ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学群

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  共生システム理工学類 4年 学士(理工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ○共生システム理工学類
                  共生システム理工学類は、人―産業―環境に関わる課題を共生のシステム科学の視点で学び、自ら課題を発見し解決できる能力と文理融合型の思考力を有し、個性に応じた実践型キャリアを身に付けた人材を養成することを教育目標に掲げています。そのために、「Ⅰ 21世紀の諸問題に挑戦し、解決する力」「Ⅱ グローバルな視点から、物事を探求する力」「Ⅲ。問題解決のための実践力」「Ⅳ システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力」の4つの能力をディプロマポリシー(DP)として明示しています。そこで、本学類のカリキュラムは、これらDPの各項目を育むために以下のように構成されています。

                  1.学類DP達成のため、次の4つを教育の柱としています。
                  (1) 基礎・基本を重視し、自ら問題を設定し、問題解決のできる教育を重視します。これにより、DPの「Ⅰ 21世紀の諸問題に挑戦し、解決する力」、「Ⅳ システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力」を養います。
                  (2) 視野の広い人材を育成するための文理融合型教育を重視します。これにより、DPの「Ⅳ システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力」を養います。
                  (3) 国際貢献できる国際性を身につけるための教育を重視します。これにより、DPの「Ⅱ グローバルな視点から、物事を探求する力」を養います。
                  (4) 実践力を身につける実践型教育を重視します。これにより、DPの「Ⅲ 問題解決のための実践力」「Ⅳ システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力」を養います。特に、各専攻において専門性を身につける教育を含みます。これにより、DPの「Ⅳ-2 各専攻が掲げる専門的力量」を養います。
                   
                  2.これらを具体化するために、「学群共通科目/学類基礎科目」、「専攻基礎科目」、「専攻実践科目」、「専攻専門科目」、「文理融合科目」、「演習・卒業研究」の6領域を配置します。「学群共通科目/学類基礎科目」は DPのⅠ、Ⅳが、「専攻基礎科目」はDPのⅠ、Ⅳが、「専攻実践科目」は上記DPのⅡ、Ⅲ、Ⅳが、「専攻専門科目」はDPのⅣ-2が、「文理融合科目」はDPのⅣが、「演習・卒業研究」はDPのⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳが、主に組み込まれます。
                   
                  3.これら6領域それぞれに基礎単位を必修化すると同時に、選択科目を可能な限り拡大し、きめ細やかな修学指導を行うことによって、学生の多様な学習ニーズに対応します。

                  4.共生システム理工学類を構成する3つの専攻は、次のような教育を特色とし、DPのⅣ-2を養います。

                    「人間支援システム専攻」:人理解を基礎とする人技術の教育を主体とします。
                    「産業システム工学専攻」:省資源・最適生産を目的とした持続循環型産業システムの教育を主体とします。
                    「環境システムマネジメント専攻」:自然資源の質的・量的確保・保全を目的とし、保全・浄化・管理計画の教育を主体とします。

                  5.すべての専攻の「専攻基礎科目」、「専攻実践科目」、「専攻専門科目」で、理工系の基礎・基本科目と、経営マインド、環境マインドを理解する文理融合科目を設置し、視野の広い人材を育成します。その上で、理工系の専門科目を配置し、少人数によるきめ細やかな教育支援体制とGPA等による達成度評価により、学生の基礎学力を保証します。

                  6.その他、本学類が開講する各授業科目にDPの各項目をバランス良く配置し、カリキュラム全体での理工学類DPの達成を図ります。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  共生システム理工学類では,(1)基礎・基本を重視し,自ら問題を設定し,問題解決のできる教育の重視,(2)視野の広い人材を育成するための文理融合型教育の重視,(3)国際貢献できる国際性を身につけた教育の重視,(4)実践力を身につける実践型教育の重視,の4つを教育の柱としています。これらの具体化のために,「専門領域」を,「基礎科目」,「専攻専門科目(講義科目+文理融合科目+実践科目)」,「自由選択科目」,「演習」,「卒業研究」の5領域に区分し,それぞれに基礎単位を必修化すると同時に,選択科目を可能な限り拡大し,きめ細かな修学指導を行うことによって,学生の多様な学習ニーズに対応しています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【共生システム理工学類】
                  本学類は、従来の理工系学問だけでは解決できない、21世紀なってから表面化してきた新種の様々な問題を理解し、その根本的な原因を見出すとともに、このような問題の解決に積極的に挑戦し、「人−産業−環境の共生」の観点から、持続循環型(または持続可能な)社会の実現に貢献することができる幅広い専門知識と実践能力を身につけた人材を養成する。
                  そのため「21世紀の諸問題に挑戦し、解決する力」「グローバルな視点から、物事を探求する力」「問題解決のための実践力」「システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力」の4つの能力を、ディプロマポリシーとして提示する。

                  Ⅰ 21世紀の諸問題に挑戦し、解決する力
                  Ⅰ-1 少子高齢化、地球環境、エネルギー問題など21世紀の諸問題の中から、自ら課題を設定して、その原因を見出すことができる。
                  Ⅰ-2 21世紀の諸問題の解決に向け、適切な方法を用いて、自主的、継続的に学習を進めることができる。

                  Ⅱ グローバルな視点から、物事を探求する力
                  Ⅱ-1 地域のみならず国際感覚も身につけ、国際貢献に十分対応することができ、幅広い視野で物事を探求できる。
                  Ⅱ-2 日本語による論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につけている。

                  Ⅲ 問題解決のための実践力
                  Ⅲ-1 21世紀の諸問題に対して、様々な角度から実践的な取り組みができる。
                  Ⅲ-2 与えられた制約の下で計画的に仕事をまとめることができる。

                  Ⅳ システムサイエンスに関する幅広い専門知識と実践能力
                  Ⅳ-1 「人―産業―環境の共生」に関わるシステムサイエンスを理解する上で重要な、視野の広い文理融合センスを身につけている。
                  :科学・技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および科学技術者が社会に対して負っている責任を理解している。
                  :数学、自然科学および情報技術に関する知識を身につけ、それらを応用できる。
                  :種々の科学、技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を身につけている。
                  Ⅳ-2 各専攻が掲げる専門的力量を身につけ、研究・開発に応用することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可386,500円

                  転学部・編入学情報補足


                  (編入学についての補足)
                  高等専門学校からのみ編入学可能
                  費用内訳
                  ・検定料30,000円
                  ・入学料282,000円
                  ・諸経費は74,500円

                  専攻分野

                  その他専攻分野