ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  共生システム理工学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  共生システム理工学 3年 博士(理工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・ディプロマポリシーを達成するために、「共通科目」、「専門科目」、「特別研究」の3科目区分を設定している。これらの他に、指導教員の所属する研究プロジェクトに参加し、実務家を含む研究プロジェクトメンバーから多面的、実践的視点に立った助言・指導を受ける。

                  ・共通科目は、共生のためのシステム科学を基盤とし、実社会に役立つ人材を養成する目的から、文理融合的視点、経済・経営的視点を含めて、研究・技術マネジメントができる能力を涵養するために設定している。

                  [共通科目A]
                  ・博士後期課程に就学するにあたっての基礎的素養として修得しておくべき科目。

                  [共通科目B]
                  ・博士後期課程の修了年次において、キャリア教育の一環として各自の希望する進路に応じて活躍する方策を支援する履修科目。

                  [専門科目]
                  ・各領域において、高度専門職業人・研究者として必要な高度な専門的力量、学識を涵養するための科目。

                  [特別研究]
                  ・自立した研究・開発を遂行できる能力を涵養するための研究活動。研究の成果は博士論文として取りまとめた後、審査委員会での審査を受けた上で、研究発表(最終試験)を行い、それらの結果を踏まえて研究科委員会での審査を受ける。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   共生システム理工学研究科は,既設の修士課程(2年)を博士前期課程とし,高度な専門性を深化させ,博士後期課程(3年)では,「共生」のシステム科学をもとに持続循環型社会を目指し,21世紀の課題解決に向け,各領域で自立して研究活動を行うことができる高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とするため,広範で多様な専門教育を提供できるよう1専攻(共生システム理工学専攻)とします。また,専門的研究指導体制を明確にするため,「共生機械システム」,「産業共生システム」,「環境共生システム」の3領域を設けると同時に,研究能力を実践的に涵養するため,実務家を入れた研究プロジェクトを実施します。これらのプロジェクトには福島県立会津大学,福島県立医科大学等連携大学の教員が参加すると同時に,大学院課程の授業科目を単位互換し,内容の充実と必要に応じた新たな人材養成に応える科目の設定を行います。大学院生は自らのテーマと関連した研究プロジェクトに参加し,連携大学を含む他大学,実務家,学内プロジェクトメンバーから,助言指導を受けると同時に,プロジェクト内の他の研究を理解し,自らの関連性を深めながら研究を推進します。さらに,地域社会のニーズと大学院教育のマッチングを促進する一環として,地域に貢献できる実践的な研究能力を有する高度専門職業人を養成するため,地域の課題に積極的にかかわることを目的として福島県の研究機関や企業の協力を得て,現場での開発・検証実験ができる体制を整えています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ・本研究科博士後期課程では、持続循環型社会の実現や、少子・高齢化問題への対策など、21世紀の課題解決に貢献できる人材の養成を目的としている。このような複雑で複合的な要因を有する課題の解決のためには、これまでの理工系大学院の中心であった自然科学に関する高度な専門知識及び研究能力だけでなく、人間科学・社会科学的な素養も身に付けた国際的に活躍できる高度専門職業人・研究者が求められている。

                  ・そこで、人—産業—環境の共生を理念として、共生機械システム、産業共生システム、環境共生システムの3領域で研究プロジェクトを実施し、実践的な活動の機会を通して、自立して研究・開発を行う能力のある人材を養成する。これにより、人を中心とし、産業や環境との共生を考慮したシステム科学の創造、発展、継承を行い、新たな産業の創出と地域の活性化、国際貢献に寄与することを目指している。

                  ・博士後期課程では、前期課程までに培ってきた基礎的・実践的な学力を基盤として、以下の知識・素養・能力を修得する。

                  1.自然科学に関する高度な専門知識。
                  2.人間科学・社会科学的な素養。
                  3.21世紀の課題解決に向け、自立して研究・開発を行うことができる能力。

                  ・領域毎の具体的な知識や研究・開発能力は以下の通りである。

                  [共生機械システム]
                  ・生活の質の向上と安全・安心を求める要求に対して、深い人理解に基づき、人の特性を積極的に取り入れて機械システムを構築することが求められている。このようなシステム構築の方法を体系化することは、人と機械の次世代の共生関係を実現するために極めて重要である。このような視点に立ち、卓越した技術開発力と高度な研究能力を持ち、人理解科学、メカトロニクス、情報技術等に関する知識に基づいて、自立した研究を行うことにより、さまざまな産業分野において人と共生する機械システムの創出を支えることができる。

                  [産業共生システム]
                  ・文理融合の視点に立ち、21世紀型の新しい産業の創出と地域振興のために、資源材料・エネルギー・産業用微生物等に関わる工学技術や、数理情報基礎、情報・コンピュータ科学に加え、産業政策や環境経済、技術経営(MOT)、経営情報システム、生産管理とロジスティックスシステム等に関する理解に基づいて、地域特性を活かした持続循環型産業システムの創生に関する幅広い知識を備え、高度な工学的研究・開発を自立して行うことができる。

                  [環境共生システム]
                  ・環境システム分野の幅広い知識を身に付けた上で、フィールド調査、衛星観測からモデリングまでの様々な環境解析手法を修得し、水や物質循環に沿った専門的な環境解析を行って環境変化の実態を把握し予測することができる。あるいは、大気圏・水圏・地圏・生物圏・人間圏における環境保全や汚染浄化、望ましい環境の再生等に関する専門技術や手法を修得し実践できる。また、自然資源の量や質、都市・農村での人間活動による影響を様々な環境情報を活用して評価し、持続可能な人間環境システムの管理・計画ができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野