ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人間発達文化研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教職教育 2年 修士(教育学)
                  地域文化創造 2年 修士(地域文化)
                  学校臨床心理 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本研究科のカリキュラムは,専門探究力,コーディネート力,人材育成力を育むために以下のように構成されている。
                  1.本研究科は,教育目標を,人材育成のエキスパート(経験を通して得た知識・技能を駆使できる熟達者)の育成においている。
                  2.人材育成の基礎・基本を育むために,教書教育専攻及び地域文化創造専攻では,「専攻共通科目」「領域共通科目」を,学校臨床心理専攻では,「基礎論」科目を,必修科目として配置している。
                  3.各専攻の専門探究力を形成するために,教職教育専攻及び地域文化創造専攻では,「専攻専門科目」を,学校臨床心理専攻では,「方法論」・「実践論」科目を配置している。
                  4.各専攻の専門探究力を深化させるために,3専攻共通に「課題研究」「実践研究」を,教職教育専攻及び地域文化創造専攻ではそれらに加え「専門演習」を配置している。
                  5.学生の実践力を伸張するために,教職教育専攻に「教育実践研究」,地域文化創造専攻に「プロジェクト実践研究」を配置している。
                  6.学生の興味関心や将来の進路の希望を重視し,専門探究力の定着をはかるために,「学位論文」,「プロジェクト研究」(地域文化創造専攻のみ),「修了演奏・修了製作」(地域文化創造専攻・芸術文化領域)という多様な修了研究の形態をとっている。
                  7.教員養成・教員研修の高度化をはかるために,次のようなユニークな仕組みを用意している。
                  ・福島県教育委員会と協同で作成した「福島の教員スタンダード」に基づく「教職専門性向上コースワーク」。
                  ・附属学校園や公立学校の協力を得た「研究拠点校における実践研究」。
                  ・附属学校園の協力を得て,ストレートマスターの教員資質・能力の維持・向上をめざす「アシスタントティーチャー実習」。
                  8.職業等をもつ学生の修了を支えるために,標準修了年限を超えて,一定期間にわたり計画的にカリキュラムを履修することができる長期履修制度を設けている。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本研究科は、地域の抱える課題を克服し、次世代を育成するために、学類の理念をさらに発展させ、高度専門職業人にふさわしい知識や技能をもった「人材育成のエキスパート」を養成するために、「専門探究力」「コーディネート力」「人材育成力」の3つの能力を提示している。

                  専門探究力
                  人間や地域や文化に対する問題意識を持ち、高度専門職業人にふさわしい知識と技能を修得している。

                  コーディネート力
                  課題を解決するために必要な組織や人材を活かしながら、修得した知識や技能を学校や地域で積極的に生かそうとする態度や技能を身につけている。

                  人材育成力
                  人間や社会の発達における文化の役割を理解し、次世代を育成する実践力を有している。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野