ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

農学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
獣医学科 6年 学士(獣医学)
共同獣医学科 6年 学士(獣医学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 農学部は,大学の教育課程編成・実施の方針に加え,動植物のいのちを育む力,守る力,探求する力を養う教育を実践します。そのために「専門科目」または「専門教育科目」を通じて,基礎的専門知識と課題探求能力を備え,実践力のある人材を育成出来る様な教育課程を編成し,実施します。
【共同獣医学科】
 共同獣医学科は,大学の教育課程編成・実施の方針に加え,動物の健康の増進,公衆衛生の向上,人間社会や環境における健全性の維持に貢献できる,あらゆる命の専門家の育成が教育上の理念です。そのため,日本だけでなく国際社会をリードする者に不可欠な教養教育を基盤に,動物に関わる総合的・実践的かつ高度な獣医学教育を展開します。
1.一般教養科目 人として,さらに獣医師として必要な自然科学の基盤,社会的規範及び国際性など,多様な領域について学問的関心を持ち,幅広い総合的な判断力を培い,かつ豊かな人間性を涵養することを目的とする教育を実施します。また,獣医学専門教育を開始する準備として,少人数を対象とした個別指導教育の実施や獣医学の多様性と獣医師の社会的役割を概説します。
2.専門教育科目 斉一教育科目群と専修教育科目群から構成されます。前者は,獣医学モデル・コア・カリキュラムに準拠した科目から成り,多様化する獣医師の職務を遂行する上で必要な知識・技能に関する教育を実施します。専修教育科目群は,実践的体験学習(インターンシップ),卒業研究及びアドバンス科目(選択科目)等から成り,問題解決力,課題探求力,論理的思考力,プレゼンテーション能力,英語活用能力及び実践的行動力を養います。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 農学部は,大学の卒業認定・学位授与方針に加え,学生が各学科における学修と経験を通じて,次の要件を満たしたときに「学士(農学)」または「学士(獣医学)」の学位を授与します。
【共同獣医学科】
 共同獣医学科は,大学の卒業認定・学位授与方針に加え,岐阜大学・鳥取大学共同獣医学科に6年以上在学し,卒業に必要な単位を修得することが,学位授与の要件です。また,これにより獣医師国家試験の受験資格が与えられます。
 共同獣医学科の課程を修了することにより,以下に掲げる能力を身につけた人材の輩出を目指します。
1.伴侶動物,産業動物,実験動物,野生動物の健康の維持に関する幅広い知識と技能を有する人材
2.口蹄疫のような大規模家畜伝染病の突発的な発生などに際しても対応できる問題解決能力を有する人材
3.未知の疾患や難治疾患に接した際などにも対応策を探し出すことができる科学的・論理的思考力を有する人材
4.災害などに際して動物の健康維持のみならず公衆衛生業務にも迅速に携わることができる実践的行動力を有する人材
5.コミュニケーションスキルが高く,動物の所有者との信頼構築や衛生行政の円滑な遂行などに必要な社会性と獣医学関連海外事情を積極的に収集できる国際性に優れた人材
6.食の安全・安心や家畜感染症及び人獣共通感染症などのリスクマネジメント能力を有する人材
7.国際獣疫事務局(OIE)のミニマム・コンピテンシーに記載されている多様化,高度化,国際化しつつある獣医学に対する社会的要請に対応し,公共獣医事(Veterinary Service)を担うことができる人材

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
獣医学
畜産学・動物学

専攻分野に関する説明