ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

理工学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

学部・研究科等の特色等

学部・研究科等の特色等

【創生工学科 機械コース】
最先端の機械工学や機械工学に関する基礎技術と利用技術,メカトロニクスおよび先端技術関連分野,エネルギーの有効利用に関する技術開発および利用技術に重点を置き学習します。さらには機械システムの開発・設計に必要なメカニクスや3D・CAD,機械要素・機器の設計法や構造解析,ターボ機械やエンジン・ガスタービンの構造と理論,応用設計や機械工学実験などの実技科目も履修し,機械工学の総合的な教育と研究を行います。

【創生工学科 電気電子コース】
電気電子工学は日常生活に深く浸透しており,あらゆる産業分野が電気電子工学を修めた人材を必要としています。これに応えるように本コースでは電磁気学,電気回路電子回路,計測,制御,通信,材料,電磁波,高電圧,計算機と基礎から応用まで,知識だけでなく,理解を伴う学びの場を提供します。研究分野もモータ,ネットワーク,電源,半導体材料等の現代社会の基盤を支える技術からプラズマ,音声認識,電磁波解析,ロボットと多岐の分野に挑んでいます。

【創生工学科 福祉メカトロニクスコース】
メカトロニクス技術の基礎となる機械工学,電気工学,制御工学,情報工学などを広く学び,高度シミュレーション技術,数理モデル構築,ロボティクス,サイバネティクスなどのメカトロニクス関連分野に関する知見を身につけ,QOL(Quality of Life)向上を目的とした福祉マインドを持つ技術者・研究者を育成します。

【創生工学科 建築学コース】
安全,安心,快適で持続可能な建築と都市を創造するために,建築学の基礎となる数学,自然科学,情報技術等に関する基本的知識を習得するとともに,学術・技術・芸術の総合である建築学における建築環境,建築計画,都市計画,建築構造,建築材料・施工を中心とした幅広い最先端の教育と研究に加え,建築のイノベーションに必要な理学的基礎,CADやシミュレーション技術を学びます。

【共創理工学科 数理科学コース】
「数理科学」とは,伝統的な純粋数学を核としながらも,科学技術の発展や社会構造の変革に関わる応用数学をも内包する基礎科学の一大領域を指します。数理科学コースでは,数・式・図形の概念を一般化・抽象化していく過程を通して,論理的思考力・科学的分析力・創造的発想力を涵養します。また,これらの能力を基礎に,現実世界の現象理解や状況判断を行うための科学的推論能力を養成します。その上で,これらの力を発展的に融合させることにより,社会のさまざまな領域で高度専門職業人として活躍できる人材を育成します。他の学問の基盤となるだけでなく,数学やそれを含む数理科学自身が興味深い対象の集合体であることを訴えていきます。

【共創理工学科 知能情報システムコース】
情報科学の基礎から情報・知能工学の応用まで,先端技術に関する教育と研究に加えて,ICTの基礎となるプログラミング技術やソフトウェアの開発技術,情報化社会を支えるコンピュータ,インターネット,セキュリティ等の理論と設計能力,ビッグデータを有効に活用するためのマルチメディアや知識処理に関する最新技術とその応用などについて学びます。

【共創理工学科 自然科学コース】
生命科学,物質科学,地球科学など幅広い自然科学の理論と地域社会の発展に資する科学技術を総合的に学びます。教育課程では,物理,化学,生物,地学の各基礎分野の講義と実験科目を配し必修としています。これらの基礎の上に,知識を深化させる科目として,量子論,分子構造解析,環境生物学,宇宙科学等を設け,さらに各分野の融合科目や,専門性を社会に還元する科目によって,自然科学の"実践力"を養います。

【共創理工学科 応用化学コース】
化学およびその応用分野の基礎となる物理化学,有機化学,無機化学,分析化学,高分子化学,生物化学,食品関連科目などの必須科目を学ぶとともに,自分の興味のある研究に必要な専門知識と実験技術を習得するために,専門科目群の中から該当する科目を選択して学びます。そして,4年間の総仕上げの卒業研究(物質変換,エネルギー変換・貯蔵材料,高機能・高性能材料,高精度微量分析技術,食品・生命科学,廃棄物資源循環システムなど)を通して原子と分子の視点からのモノづくりを学びます。

続きを読む… 折り畳む