ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

看護学研究科(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学専攻 2年 修士(看護学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科は、いかなる状況下においても、自己の人間性を基盤に修得した専門的知識を活用し、最適な看護サービスが提供でき、看護関係職の良きリーダーとなる人材を育成する。生命関連領域の諸科学と連携し、見識のある高度な専門職能を有する人材かつ看護科学の教育・研究および実践活動を担う人材を養成し、人々の健康増進を図り、豊かな国際社会の構築に寄与できるよう以下の通り教育課程を編成し、実施する。
1. 生命諸科学と連携し、看護学固有の高度な専門知識や技術を習得できるようにカリキュラムを編成する。
2. 看護学の発展に寄与する、知の創造を担う研究能力や人材開発の醸成を行うカリキュラムを編成する。
3. 社会保障制度の運営に寄与する人材を育成するカリキュラムを編成する。
4. 国際保健の分野を含め、広く社会の看護ニーズに対応できる、柔軟な適応力の醸成を行うカリキュラムを編成する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本学修士課程では所定の単位を修め、修士論文および最終試験に合格したことにより、以下の能力が認められたものとして修士(看護学)の学位を授与します。
1. 看護の専門分野における優れた研究能力と専門性を修得し、その分野におけるリーダーシップを発揮することが期待できる。
2. 実践看護分野において、専門的で高度な実践能力および指導力を有する。
3. 看護・保健・医療・福祉の場における課題に関して主体的に取り組むことができる。
4. 健全な研究倫理を身につけ、様々な領域において活躍が期待できる。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護

専攻分野に関する説明