ・美保関(みほのせき)ターミナル行 島根大学前下車 ・・・所要時間約20分
 ・マリンゲートしまね行          島根大学前下車 ・・・所要時間約20分

外観

キャンパスの外観1
キャンパスの外観2

アクセス図

キャンパス アクセス図

周辺図

キャンパス 周辺図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

 島根大学は,県東部(出雲地方)に松江,出雲キャンパスを有しています。また,フィールド教育の場として県東部(出雲地方)に本庄(農場),神西(農場),二ノ谷(演習林),県西部(石見地方)に三瓶・匹見(演習林),離島の隠岐(臨海実験所)の各団地を有しています。また,研究・交流のサテライト地区として松江キャンパス近くに菅田(国際交流センター),北陵(産学連携センター),江島(エスチュアリー研究センター)を保有しています。敷地面積は全キャンパスで約648万㎡,そのうちフィールド教育を行う農場・演習林などが約600万㎡と9割強を占めています。また,建物延べ面積は主要キャンパスを中心に約28万㎡を保有しています。

 松江キャンパス(川津団地)は,約20万㎡の敷地に法文学部,教育学部,人間科学部,総合理工学部,生物資源科学部の5学部等があり,建物延べ面積は約12万5千㎡です。運動施設はキャンパス北側を中心に体育館2棟,陸上競技場(全天候型400mトラック)の他,課外活動に用いられる野球場,トレーニングセンター,武道場,弓道場,テニスコート6面,屋内プール(25m),アーチェリー場などを有しています。キャンパス中央付近にはキャンパスプラザ,ビビット広場の2つの広場があり,学生がくつろげる屋外環境を提供しています。キャンパスプラザは,自転車を含めた車両の進入を制限,周囲を囲む形で図書館,学生食堂,大学会館,保健管理センターなど学習支援,福利厚生施設が配置されており,あわせてベンチなどを設置することで,学生の憩いの場所となっています。大学会館1階には売店,2・3階は大小集会室を有し課外活動など学生活動を支援する施設となっています。

 キャンパス内各建物は,新築及び改修時などにユニバーサルデザインを導入し,バリアフリーを推進しています。特に学生や学外者の利用が多い,講義室,実験室,研究室及び福利厚生に関する施設については,玄関スロープ,身障者対応エレベーター,多目的トイレ等を優先的に設置しています。

所在地

島根県出雲市 GoogleMapで参照

アクセス

● JR出雲市駅から

◇一畑バス
 ・市民会館・島根医大・上塩冶車庫行 島根大学病院下車 ・・・所要時間約10分
 ・須佐行 島根大学病院下車 ・・・所要時間約10分
   

外観

キャンパスの外観1

アクセス図

キャンパス アクセス図

校地・校舎等の施設及び設備その他の学生の教育環境(バリアフリー等の対応状況含む)

 島根大学は,県東部(出雲地方)に松江,出雲キャンパスを有しています。また,フィールド教育の場として県東部(出雲地方)に本庄(農場),神西(農場),二ノ谷(演習林),県西部(石見地方)に三瓶・匹見(演習林),離島の隠岐(臨海実験所)の各団地を有しています。また,研究・交流のサテライト地区として松江キャンパス近くに菅田(国際交流センター),北陵(産学連携センター),江島(エスチュアリー研究センター)を保有しています。敷地面積は全キャンパスで約648万㎡,そのうちフィールド教育を行う農場・演習林などが約600万㎡と9割強を占めています。また,建物延べ面積は主要キャンパスを中心に約28万㎡を保有しています。

 出雲キャンパス(塩冶団地)は,約22万㎡の敷地に医学部および附属病院等があり,建物延べ面積は約13万3千㎡です。運動施設はキャンパス南側を中心に体育館1棟,陸上競技場(400mトラック)の他,課外活動に用いられる野球場,武道場,弓道場,テニスコート6面,屋外プール(50m)などを有しています。キャンパス東側付近にはパフリックスペース『医の庭』の広場があり,学生がくつろげる屋外環境を提供しています。付近には図書館,学生食堂,大学会館,保健管理センターなど学習支援,福利厚生施設が配置されており,あわせてベンチなどを設置することで,学生の憩いの場所となっています。大学会館1階には売店,食堂,2階に保健管理センター,集会室,3階は課外活動施設など学生活動を支援する施設となっています。

 キャンパス内各建物は,新築及び改修時などにユニバーサルデザインを導入し,バリアフリーを推進しています。特に学生や学外者の利用が多い,講義室,実験室,研究室及び福利厚生に関する施設については,玄関スロープ,身障者対応エレベーター,多目的トイレ等を優先的に設置しています。

全てを表示する 折り畳む

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 201909

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

全てを表示する 折り畳む

評価機関評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構2016年3月
評価機関評価年月
第1期中期目標期間の業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会2011年5月
評価機関評価年月
第2期中期目標期間の業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会2017年6月

学生支援

修学支援

 学生支援センターを設置し,院生及び学生が安心して修学できる環境を整備するとともに経済的支援を推進しています。

心身の健康に係る支援

 保健管理センターを設置しています。
 保健管理センターには医師3名,保健師3名,カウンセラー等が常駐しておりいつでも相談を受け付けています。

留学生支援

■私費外国人留学生のための奨学金
(1)インターンシップ奨学金
 海外展開を計画する島根県の企業が,留学生にインターンシップの機会を提供し,奨学金を支給する制度です。将来,県内での就職を希望する留学生を対象としています。
 入学後に,希望者を募り選考を行い,企業で2年間60時間以上のインターンシップを修了した者に対して奨学金最大25万円を支給します。

(2)就職促進プログラムによる奨学金
 2017年度から,東洋大学と連携して実施する奨学金制度です。島根大学を卒業・修了後,日本国内,特に山陰地域(島根県,鳥取県)の企業への就職を希望する留学生を対象としています。日本語能力試験N2以上の合格者で,留学生Iターン就職促進プログラム(ビジネス日本語,キャリア教育,インターンシップ)に参加することが条件です。
 学内選考を行い,合格者には月額30,000円または48,000円の奨学金を支給します。

(3)民間財団等の奨学金
年に2回,学内選考を行い,候補者を決定しています。月額2~16万円の奨学金があります。

■留学生宿舎
 国際交流会館と学生寮の留学生枠があり,選考によって入居者を決定します。
民間アパートに入居する場合は,連帯保証人が必要となります。留学生住宅総合補償に加入することを条件に,島根大学留学生後援会が保証人となっています。

■各種支援
 新入生を対象としたオリエンテーション,チューター制度,日本語補講など留学生のための各種サポートを行っています。

■留学生交流行事
 島根県の中山間地域での里山文化・民泊体験,大山スキー研修により,地域の文化・伝統に触れる機会を提供しています。

続きを読む… 折り畳む

留学生支援(日本人学生への支援)

■多種多様な海外派遣プログラム
 語学研修,異文化交流,企業訪問など多様な短期海外研修プログラムを用意しています。
 また,海外の協定大学との交換留学制度により,最大1年間の留学が可能です。
 海外研修,留学,海外ボランティア・インターンシップなど多様な海外体験希望者に対応するため,国際交流センター教員による個別留学相談の時間を設けています。海外留学については,選考の上,大学から奨学金を支給する制度があります。

■グローバル関連講義・グローバルインサイトセミナー
 国際社会が抱える課題と対応,海外留学事情,英語による教養基礎など,グローバル人材を育成するための各種講義を行っています。
 また,講義のほかに,国際的に活躍する大学内外の各専門家を招聘し,世界の実情や国際的な課題などを聞き,視野を広げることを目的としたグローバルインサイトセミナーを定期的に開催しています。

■異文化交流支援
 外国からの来訪者に大学の紹介を行う島大アンバサダ,協定校からの短期研修受入れ時や留学生見学旅行のサポート,留学生との交流会など,異文化交流のための様々な機会を提供しています。

■特別副専攻 
 海外留学を希望する人や語学力を高めたい学生を対象とした2つの特別副専攻(英語高度化プログラム,中国語実用化プログラム)を用意しています。

続きを読む… 折り畳む

障害者支援

島根大学では、「障がい学生支援室」を松江キャンパス内に設置しています。障がいのある学生が障がいを理由に修学を断念することがないよう、修学の機会を確保するとともに、障がいの有無に関係なくすべての学生が質の高い教育を受けることが出来るよう、障がいの種類に応じた支援をしています。具体的には、指導教員等と連携しながら修学上困難を抱える学生の相談(入学前相談、修学相談、就職相談等)やノートテイクなど合理的配慮にもとづいた修学支援を行っています。
 また、障がいのある学生を支援する学生サポーター養成も行っています。

就職・進路選択支援

 就職等の支援は大学教育センター(キャリア担当)を中心に行っています。
 学生の職業・進路選択及び就職活動をより円滑に推進するため,就職情報の提供,就職相談,キャリア教育の企画・実施等を行っています。

課外活動

クラブ活動の状況

 松江キャンパスには,大学及び全学学生団体「島根大学学生生活推進会」の公認する課外活動サークルが,体育系・文化系を合わせて約100団体あり,多くの学生が参加し学内・学外においてそれぞれ特色ある活動を行っています。
 出雲キャンパス(医学部)には,約50団体の課外活動サークルがあり活動を行っています。

 例として,体育系サークルの「水泳部」,「アメリカンフットボール部」等は各種大会において優秀な成績を収めており,また「よさこい連 國美輝(くにびき)」は地域のさまざまな行事でよさこい踊りを披露し,地域活性化に貢献しています。

 また,文科系サークルは,学内外において演奏会,発表会,展示などを行い,地元の方との交流を通して地域活性化に貢献しています。

ボランティア活動の状況

 本学では,学生の自主性,コミュニケーション能力,創造性等を高め,学生生活の活性・充実に資するとともに,地域との交流を推進することを目的として,学生の自主的活動であるボランティア活動を積極的に推進しています。

 特色的な取組みとして,学生の自主的活動を評価し教育効果の向上を図るために,学生の正課外活動をポイントとして評価(可視化)する仕組みであるビビットポイント制度を構築しています。これにより学生の積極的な正課外活動への参加を促し,地域の再生・活性化に寄与するとともに,社会の要請に応じる人材の育成を目指しています。

学生寮一覧

学生寮の有無
所在地松江市西川津町3371-1 GoogleMapで参照
学生寮からキャンパスへのアクセス

徒歩約10分

徒歩約10分

定員168人
寮費(食費込)
寮費(食費無)25,000円
入寮条件

 4月に学部1年生に入学する者で,原則として自宅から大学までの通学時間が片道90分以上であること。

 4月に学部1年生に入学する者で,原則として自宅から大学までの通学時間が片道90分以上であること。

特色

 留学生との混住型です。
 寮入口は電子式オートロックを,各居室への入口の鍵はシリンダーキーを採用し,防犯カメラを設置するなど安全性を重視しています。

 A棟:25,000円(寄宿料24,000円,共益費1,000円),居室は完全個室で電気・水道は個人契約です。同じ敷地内にC棟:17,000円(宿料16,000円,共益費1,000円)と居室以外共同のB棟:8,500円(寄宿料4,000円,共益費2,500円,居室電気料2,000円)もあります。定員はA棟168名,B棟91名,C棟59名です。

 留学生との混住型です。
 寮入口は電子式オートロックを,各居室への入口の鍵はシリンダーキーを採用し,防犯カメラを設置するなど安全性を重視しています。

 A棟:25,000円(寄宿料24,000円,共益費1,000円),居室は完全個室で電気・水道は個人契約です。同じ敷地内にC棟:17,000円(宿料16,000円,共益費1,000円)と居室以外共同のB棟:8,500円(寄宿料4,000円,共益費2,500円,居室電気料2,000円)もあります。定員はA棟168名,B棟91名,C棟59名です。

財務諸表等