ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

地域学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育研究上の目的と3つの方針

学部・研究科等ごとの目的

地域学部地域学科は,生活の質の向上とその基盤である地域の持続可能な発展を目指して,地域をつくりあげている諸要素や人々のつながりからなる地域特性と地域の諸課題を的確に捉えて探求するための知識及び思考力並びに課題解決に参画する社会的実践力を有する人材を養成することを目的としています。
 なお、各コースの教育研究上の目的は,次の各号に掲げるとおりです。
一 地域創造コースは,地域の現在及び将来の課題の解決に向けて,さまざまな主体との協働による地域の振興・活性化の方法,将来の望ましい地域のあり方を学び,積極的かつ主体的に取り組む地域創造に資するキーパーソンとなりうる人材を養成することを目的とする。
二 人間形成コースは,人間形成に関わる諸理論と実践を学び,学校教育のみならず,生涯にわたる人間形成の立場から,地域の人づくりを支えるキーパーソンを養成することを目的とする。
三 国際地域文化コースは,現代社会の構造と文化的特質,グローバルな文化と芸術文化,地域の生活文化など,様々な文化の関係性とそれが生活においてもつ意味を理解して,日本を含む世界の様々な地域で,異質なものを相互に認め合いながら,一人ひとりの生活と生の充実及びつながりの創出を実現する人材を養成することを目的とする。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

 地域学部では,地域とそこに生きる人々との関わりに関心を持ち,これを科学的に探求し,地域の持続的発展に貢献したいという意欲をもった,次のような人を求めます。

1 地域学を学ぶために必要な,文化,社会,自然に関する基礎的な知識・技能を有する人
2 地域学を学ぶために必要な,基礎的な思考力,判断力,表現力を修得している人
3 自己の能力を継続的に向上させようとする意欲がある人
4 倫理観及び責任感をもち他者と協働して地域社会の持続的発展に貢献したいと考えている人

 上記のような人を選抜するために,様々な背景を持つ人に対して広く受験機会の門戸を開くよう,多様な入試の機会を設けます。

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

地域学部は,学生が学位授与方針で示した能力を身につけることができるよう,次に掲げる方針のもと,体系的な教育課程を編成し実施します。

1 大学での学修の動機を明確にして,主体的に学修にとりくめるよう,大学入門科目および学部・学科の専門に関わる入門科目を設けるなど初年次教育を充実します。
2 教養豊かな地域学士を養成するため全学共通科目と学部の専門科目をバランスよく提供します。
3 地域に生起する公共的課題を実践的に解決できる力を形成するため,これを理論的に追究する科目と実践的に探求する科目,そして両者を統合する科目を設けて,知と実践を融合する教育課程を編成します。
4 自律的な生涯学習力を形成するために,各授業で,学び続けることの意義,地域の公共的課題に関する持続的な興味・関心,学習スキルの形成を目指します。
5 他者と協働して,地域の諸問題の実践的解決できる力を養うために,対話型・共同参加型の授業の展開に努めるとともに,国内外でのフィールドワークなど活動的学びを積極的に取り入れます。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 地域学部は,学生が本学における学修と経験を通じて次の能力を身につけたときに,学士(地域学)の学位を授与します。

1 文化,社会,自然に関する幅広い知識・理解,これを土台とした,地域の公共的課題の探究に関わる知識・理解,知識獲得のための方法と技能,そしてこれらを統合した豊かな教養
2 地域に生起する諸問題を探求し解決していくのに必要な,論理的思考力,批判的判断力,創造的表現力
3 地域の現実問題に対して幅広い興味・関心を形成し,主体的・自律的・継続的に学び続けることができる生涯学習力
4 高い倫理観及び責任感をもち,他者との豊かなコミュニケーションをもとに,協働して地域社会を創造する社会的実践力