ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  教育学研究科は、教育に関わる理論と実践の往還を通じて、学校現場から課題を抽出し多様な人々と連携協働しながら、組織的に課題を解決するとともに地域に蓄積された実践知の継承と創造に取り組む意欲と力量を有する、高度な教育専門職としての初等中等教育教員の養成とその教員や学校を支援し、地域の発展に貢献できる高度専門職業人の養成を目的とします。

                  【教職実践専攻】
                  理論と実践の往還を通じて学校現場の課題を解決し、実践知の継承と創造に取り組む意欲と高度な力量を有する初等中等教員を養成します。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  教育学研究科は、教育に関わる理論と実践の往還を通じて、学校現場から課題を抽出し、多様な人々と連携協働しながら、組織的に課題を解決するとともに、地域に蓄積された実践知の継承と創造に取り組む意欲と力量を有する、高度な教育専門職としての初等中等教育教員の養成と、その教員や学校を支援し、地域の発展に貢献できる高度専門職業人の養成を目的とします。

                  【教職実践専攻(専門職学位課程・教職大学院)】
                  本専攻では、次のような人材を求めています。
                  1.現職教員院生は、研究主任、教務主任、主幹教諭などカリキュラム・授業開発、発達教育・特別支援教育の中核として働くスクールリーダーや指導主事になり得る人と、教頭、副校長、校長、教育委員会幹部など学校改革や学校マネジメントの中核となり得る人
                  2.学部卒院生は、学校現場において即戦力となる実践的な指導力を身につけ、授業開発と指導・支援の中核となり得る人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教職実践専攻

                  1.教育課程は、共通科目、コース科目、実習科目及び省察科目から構成される。
                  2.授業は専任の研究者教員と実務家教員、及び兼担教員によるティームティーチングや少人数のゼミナール形式で行われ、教育実践に関する専門知識や実践力、省察力を獲得できるようにする。
                  3.共通科目は、三つのコースに通底する科目であり、院生各人の興味の対象や実践テーマとの関連を考えながら履修し、幅広い視野から学校教育を総合的に理解できるようにする。
                  4.コース科目は、学校マネジメント・協働力、カリキュラム・授業デザイン力、成長発達サポート力の三つの「伸長したい力」に対応して多様化、体系化し、学習の深化や関心の広がりに沿うようにする。
                  5.実習科目及び省察科目は、理論と実践との往還を重視し、共通科目やコース科目で獲得した実践知を、教育現場において適用、省察、改善を図り、最終報告書に成果をまとめられるようにする。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  教職実践専攻

                  1.教育実践上の課題に対処するために必要な知見を獲得し、科学的・批判的、総合的・多角的な分析力、構想力、表現力を有している。
                  2.学校マネジメント・協働力、カリキュラム・授業デザイン力、成長発達サポート力の三つの力を核として、学校における実践知の継承・創造を可能にする高度な実践力と省察力を有している。
                  3.継続的に自己研鑽に励み、職業生涯にわたって学び続けるとともに、学校教育の諸問題の解決に主体的に取り組む意欲と態度を有している。
                  4.現職教員院生は、カリキュラム・授業開発、発達教育・特別支援教育の中核として働くスクールリーダーや指導主事になりうる能力、または学校改革や学校マネジメントの中核として働く学校管理職や教育委員会幹部になりうる能力を有している。学部卒院生は、学校現場において即戦力となりうる実践的な指導力と省察力を身につけ、授業開発と指導・支援の中核となりうる能力を有している。