ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  ページ中程のボタンが医科学専攻のリンクとなっているため、こちらに看護学専攻のリンクを載せております。

                  授業科目
                  http://www.med.oita-u.ac.jp/daigakuin/kango_kamoku.html
                  授業の方法・内容
                  http://www.med.oita-u.ac.jp/daigakuin/kango_kamoku.html
                  年間の授業計画
                  http://www.med.oita-u.ac.jp/daigakuin/kango_kamoku.html
                  シラバス等
                  http://www.med.oita-u.ac.jp/daigakuin/kango_kamoku.html

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医科学専攻 2年 修士(医科学)
                  看護学専攻 2年 修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (医科学専攻)
                  医学部・歯学部以外の学部教育を受けた学生に対して,医学・医療分野における基礎的,普遍的な知識をまず十分に理解させる。その後幅広い視野と新しい発想での研究や技術開発などを実践できるように専門知識を基盤とした研究を指導する。さらに修了後も医学研究科博士課程などでの研究が継続できるような一貫した指導体制をとる。
                  1. 医学・医療領域での高度な知識・技術習得を目指せるような,研究ならびに体系的・集中的な教育を実施する。
                  2. 高度先進医療やトランスレーショナルリサーチなど産学共同研究にも対応できる人材育成のための教育を実施する。
                  3. 学際的,国際的な医学教育研究が実施できる人材育成のための教育を実施する。
                  4. 社会人の就学を可能とするための昼夜開講プログラムを実施する。
                  (看護学専攻)
                  社会や保健・医療・福祉の変化を見据え,看護の質向上を実現できる実践力を養い,看護実践・看護管理・看護教育の場でリーダーシップを発揮できる高度専門職業人の養成を行うために,以下の教育課程を設定している。
                  1. 学生個々の看護実践上の課題に応じた自由度の高いカリキュラムとして,看護管理・教育コース,看護実践コース(がん看護専門看護師教育課程を含む)を設ける。
                  2. 各コースのカリキュラムは,それぞれの専門分野における高度な知識や技術,実践を習得できるような科目で構成する。
                  3. 共通必修科目は,看護学の基盤となる科目を配置し,共通選択科目では,学生自身が持つ看護実践上の課題について探究できるよう,多彩な選択授業科目を編成する。
                  4. 共通必修科目・共通選択科目を基盤に,学生自身が持つ看護実践上の課題から研究へと展開する研究遂行能力を学ぶために,指導教員のもとで研究方法について学ぶ体制を整える。
                  5. 社会人の就学を可能とするため,昼夜開講プログラムを行う。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ( 医科学専攻 )
                  大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,研究者として自立して活動しつつ高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(医科学)を授与する。
                  1. 医学以外の専門知識を基盤に,医学の基本的知識やその研究手法を修得し,新しい発想での研究や技術開発などを実践できる。
                  2. すべての人々が健康で幸福な生活を享受できる社会を実現するため,医学と各自の専門分野との融合と発展を図れる。
                  3. 高度の専門的職業人あるいは研究者としての専門的知識及び研究姿勢が身についている。
                  ( 看護学専攻 )
                  大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(看護学)を授与する。
                  1. 看護実践・看護管理・看護教育の分野において自主的に研究課題を立て,その課題の探究に必要な基礎的研究能力を形成することができる。
                  2. 専門領域の理論と実践に関する豊富な知識と高度な技術を習得し,幅広い視野からの柔軟な問題対応に必要な態度を身につけることができる。
                  3. 保健・医療・福祉の専門職との連携において,看護専門職として主体的行動ができ, コーディネーターとして問題解決の調整に優れた能力を発揮することができる。
                  4. 地域社会の健康問題の解決に看護職として率先して取り組み,多様化・国際化した看護活動の必要性をふまえ,看護支援方法の研究・開発を展開し,学術的な成果として社会に還元することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野