ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医学系研究科(臨床心理学専攻(修士課程))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
臨床心理学専攻 2年 修士(臨床心理学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

臨床心理学専攻修士課程では,次の目標のもとに体系的な教育課程の編成と研究指導を実施します。
1 学位授与の方針で示す研究能力や知識・技術の修得を通じて,臨床心理学分野の研究者・職業人として必要な倫理観を涵養し,自立して様々な領域で貢献する研究・実践活動を行うことができる知と実践の融合。
2 カリキュラム編成では,医学系研究科であることを活かし,医療や障害に関係する科目及び心理療法や心理的な支援に関係する科目を多く取り入れ,臨床心理士の養成に必要な科目と教員を配置。
3 地域に開かれた心理相談施設である「臨床心理相談センター」,並びに「医学部附属病院」を活かした実習。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

臨床心理学専攻修士課程では、臨床心理学分野の高度専門職業人の育成という教育理念や多様な分野の諸問題について臨床心理学的な査定・援助を幅広く行える人材を育成するという人材像の考えに基づいて,次の条件を満たした場合に,修士(臨床心理学)の学位を授与します。
1 臨床心理学の専門分野における研究能力または高度な専門性を必要とする職業を担うための優れた能力を身につけること。
2 所定の期間在学し,所定の単位を修得し,臨床心理学に関する修士論文の審査および試験に合格すること。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

その他の専攻分野
臨床心理学

専攻分野に関する説明