ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

工学研究科(博士後期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
情報エレクトロニクス専攻 3年 博士(工学)
社会基盤工学専攻 3年 博士(工学)
機械宇宙工学専攻 3年 博士(工学)
化学・生物応用工学専攻 3年 博士(工学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

鳥取大学大学院工学研究科(博士後期課程)では,本研究科(博士後期課程)の「学位授与の方針」に示す知識,技術,能力を学生が身に付けられるよう,次に掲げる方針の下,教育課程を編成し実施します。
 1.専門分野の高度な知識,技術を修得させるとともに,分野横断的な知識をも修得させる。
 2.特別研究,特別実験や研究活動を通じて,課題を発見して解析し解決する能力,他者に説明する能力を向上させ,自立した研究活動を行う能力を修得させる。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

鳥取大学大学院工学研究科(博士後期課程)は,人類の福祉と社会の発展に貢献するため,専門的及び学際的立場から工学分野の高度で先進的な教育研究を行うとともに,豊かな学識を有し,自立した研究活動を行う能力,社会の要請に対応できる応用力,創造力を有する技術者・研究者を養成することを目的としています。
 鳥取大学大学院課程教育の「学位授与の方針」を踏まえ,次の場合に博士(工学)の学位を授与します。
 学位論文が新規性,独創性,学術的波及効果または社会貢献性などを有している。また,学位申請者が高度な専門性を必要とする職業を担うための知識や技術,これらを運用し説明する能力,自立した研究活動を行う能力を身に付けている。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学
物理学
化学
生物学・生化学・バイオ
資源学
機械工学・自動車工学
電気・電子・通信工学
システム・制御工学
情報工学・コンピューター
土木工学
建築学
環境デザイン・都市デザイン
デザイン工学
応用化学・環境工学
応用物理学
応用生物学(生物工学)
原子力工学
鉱物・資源・エネルギー工学
金属・材料工学
航空工学・宇宙工学
画像工学・光工学・音響工学
医用工学・生体工学

専攻分野に関する説明