ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医学系研究科(博士前期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
機能再生医科学専攻 2年 修士(再生医科学)
保健学専攻 2年 修士(保健学)
生命科学専攻 2年 修士(生命科学)
医科学専攻 2年 修士(医科学)、修士(保健学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 学位授与の方針で示す能力を学生が身につけることができるよう、次に掲げる方針のもと、各専攻において体系的な教育課程を編成し、実施します。
1.教育課程・教育内容
・深い学識を身につけるための専門科目(専門家養成科目、選択必修科目、選択科目)とともに、広い視野を獲得できる共通科目(基盤的教育科目、必修科目)等による体系的な教育課程を編成します。
・研究遂行に必要な高い倫理観を身につけるための科目を配置します。
2.教育方法
・適切な研究指導体制等により、高度な課題発見・解決力及びコミュニケーション力を育成します。
3.学修成果の評価
・予め明示した成績評価基準に基づき、厳格な学修評価を行い、各専攻の定める評価基準に基づき、修士論文の審査及び試験を適切に実施します。
・学生の学修成果等をもとに、教育課程を検証します。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

大学HPをご参照ください。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 大学院の教育目的を踏まえ、学生が各専攻の定める科目を履修し、所定の単位を修得して論文審査及び試験に合格し、次の能力を身につけたときに学位(修士)を授与します。
1.広い視野と深い学識を有し、生命科学、遺伝子・再生医学、保健学、臨床心理学の各専門分野の専門的知識・技能を身につけ、高い研究遂行能力または高度な知識や技術を必要とする職業に従事する能力を有している。
2.各専門分野における高い倫理観を有し、人類、社会及び学術の発展に貢献することができる。
3.各専門分野における様々な問題に挑み、これらの問題に対処するための高度な課題発見・解決力及びコミュニケーション力を有している。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
生命科学
看護
医療・保健・衛生

専攻分野に関する説明