ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

理工学研究科(博士課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
自然・応用科学専攻 3年 博士(理学)、博士(理工学)
システム創成工学専攻 3年 博士(工学)
デザイン・メディア工学専攻 3年 博士(工学)、博士(芸術工学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

各専攻、各教育研究分野のカリキュラム・ポリシー
①自然・応用科学専攻
 自然・応用科学専攻では、理工学研究科の学位授与の方針を実現するため、専門知識を深化させ、高度な技術者や研究者を育成することを目標としたカリキュラムを編成しています。専攻共通科目である分野別の特論に、理学系科目と理工学系科目を配置し、特別演習、特別研究、理学系科目や理工学系科目を履修することにより、自然現象の根本原理や基本法則を解明する学術的思考力を育成し、自然科学における新しい知見や発見をもとに革新的なイノベーションを創出する研究遂行力を身に付けさせます。

A)学術的思考力:自然科学または応用科学に関わる専門分野における最先端の知識最先端の知識を修得し、研究課題の立案と展開する能力、情報収集能力を身に付けさせるために、特別演習、特別研究、特論等の科目を配置し、複数指導体制のもとで教育を行う。
B)研究遂行力:自然科学または応用科学に関わる研究内容に関する修得した様々な知識と技能を用いて、現実の問題解決に取り組む思考力、研究遂行能力を身につけさせるために、特別研究、特別演習、長期インターンシップ等の科目を配置している。
C)コミュニケーション力:関連する研究者等との専門分野に関する英語によるコミュニケーション能力や、高度なプレゼンテーション能力を修得するため、特別演習、英語コミュニケーション等の科目を配置している。
D)研究成果発信力:自然科学または応用科学の研究成果を、国内外の学会発表や学術論文としてまとめる論理力、展開力、語学力、情報収集能力を修得し、さらに専門分野や科学技術全般を通して、学会活動、教育活動、及び共同研究などの活動に主体的に関わる意欲、関心、能力を高めるため、特別研究、特別演習、上級科学技術英語等の科目を配置している。

(以下、大学HPをご覧ください。)

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

1 教育課程編成の考え方及び特色
【研究科の教育課程編成の概要】 中央教育審議会答申「新時代の大学院教育 — 国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて -(平成17年9月5日)」(以下、「中教審答申」と称す)では、大学院における教育政策に関する基本方針として、大学院教育の実質化、国際的な通用性、信頼性向上を通じた大学院教育の国際競争力強化が示されています。それをさらに具体に発展させる形で、中央教育審議会大学分科会の審議まとめ「未来を牽引する大学院教育改革(平成27年9月)」(以下、「審議まとめ」と称す)が示され、体系的・組織的な大学院教育の質保証、産学官民の連携と社会人の学び直しの促進など、社会が必要とする高度な専門人材を輩出するための組織再編と教育プログラムの充実が求められていました。更に、「大学における工学系教育の在り方(中間まとめ)(平成29年6月)」(以下、「中間まとめ」と称す)では、国際競争力を備え、世界の学術界や産業界を牽引するリーダーとなる博士人材の重要性が強調されています。
以上のような大学院教育改革に対する方向性を踏まえ、理工学研究科では、「審議まとめ」が求める体系的な教育の推進のため、明瞭なポリシー(学位授与、教育編成・実施、入学者受入)を設定したうえで、教育課程を編成しました。その具体例は以下の通りです。
 まず、研究科共通科目では、「審議まとめ」で言及される「地球規模の課題に知の力を持って挑戦し、人類社会に貢献する知のプロフェッショナルの育成」に対応するため、理工系リーダーとして必要とされる高度な教養科目群を研究科共通科目として設けております。その中で特徴的な科目として、「中教審答申」や「審議まとめ」が求める産学官民の連携強化に向けた教育面での取り組みとしての「長期インターンシップ」を配置しています。さらには、「審議まとめ」が求める組織的な教育・研究指導体制の確立を実現するため、各専攻の専門科目については、1科目1教員ではなく、原則1科目複数教員の体制とすることで組織的な教育を実現するとともに、専門深化のみならず異分野理解のための概念獲得・俯瞰力養成などを目指しています。研究指導体制についても、複数教員による組織的な研究指導体制を導入する。これにより、持続可能で安全・安心な社会構築を目指して、それぞれの専門分野の探求に必要な深い知識と高度な技能、課題解決及び情報発信能力の修得とともに、デザイン思考や数理・情報、国際ビジネスなどに関する高度な教養及び科学技術情勢や世界情勢に対する俯瞰力や倫理観、国際性、語学力、実践的課題解決力の修得を目指しています。
2 研究科の教育課程編成方針とその特色
【教育課程編成方針】 理工学研究科では、持続可能で安全安心な社会構築のため理工学体系である「ソフトパス理工学」の理念の下、学士課程、修士課程との教育の継続性や一貫性を念頭に、体系的で国際通用性のある専門教育課程により、各分野(化学、生命科学、数理・物理科学、材料科学、電気電子通信工学、機械工学、知能情報工学、社会基盤・環境工学、デザイン工学、メディア工学)における専門性の更なる深化を実現するとともに、各専攻を中心に研究科総体として学際領域・融合領域への積極的な教育研究の取り組みを展開しております。これらの教育研究活動を通じて、イノベーションの創出及び知識基盤社会の発展をめざし、最先端科学技術の発展や産業の活性化に貢献するための高度な専門知識と高い倫理性、課題発見・解決能力、リーダーシップ、自己表現力などを身に付け、かつ豊かな発想力を兼ね備えた国際性豊かで創造性・適応性のある研究者や高度専門職業人を養成します。この目的の達成のために、以下の4項目を理工学研究科における教育課程の柱とし、必要なカリキュラムを用意しております。
A)学術的思考力;理学、理工学、工学及び芸術工学と、その関連分野に関する専門分野における最先端の知識を修得し、研究課題の探求、課題解決策の立案とその展開策を論理的に思考する能力、及び情報収集能力を身に付けさせるために、分野別特別演習、分野別特別研究、分野別特論等の科目を配置し、複数指導体制のもとで教育及び研究指導を行います。
B)研究遂行力;修得した様々な専門知識と技能を用いて、研究遂行上または業務遂行上起こり得る現実の問題解決に取り組む能力を身につけさせるために、特別研究、特別演習、理工学人材育成特論、デザイン思考論、長期インターンシップ等の科目を配置しています。
C)コミュニケーション力;関連する研究者等との専門分野に関する英語によるコミュニケーション能力、高度なプレゼンテーション能力やリーダーシップを修得するため、特別演習、英語コミュニケーション等の科目を配置しています。
D)研究成果発信力;研究成果を国内外の学会発表や学術論文としてまとめる論理力、展開力、語学力、情報収集能力を修得し、さらに専門分野や科学技術全般を通して、学会活動、教育活動、共同研究及び地域貢献などの活動に主体的に関わる意欲、関心、能力を高めるため、特別研究、特別演習、上級科学技術英語等の科目を配置しています。
【科目区分】 上述の編成方針に則り、理工学研究科の教育課程を下記のように編成しています。
研究科共通科目
専攻別専門科目 専攻共通科目、分野別科目(演習科目、研究指導科目)
<研究科共通科目> 上で示した教育課程編成の基本方針の中で、理工系リーダーとして必要とされる高度な教養科目群として、下記の研究科共通科目を配置しています。
理工学人材育成特論(必修科目、1単位、1年次前期開講);全ての理工学研究科の学生が修得すべき研究科の理念(ソフトパス理工学)とともに、独立した研究者や高度専門職業人に必要な俯瞰力、研究者倫理、知財、MOTなどに関する講義です。特に、研究者倫理については、「審議まとめ」が求める「研究倫理教育の実施」に対応し必修科目の中に位置づけております。
グローバルキャリアデザイン(選択科目、1単位、1年次前期開講);独立した研究者や高度専門職業人となるために必要な博士課程修了後のキャリア形成に関する講義を行います。
国際ビジネス特論(選択科目、2単位、1、2年次前期開講);主として高度専門職業人として企業等での活躍や地場・伝統産業の世界展開等を目指す博士課程学生が、さらに国際化するビジネスの世界で活躍するために必要な戦略的思考や経営管理手法に関する講義を行います。
英語コミュニケーション(選択科目、1単位、1、2年次前期開講);アカデミックなトピックを題材に、ペアワークやグループディスカッションを通じ、グローバル人材に必要なlistening及びSpeakingの能力醸成を目指します。
上級科学技術英語(選択科目、1単位、1、2年次後期開講);速読や英語論文作成法など、主として研究者を目指す博士課程学生の英語能力のさらなる向上を図ります。
長期インターンシップ(選択科目、4単位、1、2年次前・後期開講);1ヶ月以上の期間にわたり、企業、国内外の大学、研究機関、行政機関で行う。博士課程のインターンシップは、それぞれの学生が博士課程で行う研究の武者修行の機会であるとともに、このインターンシップを通じて、主体的に行動できる社会人として持つべき気構えを認識させます。
デザイン思考論(選択科目、1単位、1、2年次前・後期開講);これからのものづくり・コト作りや科学技術全体にイノベーションを生み出す、課題解決のための実践的でかつ創造的な手法としてのデザイン思考に関する講義です。
数理・情報科学特論(選択科目、1単位、1、2、3年次後期開講);クラウドコンピューティング、大容量超高速無線ネットワーク、そして高度に発達した人工知能が同時に存在する時代において、理工学系の大学院生の修得が望ましい数理科学と情報科学が融合した高度な数理情報リテラシーに関する講義です。
<専攻別専門科目> 上で示した教育課程編成の基本方針の中で、それぞれの専門分野の探求に必要な深い知識と高度な技能、課題解決及び情報発信能力の修得を目的として、国際通用性のある体系的な専攻別専門科目を配置しています。 
専攻共通科目(選択科目);各専攻における分野から、分野における専門性をさらに高めるための根幹的な科目(特論)を専攻共通科目として複数配置する。これにより、それぞれの分野では体系化された科目群であり専門深化としての学修が可能である一方、他分野からの履修により分野横断的な学修が可能となります。専攻共通科目では、複数教員によるオムニバス科目又はクラス分け科目という基本設計です。これまでの工学研究科では、比較的教員数の多い分野において、専門分野の近い教員が内容的に近い、または重複する部分が少なくない科目を単独の教員で(多くても2名で)開講する傾向が見られ、その結果、いわゆる枝葉末節的な内容にも時間を費やすなど、組織的でかつ体系的な教育という観点で多くの課題がありました。また、社会人学生や企業で活躍することを目指す学生向けには、俯瞰的に複数の専門分野を学ぶことも必要となりますが、そのような科目群も設定されておりませんでした。そのような状態を解消し、それぞれの専攻内での体系的な教育課程構築のため、複数の講義科目群をそれらに共通する考え方、手法、トピック等で束ねることで、1教員1科目でのバラバラな教育から、課程制大学院制度の趣旨にも沿う組織的な教育に改善するため、より大きな学術的概念を基調とした科目とし、専門深化を図るとともに新材料やイノベーションなどに繋がる異分野理解のための概念獲得と俯瞰力養成を目的として、専攻共通科目を、複数教員によるオムニバス科目又はクラス分け科目としました。クラス分け科目については、1回目と最終回を全クラス合同で開講します。
分野別科目
①演習科目(選択科目);学生が標準修了年数内に学位論文を完成させるための基盤を段階的に築くことを目的として、それぞれの分野における専門的知識や専門的技能を高めるための演習科目(特別演習)を配置しています。1年次には特別演習I(通年、1単位)、2年次には特別演習II(通年、1単位)を履修します。
②研究指導科目(選択科目);主任指導教員及び副指導教員が学生の研究内容について重層的、多面的な指導を行い、標準修業年数内に学位論文を完成させるために必要な研究遂行能力(研究計画立案、比較分析調査、論理的思考、学会発表、論理的文章構成など)を段階的に修得させるための研究指導科目(特別研究)を配置しています。1、2年次にはそれぞれ特別研究I(通年、1単位)、特別研究II(通年、1単位)を履修し、最終年次にあたる3年次には特別研究III(通年、2単位)を履修します。 
【学外実習の具体的な計画(長期インターンシップ)】
長期インターンシップの目的;理工学研究科(博士課程)では、国内外の研究機関や民間企業の研究所等、政府機 関等への4週間以上の長期のインターンシッププログラムを準備しています。学部や修士課程でのインターンシップが社会体験、民間企業での研究開発や製造現場の体験であるのに対し、博士課程のインターンシップでは、比較的長期間受け入れ先に滞在し、公的機関や民間企業における自身の研究の位置付け、他分野の学問領域と連携して高度でイノベイティブで競争力のある製品開発が実現できる能力の醸成を行う事を目的としています。国内外への研究機関での研究活動も趣旨により本インターンシップの対象となります。

続きを読む… 折り畳む

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 「ソフトパス理工学」の理念の理解の下、理工系分野において先導的に活躍する研究者や高度専門技術者に必要とされる広範な教養と高い見識、倫理感、国際性、情報収集・処理能力を身に付け、持続可能で安全安心な社会構築のための高度な専門知識と課題発見・解決能力、自己表現力を修得していることを学位授与方針と定め、その具体として、下記の4つの能力が十分に備わっていることを要件とします。
・学術的思考力:理学、理工学、工学及び芸術工学と、その関連分野に関わる専門分野における最先端の知識、及び幅広い視野に立った学識を修得するとともに、自ら研究課題を探求し、課題解決策を立案するための論理的思考力、情報収集能力、修得した知識や方法論を柔軟に活用して研究課題を解決し、そこでの知見を体系化する能力
・研究遂行力:研究分野に関する深い知識と技能を用いて、現実の複雑な問題解決に取り組むための能力
・コミュニケーション力:関連する研究者等との専門的なコミュニケーション能力、研究成果を公表するための高度なプレゼンテーション能力や、組織的な研究を遂行するためのリーダーシップ
・研究成果発信力:研究成果を学術論文としてまとめる論理力、展開力、語学力の獲得と、専門分野及び科学技術全般を通して、学会活動、教育活動、共同研究及び地域貢献などの活動に主体的に関わる高い意欲と能力

(以下、大学HPをご覧ください。)

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学30,000円

転学部・編入学情報補足

 他の大学の大学院から本学の大学院に転科又は転学を希望する者があるときは、欠員のある場合に限り許可することがあります。検定料として30,000円がかかります。

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学
物理学
天文学・地球・惑星科学
化学
生物学・生化学・バイオ
地質学
機械工学・自動車工学
電気・電子・通信工学
システム・制御工学
情報工学・コンピューター
土木工学
環境デザイン・都市デザイン
デザイン工学
応用化学・環境工学
応用物理学
応用生物学(生物工学)
鉱物・資源・エネルギー工学
金属・材料工学
航空工学・宇宙工学
経営工学・管理工学
画像工学・光工学・音響工学
医用工学・生体工学

専攻分野に関する説明

http://www.se.iwate-u.ac.jp/graduate_d/
※詳細は上記URLをご参照ください。