ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

教育学研究科(専門職学位課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
高度教職実践専攻 2年 教職修士(専門職)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 本研究科では、学位授与の方針に基づいて、高度専門的職業人の育成を目的として考案された教育課程にしたがい教育と研究指導を行う。この教育課程は、各専攻が求める高度な専門知識・技能および実践的指導力を獲得するために編成された科目群から成る。
【高度教職実践専攻(教職大学院)のカリキュラム・ポリシー】
 教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)では,①理論と実践の融合の中で自らの実践的指導力を高める学びを続けるための自己省察力、②地域における学校教育の活性化を促し、地域の教育を牽引する新たな学びを生み出すための学校課題解決力、③他者とのコミュニケーションを通して教育課題の解決・改善に取り組むための同僚教師、専門家、地域との協働力、④教職経験に応じてその時期に固有に高めるべき能力:学校経営企画力(学校経営コース)、新しい学びの構想力(教育実践コース現職教員学生)、科学的俯瞰力(教育実践コース学部新卒学生)力という4つの能力の育成を目指していく。そのために、以下の方針に従って「共通科目」及び「コース科目」のカリキュラムを編成する。
   1.現代的な諸課題をテーマに最新の専門理論・技術と実践の往還
   2.時代が求める教育を地域に応じて展開できる理論の修得と実践
   3.地域の学校・子どもの実態,必要性に応じた実践を行うための理論・技術の修得
   4.地域の関係機関との連携による教職実践に関する充実した実習

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

 優れた教員あるいはスクール・リーダーとしての多面的で多様な力量の形成に対応したカリキュラムの編成を重視し、共通科目は総合的な力量の形成を特色としている。実習科目は学生が身に付けた能力を、教員に必要な資質能力として有機的に統合・形成させるため7タイプ・10種類(実践力開発基本・発展実習、実践課題解決基本・発展実習、経営課題解決基本・発展実習、特別支援実習、研修開発実習、地域協働実習、学校支援実習)を、学校経営力開発コース及び教育実践力開発コースにバランスよく配置して実施することを特色としている。選択科目は学校改善、授業開発、教育臨床実践、特別支援実践の力量形成を特色としている。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【高度教職実践専攻(教職大学院)のディプロマ・ポリシー】
 教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)では、以下の能力を身につけた学生に対して、教職修士(専門職)の学位を授与する。高度教職実践専攻では、以下の能力を修得することを修了認定の基準とする。
1.学び・成長し続けるための自己省察力
2.新たな学びを生み出すための学校課題解決力
3.同僚教師、専門家、地域との協働力
4.教職経験に応じて高めるべき能力:学校経営企画力(学校経営力開発コース)、新しい学びの構想力(教育実践力開発コース現職教員学生)、科学的俯瞰力(教育実践力開発コース学部新卒学生)

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
教育学(教員養成課程を除く)

専攻分野に関する説明