ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   看護学部では、幅広い教養と人々への共感的態度を備えた人間性豊かな人材、そして創造力、実践力及び探究心を兼ね備え、多職種と協働しながら地域や社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  富山県立大学入学者受入方針 [アドミッション・ポリシー]

                  富山県立大学は、科学技術の素養に富み人間性豊かな人材、そして創造力と実践力を兼ね備え、地域および社会に貢献できる人材の育成を教育の基本方針としています。

                  看護学部
                  看護学部では、幅広い教養と人々への共感的態度を備えた人間性豊かな人材、さらに創造力、実践力及び探究心を兼ね備え、多職種と協働しながら地域や社会に貢献できる人材の育成をめざしています。

                  以上の教育方針のもと、学生の皆さんの成長を確かなものとするために、次のような心構えや意欲を持った人の入学を希望します。
                  1 人々の健康や生活に関心を持ち、幅広い基礎学力がある。
                  2 困難な課題に直面しても、課題の解決に向けて主体的に取組み、努力しようとする。
                  3 多様な考え方を尊重しながらも、自分の考えを表現し、他者との関係性を築いていける。
                  4 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して地域社会に貢献したいと思う。

                  <入学者選抜の基本方針>
                  本学の求める学生像に合致した人材を幅広くかつ的確に見出すために、以下の選抜方式を実施します。
                  【一般入試(前期日程)】
                  文系・理系を問わず幅広い基礎学力を重視し、大学入試センター試験を課し、これと論理的な思考力や表現力等を評価する小論文、コミュニケーション能力や判断力等を評価する面接及び調査書の内容を総合して選抜します。
                  【一般入試(後期日程)】
                  文系・理系を問わず幅広い基礎学力を重視し、大学入試センター試験を課し、これとコミュニケーション能力や判断力等を評価する面接及び調査書の内容を総合して選抜します。
                  【推薦入試】
                  英語、数学の基礎学力テストを課すとともに、論理的な思考力や表現力等を評価する小論文、コミュニケーション能力や判断力等を評価する面接及び出願書類の内容を総合して選抜します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <看護学部>
                  1 人間・社会・文化・自然についての広い視野や深い洞察力、現実を正しく理解する力を涵養する
                  2 社会人として必要な、コミュニケーション能力、情報活用力、言語能力(英語力含む)、キャリア形成力などを養う
                  3 身体的・精神的側面からの人間理解、及び病態の成り立ちと障害に伴う人間の反応を学ぶ
                  4 安全・安楽を探求する看護に、効率性・機能性などの工学的な視点を取り入れ、看護を幅広く創造する能力を育む
                  5 人々の健康的な生活を支援するために、多様な観点から考察する能力(クリティカル・シンキング)や創造的思考力により主体的な課題対応能力を育む
                  6 看護専門職としてのアイデンティティを育成し、社会における役割と責任を学ぶ
                  7 あらゆる健康段階に応じた人々の多様な価値観を尊重し、適切な看護ケアを提供するための知識と技術を培う
                  8 保健・医療・福祉などのあらゆる場において、地域での生活を見据え、看護を実践する能力を身に付ける
                  9 看護文献を批判的に読む能力、看護実践の中から研究課題を見出し探究する能力を培う
                  10 国内外の医療・看護体制や健康課題、及び国際的な看護活動を学び専門性を発展させていく姿勢を培う

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  <看護学部>
                  1 人間・社会・文化・自然について広い視野と深い洞察力を有し、専門職としての社会的責任を理解している
                  2 社会人として必要な基礎能力(コミュニケーション能力、情報活用力、言語能力、キャリア形成力)を有している
                  3 人に対する深い理解と倫理観を持ち、多様な価値観を尊重した対人関係を築く能力を有している
                  4 看護学の基本となる知識を有し、物事を多様な観点から考察する力(クリティカル・シンキング)や創造的思考力により、課題対応能力を有している
                  5 あらゆる健康段階にある人々に、多職種と連携・協働し、地域特性に応じた看護を実践する能力を有している
                  6 生涯にわたって自己研鑽し、国際的視野を持ちながら専門性を発展させていく基本姿勢や研究活動の基盤となる能力を備えている