ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

薬食生命科学総合学府(4年制一貫)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
薬学専攻 4年 博士(薬学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

医療人としての倫理観を持ち、世界に通用する語学力及びコミュニケーション能力を養うとともに、臨床薬学及び薬学研究の基盤となる知識と技能を醸成し、医療の担い手として貢献する指導的立場の薬剤師や医療薬学領域の研究者を養成するために、以下のようなカリキュラムを編成しています。
1. 薬学関連領域の講義科目の履修により、倫理観を養い、薬学に関する高度な知識の習得をはかる。
2. 薬学の演習科目、実験科目の履修により、優れた臨床及び基礎研究能力ならびに問題解決能力を養う。
3. 国際社会で活躍できる語学力とコミュニケーション能力を養うための語学教育やスモールグループディスカッションを行う。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

医療薬学・臨床薬学関連分野の第一線で活躍できる高い専門性を有する薬剤師や医療薬学研究者の養成を教育目標として掲げており、以下に掲げる資質を身に付け、所定の単位を修得した学生に対し、博士(薬学)の学位を授与します。
1.高い国際対話能力
・グローバルに活躍できる情報収集能力を有し、それに必要なコミュニケーション能力及び国際感覚を身に付けている。
2.倫理観
・生命倫理及び患者の人権を最優先するという強い倫理観を身に付けている。
・研究活動の責任・使命を理解し、健全な科学倫理観を身に付けている。
3.高度な知識と技能
・最先端の医療ならびに基礎及び臨床研究を実施できる知識と技能を有している。
・臨床及び研究活動における課題解決に必要な知識と技能を有している。
・医療現場や研究活動において指導的立場として活躍できる知識と技能、ならびにコミュニケーション能力を有している。
4.高い臨床能力
・医療現場で遭遇する様々な問題を率先的に発見・解決できる臨床的な能力を身に付けている。
・薬物療法を提案・遂行する能力を身に付け、チーム医療に指導的立場で貢献できる。
5.自己研鑽
・医療人として、常に自己を評価・省察し、さらに自らを高める意欲と能力を身に付けている。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
薬学・薬剤師養成課程

専攻分野に関する説明