ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(専門職学位課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  本研究科は、「学校教育専攻」(修士課程)及び「教職開発専攻」(専門職学位課程)[教職大学院] の2専攻で構成されており、学部教育で修得した学校教育の基本的知識、または、学校教育現場における教師としての経験や知見を土台に、高度な研究能力と教育的指導力を備えた人材を育成するため、学校教育に関する理論的、実践的研究をとおして、現代社会がかかえる教育の諸問題に対処しうる判断力と問題解決能力の涵養を図っていきます。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  【基本理念】
                  [教職開発専攻]
                   学部教育で修得した学校教育の基本的知識,または,学校教育現場における教師としての経験や知見を土台に,大学院における理論の学習と学校における実践の経験の往還を通した高度の実践的指導力を修得させることによって,新しい学校づくりにおいて指導的役割を果たし得るスクールリーダー(管理職等)の養成と,新しい学びや学校現場での今日的教育課題に対応し得る教員の養成をするとともに,地域教育の発展に寄与することです。

                  【教育・研究の目標】
                   高度な研究能力や教育的指導力を備えた人材を養成するため,学校教育,臨床心理に関する理論的,実践的研究をとおして,現代社会がかかえる教育の諸問題に対処しうる判断力と問題解決能力の涵養を図っていきます。

                  [教職開発専攻]
                  1.学校経営コース
                   いじめや不登校などの様々な教育問題を克服し,組織マネジメント,地域連携などの新たな教育課題に応えながら,子どもたちの健やかな成長を育み,確かな学力を育てる,創造的な学校づくりを目指して学校運営に取り組む力量を持ったスクールリーダー(管理職等)を養成します。
                  2.教職実践コース
                   子どもたちの基礎的・基本的な知識・技能の修得に加えて,思考力・判断力・表現力等を育成するために,知識・技能を活用する学習活動,課題探究型の学習,協働的な学びなど,新しい学びをデザインできる実践的指導力を持った新人・中堅教員,そして,児童生徒の生徒指導上の問題に対して,学校内外の人的資源を活用しながら組織的に対応でき,児童生徒の自己指導能力を育成することのできる実践的指導力を持った新人・中堅教員を養成します。

                  【求める学生像】
                  ・学校教育に対する明確な課題をもち,課題解決のための研究と実践を,知的好奇心と情熱をもって遂行する人
                  ・地域がかかえる多様な教育問題に対処するため,高度な教育的指導力を備えた教師をめざしている人

                   以上の点に加えて,各専攻・コースにおいては次のような人を求めています。
                  [教職開発専攻]
                  1.学校経営コース
                   様々な教育課題に応える新たな学校づくりにおいて中核的な役割を担い,組織としての学校の力を引き出すスクールリーダーとして活躍したい人
                  2.教職実践コース
                   新しい学びをはぐくむ学校づくりに寄与する学習指導,生徒指導等の実践的指導力の向上を求める人

                  【入学者選抜の基本方針】
                   学校教育における理論と実践に関する高い研究能力と教育的指導力の養成を目的としているため,学校教育に関する幅広い基礎的知識と明確な目的意識に加え,教育に対する情熱を求めます。また,地域がかかえる教育の諸問題に対処し,地域社会と連携した研究・教育を推進するため,現職教員等を積極的に受け入れます。
                   この方針のもとに,本研究科では,一般志願者,現職教員等を対象に,それぞれ異なる方法で選考を行い,「求める学生像」にふさわしい学生を選抜します。

                  [教職開発専攻]
                  ■一般志願者(教職実践コース)
                   入学者の選抜は,論述試験(教育に関する知識を問う小論文),口述試験(「志願理由書」等を中心とした試問)の結果を総合して選考します。
                  ■現職教員等(学校経営コース,教職実践コース)
                   入学者の選抜は,書類審査(「志願理由書」及び「教育実践・研究活動等報告書」をもとにした審査),口述試験(「志願理由書」及び「教育実践・研究活動等報告書」等を中心とした試問)の結果を総合して選考します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大分大学大学院教育学研究科は,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき,下記の方針により教育課程を編成,実施する。

                  1.高度な研究能力と教育的指導力を養成するための専門的・系統的な科目を設定する。
                  2.現代的教育課題を解決するための判断力と問題解決能力の涵養を目指した理論的研究と実践的研究のための科目を設定する。
                  3.実践力を深め,地域教育の発展に寄与するための科目を設定する。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  [教職開発専攻]
                  大分大学大学院教育学研究科は,所定の教育課程を履修することを通して,以下の資質や能力を修得し,教育実践研究報告書等の審査および最終試験に合格した学生に教職修士(専門職)の学位を授与する。

                  1.学校づくりを担うスクールリーダーに必要な知見と実践力を修得している。
                  2.児童生徒の確かな学びと育ちをはぐくむことのできる実践的指導力を修得している。
                  3.地域社会と連携・協働しながら,教育課題を発見し,解決できる実践力を修得している。