ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  佐賀大学医学部規則 第1条の2 (医学部の基本理念)

                  医学部に課せられた教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することによって,社会の要請に応えうる良きい医療人を育成し,もって医学・看護学の発展及び地域包括医療の向上に寄与する。

                  詳細URL https://kiteikanri2011.admin.saga-u.ac.jp/doc/rule/43.html
                  上記URLにて,学科の目的についてもご覧いただけます。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  医学部は,教育・研究・診療の三つの使命を一体として推進することによって,社会の要請に応えうる良き医療人を育成し,もって医学・看護学の発展並びに地域包括医療の向上に寄与することを基本理念とします。

                  ■看護学科
                  高い倫理観に基づき健康についての問題を包括的にとらえ,柔軟に解決する実践能力を持った看護職者を育成します。そのためのカリキュラム編成と本カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等および入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組みは以下の通りです。
                  カリキュラム編成・カリキュラムに適応するために必要な入学時の能力や適性等
                  ・教養教育科目
                  自然,文化,社会に関する基礎的な知識を修得するために,専門に関する特定の教科や科目に留まらない幅広い知識や考え方を身に付けておくとともに,外国語科目(英語)を履修するための基本的な英語の学習力が必要です。
                  ・インターフェース科目
                  現代社会の諸問題との接続を意識した問題発見能力や解決能力を修得するために,現代的な課題や事象に対する興味・関心だけでなく,学生同士のグループ学習やプレゼンテーションなどを含むアクティブ・ラーニングを積極的に行っていくための主体的な行動力や学習態度が必要です。
                  ・専門基礎科目
                  看護学に必要な基礎的知識として人体の構造と機能及び病態・疾病と治療を学ぶ授業科目と,関連領域の基礎的理解(看護倫理,栄養学)や専門的技能を学ぶ授業科目(看護英語,キャリアデザイン,看護研究入門など)で構成されるため,高等学校で履修する数学,理科に関する基礎的理解と応用力に加え,他の教科・科目に関する幅広い知識と技能が不可欠です。
                  ・看護専門科目
                  看護についての専門的な知識・技能に関する総合的な内容を系統的に学修する授業科目で構成し,知識の修得とともに,自己学習の習慣を身につけ,科学的論理的思考に基づいた問題解決に努めることを目標として実践演習型学習や少人数グループ学習を取り入れ実施するため,積極的に議論へ参加する態度や,周囲とのコミュニケーションを通じて,学習活動を活性化できるような能力や姿勢を持っていることが不可欠です。
                  ・臨地実習
                  看護学の知識・技術ならびに看護職者としての実践能力を修得するとともに,地域社会に要請されている医療における看護の意義を理解し,看護職者の責務への自覚を培うキャリア教育の場として,チーム医療の一員として他者と共感して良い人間関係を作る実践の場として,医学部附属病院と地域の医療機関との連携の下に実施するため,学んだことを実践に生かす能力や姿勢とともに,協調性やコミュニケーションを通じてチーム医療の一員として学習できる態度,姿勢および行動力を持っていることが必要です。

                  〈入学志願者に求める高等学校等での学習の取り組み〉
                  看護学は,健康な人から病をもつ人まで様々な健康レベルの人々を対象とした実践科学です。人間は身体的・精神的・社会的存在で,環境と相互作用しながら健康を維持しています。健康には,自然・人文・社会科学的要素が深く関わっているため,看護学の学習のためには,高等学校で履修すべき科目を偏ることなく,幅広く習得しておくことが必要です。看護実践の基礎となる,看護の知識と専門的技術の修得には,特に,生物・化学・物理・数学の基本的事項を理解し,論理的な思考ができるようにしておく必要があります。また,看護は人間関係を通して実施されるため,文章による意思の疎通に必要な国語力や自己・他者間の理解を共有するためのコミュニケーション能力を獲得していることも重要です。大学での学習は,看護の生涯学習の基盤となるため,国内外の社会に目を向け,読書やボランティア活動などの自己啓発の取組みを通じて,自ら考える積極的な姿勢が望まれます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【教育課程編成・実施の方針】
                  教育方針を具現化するために,以下の方針の下に教育課程を編成し,教育を実施する。
                  1.教育課程の編成
                  (1) 効果的な学習成果を上げるために,教養教育科目と専門教育科目を順次的・体系的に配置した4年一貫の教育課程を編成する。
                  (2) 教養教育において,市民社会の一員として共通に求められる基礎的な知識と技能に関する授業科目(基本教養科目),市民社会の一員として思考し活動するための技能に関する授業科目(外国語科目,情報リテラシー科目),現代的な課題を発見・探求し,問題解決につながる協調性と指導力を身につけさせるための授業科目(大学入門科目,インターフェース科目)を幅広く履修できるように配置する。
                  (3) 教養教育における市民社会の一員として思考し活動するための技能に関する教育は,初年次から開講し,基礎的な汎用技能を修得した上で,専門課程における応用へと発展的な学習に繋げる。
                  (4) 看護職者として必要な素養,知識,技術を身に付けるための基本的事項を学習する専門教育科目を,「専門基礎科目」と「看護の機能と方法」「ライフサイクルと看護」「統合分野」「臨地実習」「公衆衛生看護学コース」「助産学コース」

                  6つの小区分をもつ「看護専門科目」に大別し,1∼4年次まで段階的に配置する。
                  ・「専門基礎科目」:看護学に必要な基礎的知識として人体の構造と機能及び病態・疾病と治療を学ぶ授業科目(人体の構造と機能(解剖学・生理学,生化学),微生物学・寄生虫学,病理学,臨床薬理学,病態・疾病論,リハビリテーション概論)と,関連領域の基礎的理解(看護倫理,栄養学)や専門的技能を学ぶ授業科目(看護英語,キャリアデザイン,看護研究入門など)で構成する。
                  ・「看護専門科目」:看護についての専門的な知識・技能に関する総合的な内容を系統的に学修する授業科目で構成し,知識の修得とともに,自己学習の習慣を身につけ,科学的論理的思考に基づいた問題解決に努めることを目標として実践演習型学習や少人数グループ学習を取り入れ実施する。
                  「看護の機能と方法」「ライフサイクルと看護」「統合分野」を構成する授業科目では,医療における看護の役割と責務について理解し,看護の対象の理解や展開される環境において必要な看護の基礎的実践能力を修得する。
                  「臨地実習」は看護学の知識・技術ならびに看護職者としての実践能力を修得するとともに,地域社会に要請されている医療における看護の意義を理解し,看護職者の責務への自覚を培うキャリア教育の場として,チーム医療の一員として他者と共感して良い人間関係を作る実践の場として,医学部附属病院と地域の医療機関との連携の下に実施する。
                  「公衆衛生看護学コース」は保健師として必要な素養,知識,技術を身に付けるための基本的事項を学修する専門教育科目で構成し実施する。
                  「助産学コース」は助産師として必要な素養,知識,技術を身に付けるための基本的事項を学修する専門教育科目で構成し実施する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【学位授与の方針】
                  教育目的・教育目標を実現するために,佐賀大学学士力を踏まえ,学生が身に付けるべき以下の具体的学習成果の達成を学位授与の方針とする。また,学則に定める卒業の認定の要件を満たした者には,教授会の議を経て,学長が卒業を認定し,学位記を授与する。
                  1.知識と技能
                  (1) 文化・自然・現代社会と生活に関する授業科目を履修・修得し,基礎的な知識と技能ならびに多様な文化と価値観を理解するとともに,それらの知識を基に,医療職者としての自己の存在を歴史・社会・自然・人間生活と関連付けて理解できる。
                  (2) 言語・情報・科学リテラシーに関する授業科目を履修・修得し,日本語と英語を用いたコミュニケーション・スキルを身に付け,情報通信技術(ICT)などを用いて,多様な情報を収集・分析して適正に判断し,モラルに則って効果的に活用することができる。
                  (3) 看護学・医療分野の基礎的な知識・技術を体系的に修得し,看護職者としての業務を遂行する職業人として必要な実践能力を有する。
                  2.課題発見・解決能力
                  (1) 実践演習型学習や多面的な臨地実習の学習を通して地域における保健・医療・福祉をめぐる動向等を含む現代的な課題に関心・理解を持ち,解決に必要な情報を収集・分析・整理し,科学的・論理的な思考に基づいて,その問題の解決に取り組むことができる。
                  (2) 専門的な看護実践の学習を通して看護理論やエビデンスの検証を基盤にした保健・医療の進歩における看護学研究の必要性を理解し,課題解決に向けての基本的研究技能と研究マインドを身に付けている。
                  (3) グループ学習や臨地実習を通して人間理解に立った良い人間関係の形成,医療チームの一員としての協調・協働した行動,リーダーシップを発揮する率先した行動,後輩等に対する指導力などを身に付け,実践できる。
                  3.看護を担う社会人としての資質
                  (1) 看護過程の展開における課題解決(型)学習などを通して自己学習の習慣を身に付け,絶えず看護の質の向上に向けて生涯学習を行う意欲と態度を有する。
                  (2) 4年間の教養教育及び専門教育課程を通して高い倫理観と多様な文化や価値観を理解しうる豊かな人間性を育み,看護職者の責務への十分な自覚のもとに,自らを律して社会および看護職者の規範に従って行動できる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  ■看護学科の教育目標
                  ①看護職者にふさわしい豊かな感性を備え、ひとを尊重する態度を身につける。
                  ②的確な看護実践ができるように、看護の知識と技術を修得する。
                  ③看護の多様な問題に対処できるように、自ら考え解決する習慣を身につける。
                  ④社会に対する幅広い視野をもち、地域における保健医療福祉の活動に貢献できる基本的能力を養う。