ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

薬学部(4年制)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
薬科学科 4年 学士(薬科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

薬がヒトに使われることを自覚し、創薬科学や生命科学の未来を担い得る、幅広い専門知識と技能を有する人材を育成するのみならず、自然科学や社会科学の様々な分野で指導的に活躍できる創造力豊かな人材を育成します。研究者・技術者として高度な専門知識と技能を習得するため、大学院への進学を想定しています。
・国内外の様々な分野で活躍するための広範で深い教養を身につけさせる
・物理・化学・生物を基盤とする薬学的基礎知識・技能とその応用展開能力を身につけさせる
・世界に通用する語学力を身につけさせる
・研究者・技術者に求められる独創性や問題発見・問題解決能力を身につけさせる
・健全な科学倫理を養わせる

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

薬科学科では、創薬科学及び生命薬学の研究領域でグローバルに貢献でき指導的役割を担える人材の育成を教育目標として掲げており、以下に示した資質を身につけ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(薬科学)の学位を授与します。
1.幅広い教養と語学力
・国内外の様々な分野で活躍するための広範で深い教養を身につけている。
・グローバルに活躍できる語学力を有し、国際感覚を身につけている。
2.科学者としての倫理観
・生命の尊厳を守るための強い倫理観を身につけている。
・社会や公益に対する研究活動の責任・使命を理解し、健全な科学倫理観を身につけている。
3.高度な知識と技能
・物理学・化学・生物学を基盤とする薬学的基礎知識・技能とその応用展開能力を身につけている。
・創薬・生命薬学研究に必要な複数の薬学専門領域に関する知識・技能を身につけている。
4.独創性と問題解決能力
・創薬・生命薬学研究者に求められる独創性や問題解決の基礎的な能力を身につけている。
・創薬・生命薬学研究を自ら計画・遂行する知識及び技術的基盤を身につけている。
5.自己研鑽
・創薬・生命科学に関わる研究者として、常に自己を評価・省察し、さらに自らを高める意欲を身につけている。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

欠員のある場合に限る

専攻分野

専攻分野
薬科学

専攻分野に関する説明