ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  共生システム理工学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  共生システム理工学 2年 修士(理工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・共生システム理工学専攻の博士前期課程では,本専攻に2年以上在学し,所定の単位を修得した上で,研究科が行う修士論文の審査に合格したものに,修士(理工学)の学位を授与する。また本専攻のカリキュラムは,ディプロマ・ポリシーに掲げた姿勢・知識・技能・能力を育むために以下のように構成されている。
                  ・本専攻は,従来の科学技術の枠組みにとらわれず,地球規模の視野と多元的な視点を持ち,共生のシステム科学という新たな枠組みの中で物事を考え,対応できる力を有する人材を育成するため,広範で多様な専門教育を提供できるよう多様な研究分野を包含するとともに,個々の専門的学習目標を明確化するため,数理・情報科学,物理・機械システム,物質・エネルギー科学,生命・環境システムの4分野を設けている。
                  ・各分野では,専門科目群を「基礎領域-関連領域-発展領域」の3段階に区分し教育課程を明確化した上で,大学院課程での専門職業人育成の核となる多様な基礎・発展領域科目群を用意しており,直接の専門外の大学院生からは多元的な視点を涵養するための関連領域科目群として履修可能にしている。
                  ・さらに,地域社会のニーズと大学院教育のマッチングを促進する一環として,地域に貢献できる実践的な力を有する専門職業人を育成するために,地域の課題と積極的にかかわることを目的とした「地域実践研究」の授業を,福島県の研究機関の協力を得て実施している。
                  基礎領域,関連領域,発展領域,地域実践研究,及び修士論文研究の具体的な内容は以下の通りである。基礎領域・関連領域・発展領域の科目では,表現力や対話力の育成を目的とした討論型授業時間の設定も重視している。

                  [基礎領域]
                  専門分野における基礎的な領域に関する科目。

                  [関連領域]
                  他専攻・他研究科を含む専門分野以外の領域に関する科目。担当教員から異分野における標準的な研究手法や開発手法,討論方法などを学ぶことをねらいとする。

                  [発展領域]
                  専門分野における発展的な領域に関する科目。

                  [地域実践研究]
                  福島県の試験研究機関等において,履修者の専門や研究と関連して,実践的かつ具体的に試験研究機関等で実施している研究活動を体験するとともに,自らの研究内容を実践し,その有効性を検証する。

                  [修士論文研究]
                  専門分野において問題解決方法の主体的な探索に基づく研究を行い,その成果を修士論文として取りまとめるとともに,審査委員に対して発表する。審査にあたっては,研究テーマ設定の意義と明確性,関連研究の十分な調査・引用,研究方法の適切な選択,結果の解釈の妥当性,論理的な論述展開,新規性ないしは有用性,倫理規範の遵守について評価する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   共生システム理工学研究科は,既設の修士課程(2年)を博士前期課程とし,高度な専門性を深化させ,博士後期課程(3年)では,「共生」のシステム科学をもとに持続循環型社会を目指し,21世紀の課題解決に向け,各領域で自立して研究活動を行うことができる高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とするため,広範で多様な専門教育を提供できるよう1専攻(共生システム理工学専攻)とします。また,専門的研究指導体制を明確にするため,「共生機械システム」,「産業共生システム」,「環境共生システム」の3領域を設けると同時に,研究能力を実践的に涵養するため,実務家を入れた研究プロジェクトを実施します。これらのプロジェクトには福島県立会津大学,福島県立医科大学等連携大学の教員が参加すると同時に,大学院課程の授業科目を単位互換し,内容の充実と必要に応じた新たな人材養成に応える科目の設定を行います。大学院生は自らのテーマと関連した研究プロジェクトに参加し,連携大学を含む他大学,実務家,学内プロジェクトメンバーから,助言指導を受けると同時に,プロジェクト内の他の研究を理解し,自らの関連性を深めながら研究を推進します。さらに,地域社会のニーズと大学院教育のマッチングを促進する一環として,地域に貢献できる実践的な研究能力を有する高度専門職業人を養成するため,地域の課題に積極的にかかわることを目的として福島県の研究機関や企業の協力を得て,現場での開発・検証実験ができる体制を整えています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本専攻は,共生のシステム科学という新たな学問体系の確立を目指し,21世紀の課題解決に向けて広範で多様な教育・研究を行い,地域に貢献できる実践的な力を有する専門職業人を育成する。博士前期課程では,学士課程で築いた基礎の上に,以下の姿勢・知識・技能・能力の修得を求める。

                  1. 共生のシステム科学という新たな枠組みの中で,個々の専門分野を超えた多元的な視点から事象をとらえようとする姿勢と,課題解決において異分野の専門家と対話できる能力。
                  2.異分野の専門家と協力して課題解決を行う際の基本となる,自己の専門分野の知識・技能。
                  3.専門的な知識・技能を具体的な課題解決に主体的・実践的に活かす能力。
                  4.専門的な知識・技能や研究成果を他者に的確に伝える能力。

                  また,学位授与にあたって専門分野毎に要求する具体的な知識や能力は以下の通りである。

                  [数理・情報システム分野]
                  数学,情報科学,またはそれらを基礎とする人間-社会システム分野の研究を通して得られる,専門的な知識・技能および実践的な知識運用・課題解決能力。
                  [物理・メカトロニクス分野]
                  物理学,機械・電気工学,またはそれらを基礎とする生体-機械システム分野の研究を通して得られる,専門的な知識・技能および実践的な知識運用・課題解決能力。
                  [物質・エネルギー科学分野]
                  化学,材料科学,またはそれらを基礎とする産業-社会基盤システム分野の研究を通して得られる,専門的な知識・技能および実践的な知識運用・課題解決能力。
                  [生命・環境分野]
                  生物学,心理学,地球科学,またはそれらを基礎とする生命-環境システム分野の研究を通して得られる,専門的な知識・技能および実践的な知識運用・課題解決能力。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  数学・情報科学・統計学
                  物理学
                  化学
                  生物学・生化学・バイオ
                  地質学
                  機械工学・自動車工学
                  電気・電子・通信工学
                  システム・制御工学
                  情報工学・コンピューター
                  土木工学
                  建築学
                  環境デザイン・都市デザイン
                  応用化学・環境工学
                  応用物理学
                  応用生物学(生物工学)
                  鉱物・資源・エネルギー工学
                  金属・材料工学
                  経営工学・管理工学
                  医用工学・生体工学

                  その他専攻分野