ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

人文社会科学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
人間文化課程 4年 学士(総合科学)
地域政策課程 4年 学士(総合科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

人文社会科学部では、「総合化と専門深化」の教育理念に基づき、現代社会の諸問題を総合的観点から理解する能力と人間・文化・社会・環境に関する専門的知識・能力を有し、地域社会および国際社会に実践を通して貢献できる人材の養成を教育目的としている。

 この目的を達成するために、教養教育で得た多様な学問領域の基礎的知識および基本的思考力、幅広く深い教養と総合的な判断力等を踏まえ、学位授与の方針に基づき、専門教育科目を「学部共通科目」、「課程科目」、「専修プログラム科目」の3つのカテゴリ-に分け、体系的な教育課程を編成する。

 教育課程の特色として、学部共通科目の高年次必修科目に「総合科学論Ⅰ・Ⅱ」を配置し、諸学問のあり方を規定する方法論および諸研究が学際的に取り組む現代の重要課題を学修し、自らの学修の学問的特性や位置づけに対する理解を深める。また、多様な学修成果、能力の養成を可能とする主・副専修プログラムを設けることで、専門性の強化および総合的・複眼的視野の充実を図るだけでなく、地域の諸課題に柔軟に対応できる思考力・判断力と、その解決に必要なコミュニケ-ション能力を育成する。

 なお、教育課程を編成している各科目の評価に関しては、別途定めている「成績評価のガイドライン」に基づくものとする。

(知識・理解)
1.幅広い分野の知識等修得のために、教養教育を必修とする。
2.総合的・学際的視野を養うために、「総合科学論Ⅰ・Ⅱ」および主・副専修プログラムの修得を必修とする。
(思考判断)
3.柔軟な思考力と的確な判断力を養うために、1つ以上の副専修プログラムの修得を必修とする。
(技能・表現)
4.基礎的語学力および多様な考え方を理解し、自分の考えを表現する力を養うために、教養教育の外国語科目および1つ以上の副専修プログラム修得を必修とし、学部共通科目に「課題解決型国際研修」を置く。
(関心・意欲・態度)
5.諸課題に積極的に取り組み、貢献しようとする態度および高い倫理観を養うために、教養教育科目の「地域関連科目」を必修とし、「課題解決型国際研修」を置く。

(以下、大学HPをご覧ください。)

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

人間文化課程・地域政策課程の2課程制
 震災復興に加え人口減・グローバル化の課題に直面する地域社会にあって、その来歴・現状を深く理解し、地域創成に向けグローバルな視野を持って貢献できる人材の養成を目的として人間文化課程・地域政策課程を設置しました。

主副専修プログラム制による総合化
 従来の「課程-コース制」及び「コースカリキュラムに基づく主副専攻制」を廃止し、「課程-専修プログラム制」を新設しました。主副専修制により専門的学びと総合的学びを確保しました。

学修ポートフォリオによる自覚的・主体的学修の強化
 在学全期間に渡るポートフォリオの活用により、学生の自覚的・主体的学修を促し、個別指導を徹底します。主副専修プログラム制の総合的学習をサポートします。

人間文化課程
【地域社会の人々の心身と文化の問題に取り組みます】
 文化研究(欧米・アジア等の言語、文化、歴史、思想)、行動科学、スポーツ科学、芸術の各分野を踏まえた上で、総合化を図ります。
 課程導入科目として「人間文化入門」「人間文化研究」を配置し、その中で地域が直面する問題について総合的に学習させます。「国際交流研修」等の課程共通科目では、国際交流体験・留学などを行います。
 1年次での基礎科目の履修、2年次以降の実践的な演習(または実験・実習)を中心としたアクティブ・ラーニング科目の履修などを通じて、グローバル化に対応した地域づくりや地域社会の発展・向上に資する社会的実践力を育成します。

地域政策課程
 地域創生の課題に総合的かつグローバルな視点から取り組める人材を養成するために、法学・経済学・環境学の高度な総合化を図ります。
 課程科目において、地域課題との関連性のなかで、法学・経済学・環境学の基礎理論を共通に学修させる一方で、5つの専修プログラムを配置することにより、自らの問題意識に基づいて地域課題に取り組む能力を養います。
 各専修プログラムはPBL科目※を置き、具体的な解決手法の修得強化を図ります。
※PBL科目:課題解決型学習科目

学びのイメージ
【学習ポートフォリオを活用し、主副専修プログラム制による学生の主体的学びをサポート】
 主専修プログラムに「近い分野」あるいは「遠い分野」の専修プログラムを副専修プログラムとして履修することで、多様な学修成果、能力を培うことが可能です。
 総合的学びと専門的な学びの計画・実行・反省(自己評価)履修申告チェック
 授業外の活動・就職活動の契約・実施・反省
 学習成果(レポート・ゼミ報告者等)の添付・蓄積
 アドバイザー教員(担当教員・指導教員等)との面談:履修状況の相互理解を図ります。

課程横断型プログラム
 人間文化課程、地域政策課程のどちらにも属さない、課程横断型のプログラムです。どちらの課程の学生も副専修プログラムとして履修できますが、このプログラムを主専修プログラムとして選択することはできません。

グローバル・地域人材育成プログラム
(目的・養成人材像)
 海外の研修等で獲得したグローバルな視点や行動力を生かし、個々の学生の所属する課程に応じた専門性に基づく、社会的・文化的・あるいは環境問題にかかわる地域の諸問題の解決に貢献する能力と意欲を育成する。
(科目等)
 日韓学生の協働研修Ⅰ・Ⅱ、課題解決型国際研修(英語・ドイツ語・フランス語・中国語)、国際教育科目、交換留学など

続きを読む… 折り畳む

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 人文社会科学部では、「総合化と専門深化」の教育理念に基づき、現代社会の諸問題を総合的観点から理解する能力と人間・文化・社会・環境に関する専門的知識・能力を有し、地域社会および国際社会に実践を通して貢献できる人材の養成を目的としており、所定の教育課程を学修し、以下に示す能力を修得した者に「学士(総合科学)」の学位を授与します。

(知識・理解)
1.教養教育により幅広い分野の知識を修得している。
2.人間・文化・社会・環境について、教養教育で得た基礎的知識・技能等を土台にし、専門的な知識と理解を有するとともに、総合的・学際的な広い視野を有している。
(思考・判断)
3.総合的な学修を活かし、変化が著しく複雑化する現代社会に対応できる柔軟な思考力と適確な判断力を有している。
(技能・表現)
4.グローバル化が進む社会において、多様な考え方、異質なものを理解するとともに、自らの見解・成果を適確に表現し、発信できる高いコミュニケーション能力を有している。
(関心・意欲・態度)
5.地域社会・国際社会の諸問題に実践を通して取り組み、貢献しようとする積極的態度と高い倫理性を有している。

(以下、大学HPをご覧ください。)

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学30,000円

転学部・編入学情報補足

検定料として30,000円がかかります。

専攻分野

専攻分野
日本文学
外国文学
言語学
日本語
英米語
中国語
外国語(英米・中国語以外)
文化学
地理学
日本史
外国史
哲学・倫理・宗教
心理学
法学・法律学
政治・政策学
経済学
経営学
社会学
数学・情報科学・統計学
化学
生物学・生化学・バイオ
農業経済学
美術
工芸
デザイン
音楽
視覚・映像・CG(アニメ・マンガ・声優以外)
総合科学
人間科学
国際文化学・国際地域研究
地域社会学
体育学・スポーツ科学・健康科学
環境学・災害科学

専攻分野に関する説明

https://jinsha.iwate-u.ac.jp/curriculum
※詳細は上記URLをご参照ください。